Press "Enter" to skip to content

勃起障害診療ガイドライン(ED診療ガイドライン)第3版が公開

ojiyaku 0
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

勃起障害診療ガイドライン(ED診療ガイドライン)第3版が公開

 

日本性機能学会と日本泌尿器学会による「ED診療ガイドライン第3版」が2018年2月2日、日本性機能学会のホームページに公開されました(全114ページ)。

バイアグラ・レビトラ・シアリスを飲み比べてみて自分に合う製品を選ぶ

日本人を対象としたPDE5阻害薬服用後の評価

ガイドラインの引用・転載につきましては版権使用料が発生するため控えますが、日本性機能学会ホームページにて第3版の閲覧が可能となっております。

 

国内で勃起障害の適応があるPDE5阻害薬には

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

という3剤が処方可能となっています。これら3剤を比較した臨床データは非常に少ないため、現状の治療方針としては「3剤使ってみて1番合う薬を選ぶ」という感じとなっております。

 

一応ですが、スペインの報告で「3剤使ってみて自分に一番合う製品は?」という嗜好性評価に関するデータがありましたので下記します。

被験者:90人

 

バイアグラ100mg、レビトラ20mg、シアリス20mgを少なくとも6回服用してみて効果を確認するというデータです。薬剤を切り替える際は1週間以上の休薬期間を設けています。

 

結果

3剤を飲んでみての、どの薬が好みか

バイアグラ:28%(25人)

レビトラ:20%(18人)

シアリス:52%(47人)

 

というデータとなっておりますので、約半数の方がシアリスを効果的と感じるようです。

 

日本人556人(30-70歳)を対象とした報告を確認してみると、シアリス錠の服用により性的自身・自発性などの心理的・対人的なスケールで患者満足度が高い結果となっています。

バイアグラ・レビトラ・シアリスを飲み比べてみて自分に合う製品を選ぶ

日本人を対象としたPDE5阻害薬服用後の評価

バイアグラ・レビトラ・シアリスは、3剤とも服用後30分で効果が現れます。その中でシアリスだけが服用30分後から24時間以上にわたって効果が持続するという長時間型という点が評価につながったのかもしれません。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの詳しい効能効果や、EDを誘発するリスクファクターなどの詳細は日本性機能学会のホームページに「ED診療ガイドライン第3版」が公開されております。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。