おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 受容体 抗精神病薬

ジプレキサ(オランザピン)やセロクエル(クエチアピン)を飲むと太る理由

投稿日:2018年5月13日 更新日:

ジプレキサ(オランザピン)を飲むと太る理由

 

ジプレキサ錠(オランザピン)を飲むと1~2割程度の方が「食欲が増えた気がする(食欲亢進)」「体重が増えてきた」とおっしゃる方がおります。今回は、現在まででわかっている範囲ですが、ジプレキサを飲むことで食欲が増える理由について調べてみました。

ジプレキサを飲むと食用が増える理由

セロトニンが脳内の「満腹中枢」を刺激すると我々はおなかがいっぱいになります。この時の「満腹中枢」にはいくつかあるのかもしれませんが、今回はセロトニン5HT2C受容体へセロトニンが作用したことを「満腹中枢が刺激された」と考えます。

 

セロトニン5HT2C受容体に対する作用には現在3~4種類の作用方法があると考えられています。

頓服で使用されるリスパダール内用液の効き目を検討する

1:作動薬

セロトニン5HT2C受容体に以下の作動薬がくっつくと満腹中枢が刺激されて「おなかいっぱい」と感じます

~作動薬の例~

・セロトニン

・ロルカセリン(米国FDAで肥満治療剤として使用されている薬)

・トリプタミン(いわゆる脱法ドラッグ)

デパス・リーゼ・ソラナックス・ワイパックス・レキソタンの安定剤として効き目を薬物動態から考える

zyprexa-olanzapin

zyprexa-olanzapin

2:部分アゴニスト

作動薬よりは効き目がよわいながら、活性化させることができる成分です。上記の作動薬よりは弱いながら「満腹中枢」に対して「ちょっぴりおなかいっぱい」を感じさせる成分という印象でしょうか

~部分アゴニストの例~

・レキサルティ

頓服で使用されるリスパダール内用液の効き目を検討する

3:遮断薬

セロトニン5HT2C受容体を遮断すると満腹中枢への刺激が減ります。そのため「おなかがいっぱいになりにくい」という状況になります。マウスでの実験ですが、5HT2C受容体を持たないマウス(欠損させたマウス)は過食・肥満・代謝異常が生じることが見いだされています。

~遮断薬の例~

・トラマール/トラムセット/ワントラム

・エビリファイ(試験管内のデータです)

[/pc]

-FDA承認, 受容体, 抗精神病薬
-5HT2C受容体, オランザピン, クエチアピン, ジプレキサ, セロクエル, セロトニン, 太る, 逆作動薬

執筆者:ojiyaku


  1. […] セロトニン受容体遮断薬・逆作動薬によって食欲が増える仕組み […]

  2. […] ジプレキサ(オランザピン)やセロクエル(クエチアピン)を飲むと太る理由 […]

  3. […] ジプレキサ(オランザピン)やセロクエル(クエチアピン)を飲むと太る理由 […]

  4. […] ジプレキサ(オランザピン)やセロクエル(クエチアピン)を飲むと太る理由 […]

  5. […] ジプレキサ(オランザピン)やセロクエル(クエチアピン)を飲むと太る理由 […]

  6. […] セロトニン受容体遮断薬・逆作動薬によって食欲が増える仕組み […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

alchole-gain-fat-5HT2C-receptor

アルコールを飲むと太る理由/満腹中枢セロトニン2C受容体(5HT2C受容体)との関係について

アルコールを飲むと太る理由/満腹中枢セロトニン2C受容体(5HT2C受容体)との関係について   「〇〇というお薬を飲むと太ることがある」というテーマでいくつか調べてみたところ、ジプレキサ・ …

ivabradine

慢性心不全治療薬“イバブラジン(商品名:プロコララン)を小野薬品が申請/国内第3相試験結果

目次 慢性心不全治療薬“イバブラジン(商品名:プロコララン)を小野薬品が申請/国内第3相試験結果日本人慢性心不全患者を対象としたイバブラジンの効果について(J-SHIFT:国内第3相試験)結果J-SH …

schizophrenia-guidlines

誰でもわかりやすく読める統合失調症ガイドラインを日本神経精神薬理学会が公開

誰でもわかりやすく読める統合失調症ガイドラインを日本神経精神薬理学会が公開   「誰でもわかりやすく読める統合失調症薬物治療ガイドライン」を日本神経精神薬理学会が公開しました。今回公開された …

REXULTI-akathisia

レキサルティ錠はアカシジアの副作用が少ない可能性に関する報告

レキサルティ錠はアカシジアの副作用が少ない可能性に関する報告 2017年末に医薬品として承認されたレキサルティ錠について、オーストラリアの研究グループがアカシジアの発現頻度が低い可能性についてレビュー …

LANTUS-TRESIBA

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)

目次 ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)~トレシーバとランタスの効果を比較したDEVOTE試験について~ ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減 …