おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

診療報酬改定 調剤薬局

2019年10月改定(案)消費税増税における調剤料増加分

投稿日:2019年2月19日 更新日:

2019年10月の消費税増税分の調剤報酬増加表(案)

2019年10月お消費税増税に伴い、調剤報酬の増加についての改定案が開示されました。(案です)

syouhi-zei-10%

syouhi-zei-10%

調剤基本料(処方箋の受付1回につき)

1:調剤基本料1)41点→42点

2:調剤基本料2)25→26点

3:調剤基本料3)

イ:同一グループの保険薬局による処方箋受付回数4万回を超え40万回以下)20点→21点

ロ:同一グループの保険薬局による処方箋受付回数40万回以上)15点→16点

特別調剤基本料)10点→11点

1包化加算

42日分以下の場合:32点→34点

43日以上の場合:220点→240点

無菌製剤処理加算

中心静脈栄養法用輸液:67点→69点

中心静脈栄養法用輸液(6歳未満):135点→137点

抗悪性腫瘍剤:77点→79点

抗悪性腫瘍剤(6歳未満):145点→147点

麻薬:67点→69点

麻薬(6歳未満):135点→137点

かかりつけ薬剤師包括管理料

かかりつけ薬剤師包括管理料:280点→281点

-診療報酬改定, 調剤薬局
-10%, 消費税, 調剤報酬, 調剤薬局

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

seikatu-hogo-yakkyoku

生活保護受給者は薬局を一元化し、後発医薬品の使用が原則とする報告書

目次 生活保護受給者は薬局を一元化し、後発医薬品の使用が原則とする報告書を厚生労働省がまとめる~薬局の一元化による重複投薬の対策~~後発医薬品(ジェネリック医薬品)の更なる使用促進~ 生活保護受給者は …

75%-80%-85%

後発医薬品調剤体制加算75%、85%へ

後発医薬品調剤体制加算75%、85%へ   厚生労労働省は2018年度調剤報酬改定における後発医薬品調剤体制加算を   後発医薬品調剤体制加算1:後発医薬品の調剤数量が75%以上の …

chouzai-kihon-ryou-50/100

平成29年4月1日から適用となる「調剤基本料を100分の50とする」を回避するために

平成29年4月1日から適用となる「調剤基本料を100分の50とする」を回避するために 2016年(平成28年)4月から施行される調剤報酬改定では、保険薬局が超えるべきハードルがいくつか設けられました。 …

tyouzai-kihon-ryou-generic

調剤基本料が5つに集約/後発医薬品体制加算で減算措置/平成30年度調剤報酬改定案

目次 調剤基本料が5つに集約/後発医薬品体制加算で減算措置/平成30年度調剤報酬改定案~調剤基本料~~後発医薬品の使用促進~ 調剤基本料が5つに集約/後発医薬品体制加算で減算措置/平成30年度調剤報酬 …

kakusinteki-sinnyakusousyutukasan

革新的新薬創出等促進制度では既存の4割が対象外

革新的新薬創出等促進制度では既存の4割が対象外   2018年11月28日に行われた自民党の「社会保障制度に関する特命委員会」の会合後、自民党の古川事務局長より“革新的新薬創出促進制度”にお …