Press "Enter" to skip to content

基礎的医薬品の変更調剤について(疑義解釈資料その4)

ojiyaku 0
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

基礎的医薬品の変更調剤について(疑義解釈資料その4)

 

2018年5月25日、疑義解釈資料その4が公開されました。調剤関係の内容としては基礎的医薬品の変更調剤に関する解釈が記されました。

基礎的医薬品の変更調剤について(疑義解釈その4)

【後発医薬品への変更調剤】

問1

処方箋において変更不可とされていない処方薬については、後発医薬品への変更調剤は認められているが、基礎的医薬品への変更調剤は行うことができるか。

 

(答)

基礎的医薬品であって、それらが基礎的医薬品に指定される以前に変更調剤が認められていたもの(「診療報酬における加算等の算定対象となる後発医薬品」等)については、従来と同様に変更調剤を行うことができる。なお、 その際にも「処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について」(平成 24 年3月5日付保医発 0305 第 12 号)に引き続き留意すること。

基礎的医薬品の変更調剤について(疑義解釈その4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。