おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

診療報酬改定 調剤薬局

2019年10月改定(案)消費税増税における調剤料増加分

投稿日:2019年2月19日 更新日:

2019年10月の消費税増税分の調剤報酬増加表(案)

2019年10月お消費税増税に伴い、調剤報酬の増加についての改定案が開示されました。(案です)

syouhi-zei-10%

syouhi-zei-10%

調剤基本料(処方箋の受付1回につき)

1:調剤基本料1)41点→42点

2:調剤基本料2)25→26点

3:調剤基本料3)

イ:同一グループの保険薬局による処方箋受付回数4万回を超え40万回以下)20点→21点

ロ:同一グループの保険薬局による処方箋受付回数40万回以上)15点→16点

特別調剤基本料)10点→11点

1包化加算

42日分以下の場合:32点→34点

43日以上の場合:220点→240点

無菌製剤処理加算

中心静脈栄養法用輸液:67点→69点

中心静脈栄養法用輸液(6歳未満):135点→137点

抗悪性腫瘍剤:77点→79点

抗悪性腫瘍剤(6歳未満):145点→147点

麻薬:67点→69点

麻薬(6歳未満):135点→137点

かかりつけ薬剤師包括管理料

かかりつけ薬剤師包括管理料:280点→281点

-診療報酬改定, 調剤薬局
-10%, 消費税, 調剤報酬, 調剤薬局

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

kanpo-cost-up

漢方薬の自己負担引き上げ案に日本東洋医学会が反論

漢方薬の自己負担引き上げ案に日本東洋医学会が反論   内閣府の経済財政諮問会議、財務省の財政制度等審議会財制度分科会において一部の漢方薬を含む医薬品について、医療用医薬品でありながら市販薬と …

ツルハドラッグが処方箋医薬品を患者へ販売していた事例

ツルハドラッグが処方箋医薬品を患者へ販売していた事例   ツルハドラドラッグ小樽店が、クリニックの休診日に処方箋医薬品を10年にわたって販売していたことが報道されました。(2004年9月~2 …

350-billion-market-drugs

平成33年(2021年)から市場規模350億円以上の医薬品は薬価が見直される

平成33年(2021年)から市場規模350億円以上の医薬品は薬価が見直される   厚生労働省の中央社会保険医療協議会 薬価専門部会において薬価制度の抜本改革についての骨子(案)が公開されまし …

2020-shinryou-housyuu

2020年度診療報酬・医薬品等に係る改革について

2020年度診療報酬・医薬品等に係る改革について   2019年6月11日、政府は経済財政諮問会議にて「経済財政運営と改革の基本方針 2019(いわゆる骨太方針)」原案を開示しました。202 …

gigisono1

2020年度調剤報酬改定の疑義解釈その5

2020年調剤報酬改定の疑義解釈その5 2020年4月16日、調剤報酬改定の疑義解釈その5が公開されました。 2020年度診療報酬改定に関する疑義解釈その5 2020年度の疑義解釈に関しては、2020 …