Press "Enter" to skip to content

生のシカ肉を食べた献血者からE型肝炎が感染した可能性について

ojiyaku 0
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

生のシカ肉を食べた献血者からE型肝炎が感染した可能性について

 

2018年1月31日、日本赤十字社は厚生労働省の有識者会議にて血液製剤にE型肝炎ウイルスが混入した事例について報告を行いました。

生のシカ肉を食べた献血者からE型肝炎ウイルスが感染か

生シカ肉を介するE型肝炎ウイルス食中毒事例について(E型肝炎Q&A)

多発性骨髄腫の治療をうけていた80代女性が、血液製剤の輸血でE型肝炎ウイルスに感染し、約100日後に劇症肝炎で死亡した。輸血製剤にE型肝炎ウイルスが混入したことで死亡した事例は海外でも初めてである。献血者が食べた生のシカ肉にウイルスが潜み、E型肝炎に感染した可能性がある。加熱が不十分な野生動物の肉を食べるなどした人には献血の自粛をよびかける。

 

としています。

 

E型肝炎ウイルス食中毒事例については厚生労働省のホームページに記載されておりましたので一部を抜粋します。

 

E型肝炎とはE型肝炎ウイルスを経口摂取したときに感染し、急性肝炎が引き起こされる。慢性化することはありません。E型肝炎は発展途上国で散発的に発生している疾患であるため発展途上国への旅行者が感染する事例が多かったことから「輸入感染症」と認識されていました。汚染された飲料水などを介して発症することもあります。

 

国内での感染例

 

・野生のイノシシの肝臓を生食後に発症した事例が報告されています。

(この事例ではイノシシの肝臓が残っていなかったため、生食したことが直接の原因であるかどうかは証明されておりません)

 

・シカ肉を生で食べた4名が6~7週間後にE型肝炎を発症事例が報告されています。

患者から検出されたE型肝炎ウイルスと、一部保存されていたシカ肉から検出されたE型肝炎ウイルスの遺伝子配列が一致したことから当該シカ肉が原因でE型肝炎を発症したことが確認されました。

生のシカ肉を食べた献血者からE型肝炎ウイルスが感染か

生シカ肉を介するE型肝炎ウイルス食中毒事例について(E型肝炎Q&A)

厚生労働省は「野生動物の肉等を生で食べることをは避けることが望ましい」としています。さらに「通常の加熱調理を行えばE型肝炎ウイルスは感染性をうしなうため、加熱料理を行えば感染の危険性はありません。63℃30分間と同程度以上の熱処理にて感染性が失われます」としており、若齢者、高齢者のほか抵抗力の弱い者については、生肉等を食べさせないよう従来から注意喚起を行っています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。