おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ワクチン 降圧剤

アンジェスがオーストラリアにて高血圧DNAワクチンの第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験開始

投稿日:2018年5月5日 更新日:

アンジェスがオーストラリアにて高血圧DNAワクチンの第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験開始

 

医療ベンチャー企業「アンジェス」が高血圧DNAワクチンの第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を開始したことを報告しました。

高血圧DNAワクチンとは血圧を上昇させる作用をもつアンジオテンシンⅡに対する抗体(免疫作用によって標的に結合する分子)を体内で作り出すことでアンジオテンシンⅡの働きを抑え、血圧を下げる作用をもつワクチンのことです。医療ベンチャー企業「アンジェス」は大阪大学と共同で高血圧DNAワクチンの特許を出願しており、2016年に米国、2017年に日本で取得していることを公開しています。

高血圧DNAワクチンの特許取得(アンジェス)

anges-vaccine

anges-vaccine

オーストラリアにて高血圧DNAワクチンの第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験開始(平成30年4月12日)

 

被験者:軽度から中等度の高血圧患者24例

臨床試験期間:12か月にわたる経過観察

平成30年4月12日に第1例目の投与を開始した

 

高血圧DNAワクチンは1度の投与で長期間にわたって効果が持続することが期待されており、経口高血圧治療薬による「飲み忘れ」を防ぐことができるというメリットがあります。

 

高血圧DNAワクチンの第一例目の投与が行われましたので、有効性・安全性・副作用などの臨床データに関する報告が待たれます。一度の投与で長期間作用が続くタイプのワクチンということは、既存の内服薬による治験のように「副作用がでたから中止」ということはできない分野の治験であるとも言えますので、安全性に関して特に留意する必要がある気がします。

アンジオテンシンⅡ関連の医薬品(ARB、ACE-I)の市場規模を確認してみると(厚生労働省のNDB2より)年間で5400億円ほど市場であることとがわかります。アンジェスが開発を目指している高血圧DNAワクチンが、この市場をどこまで変革できるか非常に期待されるところです。

オーストラリアにて高血圧DNAワクチンの第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験開始

 

-ワクチン, 降圧剤
-アンジェス, オーストラリア, 大阪大学, 治験開始, 特許, 高血圧DNAワクチン

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

nifedipine-cr-adalat-cr

ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまで

目次 ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまでニフェジピン(アダラート)CR錠の効果について血中での消失半減期3~4時間とはアダラートCRのGEの薬物動態比較ニフェジピン(アダラート)CR錠の特徴ま …

anti-hypertensive-risk

高血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫ですか?

目次 高血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫ですか?カルシウム拮抗薬を飲み続けても大丈夫かどうかカルシウム拮抗薬を飲み続けた場合の肺がんリスクについて(2019年5月)カルシウム拮抗薬を飲み続けることと …

Fluitran-effect

調剤薬局でフルイトランを患者さんへお渡しするときにお伝えすること

目次 調剤薬局でフルイトランを患者さんへお渡しするときにお伝えすることチアジド系利尿薬がARBや食塩過剰摂取型高血圧症と相性がよい理由~低用量フルイトランの特徴~~低用量フルイトランを患者さんへお渡し …

HYDROCHLOROTHIAZIDE

ヒドロクロロチアジドの累積服用量と基底細胞癌・扁平上皮癌の発症リスクについて

ヒドロクロロチアジドの累積服用量と基底細胞癌・扁平上皮癌の発症リスクについて   日本国内での使用量はそれほど多くありませんが、海外で利尿・降圧剤として頻用されているヒドロクロロチアジドにつ …

PTSD-Cardenalin

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対するカルデナリンの効果について

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対するカルデナリンの効果について   カルデナリン錠などのα1受容体遮断薬は高血圧症の治療薬の4~5番手として使用されているイメージがあるのですが、ここ数 …