おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗うつ薬 抗精神病薬

全般性不安障に対する効き目22剤を比較

投稿日:2019年2月15日 更新日:

全般性不安障に対する効き目22剤を比較

 

成人の全般性不安障害に対する薬剤の効き目について有効性と忍容性(副作用が少なく長く飲み続けることができるか)に関するデータが公開されました。

 

評価指数としてはハミルトン不安評価尺度(HAM-A)が用いられています。ハミルトン不安評価尺度は不安に伴う精神症状・自律神経症・不眠症・認知障害・抑うつ気分といった症状を評価する指標です。スコアが低いと症状が軽減していることを意味します。

被験者:25441人(外来受診)

期間:1944年1月~2017年8月1日

 

結果

 

サインバルタ:-3.13

リリカ:-2.79

イフェクサー:-2.69

レクサプロ:-2.45

 

上記の4品目はハミルトン不安評価尺度の減少および忍容性が高い医薬品と評価されています。

 

リフレックス

ジェイゾロフト

フルオキセチン(国内未承認)

ブスピロン(国内未承認)

アゴメラチン(国内未承認)

 

上記の5品目も有効性・忍容性が高い医薬品でしたが、件数・サンプル数が少ないため評価は限定的でした。

 

セロクエル:-3.60

セロクエル(クエチアピン)は不安を取り除く効果は最大値を示したのですが、プラセボ(偽薬)と比較すると忍容性が低いという評価でした。(セロクエルを飲むと太る・眠くなるなどの副作用を感じたために継続的に飲み続けることができなかったという評価です)

 

パキシルやベンゾジアゼピン系の薬も効き目はあったものの、忍容性が乏しいという評価でした(眠くなる)

全般性不安障に対する効き目22剤を比較

SSRI(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト)の用量の上限が海外とくらべて少ない理由

神経からくる痛み止め「リリカ」の不安障害に対する効果について

治療抵抗性うつ病患者を対象とした2つの報告

-抗うつ薬, 抗精神病薬
-イフェクサー, サインバルタ, ジェイゾロフト, リリカ, 全般性不安障害, 効き目, 比較

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

pro-banthine-hyperhidrosis

多汗症治療薬“プロバンサイン錠”の効き目を患者様へお伝えする

目次 多汗症治療薬“プロバンサイン錠”の効き目を患者様へお伝えするプロバンサインの薬物動態掌蹠多汗症が生じる仕組みプロバンサインには定常状態がない長期間の服用について多汗症に対するプロバンサインの推奨 …

Etizolam-generic

デパスのジェネリックについてオススメを薬物動態から見る

目次 デパスのジェネリックについてオススメを薬物動態から見るジェネリック医薬品についてデパス錠とエチゾラム錠と比較データデータの見方・効き目が早いタイプ・効き目が長く続くタイプ・効き目がマイルドである …

SSRI-limit

SSRI(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト)の用量の上限が海外とくらべて少ない理由(セロトニントランスポーターの発現量について)

SSRI(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト)の用量の上限が海外とくらべて少ない理由(セロトニントランスポーターの発現量について)     抗うつ薬の1日服用量について日本の承認 …

lactation-antipsychotic

授乳婦が使用する抗精神病薬について

目次 授乳婦が使用する抗精神病薬について結果 ~ジプレキサ(オランザピン)~~セロクエル(クエチアピン)~~リスパダール~~エビリファイ~乳児への影響について 授乳婦が使用する抗精神病薬について 母乳 …

stress-relax

治療抵抗性うつ病患者を対象とした2つの報告

目次 治療抵抗性うつ病患者を対象とした2つの報告治療抵抗性うつ病:SNRIまたはSSRIにリフレックスを追加したケース(2018.10.31)治療抵抗性うつ病に対する心理学的または薬理学的による増強療 …

  google adsense




2019年6月GE

2019-06ge

2019-06ge

レクタングル2




ビバンセカプセルとコンサータの比較

vyvance-concerta

タリージェとリリカの比較

タリージェ