おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 難聴

感音難聴治療薬FX-322について

投稿日:

感音難聴治療薬FX-322について

 

感音難聴治療薬FX-322の開発および独占権をアステラスが取得したことを公開しました。

感音難聴治療薬FX-322は米国で第1/2相臨床試験が完了した医薬品の候補段階の製品です。今後2019年末に第2a相臨床試験が行われることが予定されています。

 

FX-322はは注射剤であり、鼓室(鼓膜の内側の腔室)に1回の注射を行う製剤です。

FX-322は体内に既に存在する内耳前駆細胞を活性化して、有毛細胞の再生を誘導することで感音難聴を治療する製剤です。有毛細胞は一度損傷すると自発的には再生しないという特徴があります。

 

FX-322を投与された被験者において、複数の聴覚機能が改善され、重篤な有害事象がない事が報告されました。

 

全世界的には聴覚障害のある成人は8億人以上いるといわれており、そのうちの90%が感音難聴の影響があるといわれておりますので、FX-322は非常に有益な薬剤となる可能性を秘めております。

FX-322

FX-322

感音難聴治療薬FX-322

-FDA承認, 難聴
-FX-322, 感音難聴, 有毛細胞, 鼓室

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

gensokukinki

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について 添付文書の記載要領改正によって「原則禁忌」という項目がなくなりますが、それに伴いこれまで「原則禁忌」としていた薬剤について、5項目については「禁忌 …

fda-clarithromycin

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起   米国食品医薬品局(FDA)は「抗生物質クラリスロマイシンを心疾患患者へ処方する際は、心疾患リスクの増悪または死亡に関してのリスクが …

asthma

アドエアのジェネリック医薬品Wixela InhubをFDAが承認

アドエアのジェネリック医薬品が発売されない理由/Wixela Inhub承認の経緯 米国FDAはアドエアのジェネリック医薬品Wixela Inhubを承認 2019年2月5日追記 米国FDAはアドエア …

Lynparza

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示   2018年4月18日、リムパーザ錠100mg/150mgの発売が開始されました。 適応症:白金系抗悪性 …

FDA-valbenazine

遅発性ジスキネジア治療薬“バルベナジン(valbenazine)”がFDAにて承認される

遅発性ジスキネジア治療薬“バルベナジン(valbenazine)”がFDAにて承認される 定形型または非定形型抗精神薬の長期服用により生じる副作用の1つに遅発性ジスキネジアがあります。FDA米食品医薬 …