おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

東和薬品がジェネリック医薬品の原薬製造国を開示(ダウンロードあり)

投稿日:

東和薬品がジェネリック医薬品の原薬製造国を開示(ダウンロードあり)

 

2019年6月6日、東和薬品はジェネリック医薬品779製品について、原薬製造国を開示しました。原薬生産国は、最終精製工程を実施した製造所のある国を示しており、複数国ある場合は、すべて表示されております。また、最終精製工程が日本である場合は、最終精製工程の前工程を行った国を併記しています。

 

私の中での東和薬品のイメージとしては、比較的国産の原薬を使用していることが多い印象でした。今回、原薬製造国が開示されましたので、全品目の原薬製造国を調査してみることにしました。

 

原薬製造国比率

1医薬品について、複数の原薬生産国が記載されていることが多くみられました。これは原薬の安定供給を目的として行われているものと思われます。

実際に製品と原薬生産国をエクセルファイルにリストアップし、記載している国名をカウントしたところ原薬製造国比率は以下のようなグラフとなりました。

TOWA-GE-Ingredients

TOWA-GE-Ingredients

1位:日本:43%

2位:インド:12%

3位:韓国:12%

4位:中国:10%

5位:イタリア:7%

6位:台湾:2%

8位:イスラエル:2%

9位:スぺイン:2%

10位:ドイツ:2%

その他

(記載されている国名数を数えて、全体に占めるカウント数を%で表示しています)

 

原薬製造国は上記のような割合となっており、国産の比率が高いというデータとなりました。

原薬製造国は東和薬品の医療関係者向けサイトに製品ごとに記載されているのですが、一覧で確認できるページがありませんでしたので、エクセルファイルに作成しました。

東和薬品ジェネリック医薬品原薬製造国エクセルファイル:「TOWA-GE-Ingredients」

ブロナンセリン錠の原薬製造国

2019年6月14日発売予定となっているロナセン錠のジェネリック医薬品ブロナンセリン錠の原薬製造国も開示されており、“日本”と記されておりました。また、同じく2019年6月発売予定のカペシタビン300mg(ゼローダのGE)については“中国”と記載されております。

 

ジェネリック医薬品の原薬開示に関しては武田テバが2019年3月に開示を行っており、日本ジェネリック製薬協会が2019年6月5日付で原薬製造国の開示に関する指針を通達しておりますので、今後は他社も原薬を開示していくながれとなるかもしれません。

「武田テバ」がジェネリック医薬品の原薬最終製造国を公開(ダウンロードあり)

-ジェネリック医薬品(後発医薬品)
-43%, ジェネリック医薬品, 原薬製造国, 国産比率, 東和薬品, 開示

執筆者:ojiyaku


  1. […] 東和薬品がジェネリック医薬品の原薬製造国を開示(ダウンロードあり) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Fenofibrate-Shipment-adjustment

フェノフィブラート錠「武田テバ」の出荷調整(2018年3月付)

フェノフィブラート錠「武田テバ」の出荷調整   武田テバファーマ株式会社はフェノフィブラート錠「武田テバ」の出荷調整を発表しました。 リピディル・トライコアのジェネリック医薬品として2017 …

seikatu-hogo-iryouhi-generic

生活保護受給者の医療扶助の抑制策として後発医薬品の使用を閣議決定

生活保護受給者の医療扶助の抑制策として後発医薬品の使用を閣議決定   政府は2018年2月9日、生活保護法や生活困窮者自立支援法など改革法案を閣議決定しました。今国会に提出し、今年度内の成立 …

USA-generic

米国におけるジェネリック医薬品供給不足に関する危機感

米国におけるジェネリック医薬品供給不足に関する危機感   米国のジェネリック医薬品市場は、その競争に起因する低価格化が急速に進んでおり、“新規の市場参入の難しさ”、“GEの品不足に関する危機 …

nifedipine-cr-adalat-cr

ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまで

ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまで   ニフェジピン(アダラート)にはCR錠、L錠と2種類の剤形があります。国内の使用量を確認してみるとニフェジピン(アダラート)CR錠の使用量が群を …

sawai-kyoudou

沢井製薬が後発医薬品の共同開発情報を開示

沢井製薬が後発医薬品の共同開発情報を開示 2019年12月発売となった後発医薬品に関して、沢井製薬は共同開発情報をインタビューフォームで開示しています。 新規で後発医薬品が発売される際、複数の製薬メー …