Press "Enter" to skip to content

ラミクタール錠のジェネリック医薬品“ラモトリギン錠”5社の添加物比較

ojiyaku 0
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ラミクタール錠のジェネリック医薬品“ラモトリギン錠”5社の添加物比較

 

ラミクタール錠のジェネリック医薬品が2018年6月に5社から発売されます。先発品とジェネリック医薬品との違い・ジェネリック医薬品の特徴について以下にまとめました。

2018年6月発売予定のジェネリック医薬品リスト

レキサルティ錠とエビリファイ錠の比較

~先発とジェネリック医薬品との違い~

 

・適応症

ラミクタール錠には「定型欠神発作」という適応症がありますが、ジェネリック医薬品には、その適応症はありません。先発品と後発品でのいわゆる“適応症不一致“に該当します。

 

・包装

ラミクタール錠には「スターターパック」という包装がありますが、ジェネリック医薬品にはスターターパック包装を販売するメーカーはありません。

 

ラミクタール錠には「バラ錠包装」はありませんが、トーワ薬品がバラ錠包装を販売します。

 

~5社から発売されるジェネリック医薬品の特徴~

 

・ラミクタール錠と同様にラモトリギン錠(5社とも)は“チュアブル・ディスパーシブル錠”となっております。そのため服用時は水でそのまま飲むこともできますし、かみくだいて(咀嚼して)から水で飲むこともできます。

 

・ラモトリギン錠「日医工」

添加物リストがラミクタール錠と同じです。いわゆる「添加物の違いによる副作用」を回避するのであれば日医工製品は安心と思えます。ラミクタール錠の副作用には皮膚発疹(5%)というのがありますので、ジェネリック医薬品への切り替えを検討するのであれば“添加物”は一つのポイントになるかもしれません。

錠剤の刻印:英語・数字

剤形:25mgは先発よりも一回り小さい、100mgは先発とほぼ同じ(誤差0.1mm)

 

・ラモトリギン錠「JG」/ラモトリギン錠「アメル」

「JG」製品と「アメル」製品は薬物動態・剤形が全く同じですので、同一製品と考えられます。添加物リストは先発品の甘みが「サッカリンNa」を使用しているのに対して、JG/アメル製品の甘みは「アセスルファムKとスクラーロース」を使用しています。それ以外は同じリストとなっています。

錠剤の刻印:カタカナ

剤形:先発とほぼ同じ(誤差0.1mm)

2018年6月発売予定のジェネリック医薬品リスト

レキサルティ錠とエビリファイ錠の比較

 

・ラモトリギン錠「サワイ」

剤形が先発品とまったく同じであることがメリットです。添加物組成を確認してみますと先発品にはない「バニリン・エチルバニリン」が香料として含まれています。そのため「バニラの香り」を感じることができそうです。さらに「プロピレングリコール」(チュアブル錠によく含まれる)も添加されています。

錠剤の刻印:英語・数字

剤形:先発と同じサイズ

 

・ラモトリギン錠「トーワ」

先発品にはない“100錠入りバラ包装“を販売することがメリットです。ラミクタール錠を1包化している薬局ではPTPをバラす労力を軽減することができます。添加物組成を確認してみますと甘味料は先発で使用している「サッカリンNa」の代わりに「アスパルテーム」が使用されています。また錠剤の崩壊性を高めるために先発では使用していない「マンニトール・カルメロース」を使用していることも特徴的です。添加物リストの最後にしるされている「その他3成分」については不明です。

錠剤の刻印:カタカナ印字

剤形:25mgは先発よりもサイズが大きい、100mgは0.2mmサイズが大きい

 

2018年4月現在のラミクタール錠の薬価は

ラミクタール錠100mg:231.6円

ラミクタール錠25mg:86.8円

となっていますので、2018年6月に発売されるジェネリック医薬品は50%OFFの薬価となる見込みです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。