おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告(2018年1月18日)

投稿日:2018年2月3日 更新日:

インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告

 

インフルエンザワクチンは、感染者が呼吸するだけで感染力のあるウイルスが呼気に含まれる、いわゆる「空気感染」する可能性があるという報告が2018年1月18日の雑誌PNAS(電子版)に掲載されました。

厚生労働省のホームページにはインフルエンザワクチンの感染経路が以下のように記されています。

 

インフルエンザの主な感染経路

1):飛沫感染

感染している人のくしゃみや咳(せき)で出るしぶきを吸い込むことによる感染。くしゃみや咳(せき)を浴びる距離(2メートル程度)にいる人は感染の危険性が高い。

インフルエンザウイルスは空気感染するリスクがある

2):接触感染

感染している人の唾(つば)や鼻みずが手から手へ、あるいはドアノブやつり革などを介して手に付着することなどによる感染。

 

上記の2つの感染経路に加えて、PNASの掲載内容によると、「同じ部屋にいるだけで(呼吸するだけで)感染する」といういわゆる「空気感染リスク」に関する報告がありました。

 

報告内容

 

アメリカのメリーランド大学Donald Milton氏の報告によると、発症から1~3日目のインフルエンザ患者142人から

1):いつもどおり呼吸しているとき

2):話をしているとき

3):席をしたとき

4):くしゃみをしたとき

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

上記4種類の呼吸サンプルを回収してインフルエンザウイルスの有無を分析しています(合計218サンプル)。

結果

・咳症状がない呼吸サンプル中の48%において、微細エアロゾル中で培養可能なインフルエンザワクチンを検出した

・くしゃみをした後の呼吸サンプルにふくまれるウイルス量には変化がない

  • 咳以外で生成されたインフルエンザウイルスを含む微細エアロゾルが呼気エアロゾルとして排出された可能性が示唆される
  • 5マイクロメートル以下の微細な感染性エアロゾルの生成には咳は必要ではない
  • エアロゾル中に含まれるインフルエンザウイルスに関しては、くしゃみによる影響はそれほどおおきくない
  • 咳をしない場合、5マイクロメートル以上の感染力のある粗いエアロゾルの検出率は13%と低い
  • くしゃみはテーブルなどの表面汚染による接触感染に寄与するかもしれない
  • 男性の1回あたりの咳には女性の2倍以上のインフルエンザウイルスが生成された
  • 女性は男性に比較して咳の頻度が多い(咳をする域値が低い)

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用

インフルエンザ患者が呼吸や咳・くしゃみをするときに排出される呼吸飛沫は2つに大別できます。1つ目は従来から言われている飛沫であり、排出源(感染者本人)から1〜2メートル以内に堆積する大きな飛沫のことです。2つ目は飛沫よりも長い時間に渡って空中に滞在することが可能な直径5マイクロメートル未満の微細な飛沫です。後者をエアロゾルと読んでいます。今回の報告内容によると、微細なエアロゾルは咳症状がなくても呼気中に含まれるので空気感染の要因となりうると注意喚起をしたものです。

筆者らは、咳やくしゃみをしなくてもインフルエンザ感染者は呼気中でインフルエンザウイルスを含むエアロゾルを排出するため感染源となりうる。そのため感染拡大を防ぐために職場や学校など周囲に人が集まる場所から退避させるべきだとしています。

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか

厚生労働省によるインフルエンザウイルスの感染経路

インフルエンザウイルスは空気感染するリスクがある

-抗インフルエザ治療薬
-くしゃみ, せき, インフルエンザウイルス, エアロゾル, リスク, 空気感染

執筆者:ojiyaku


  1. […] インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告(2018年1月18日) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

baloxavir-influenza

1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠(バロキサビルマルボキシル)」が 承認審査(治験薬記号:S-033188)

1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠(バロキサビルマルボキシル)」が承認審査(治験薬記号:S-033188)   先駆け審査指定制度の指定をうけている1回飲みきりインフルエンザ治療 …

influenza-CCB

カルシウム拮抗薬がインフルエンザウイルスの感染を予防する

カルシウム拮抗薬がインフルエンザウイルスの感染を予防する   北海道大学の研究チームが降圧剤「カルシウム拮抗薬」を投与することでインフルエンザウイルスの感染を予防するというデータを公開しまし …

influenza-Abnormal-behavior

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする   厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会においてインフルエンザ様疾患罹患時に見られる異常行動と服用 …

cap-nuclease-inhibitor

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用 2017年7月24日、塩野義製薬は1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬の開発に関して、第Ⅲ相臨床 …

influenza-elderly-people

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる   スペインの研究チームは、65歳以上の高齢者は4シーズン連続してインフルエンザワクチンの予防接種を行うと …

2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)