おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認

トラベ症候群治療薬「fenfluramine」をFDAが承認

投稿日:

トラベ症候群治療薬「fenfluramine」をFDAが承認

 

FDAは2020年6月25日、2歳以上のトラベ症候群に伴う発作の治療薬として商品名Fintepla(fenfluramine)を承認しました。

トラベ症候群治療薬Fintepla

トラベ症候群とは1歳未満で最初のてんかん発作がおこり、その後も発作を繰り返す疾患です。2~4万人に1人の割合で発症する稀なてんかん症候群と考えられています。運動障害・発達障害・予期せぬ突然死などのリスクの増加などが特徴の小児期に発症する稀なてんかんです。

fenfluramine

fenfluramine

Fenfluramineは1種類以上の抗てんかん薬で発作を十分にコントロールできなかったトラベ症候群患者を対象に行われた7カ月間の臨床試験データ(平均年齢9歳:119例)を確認したところ、28日間あたりの発作回数の変化(中央値)は

Fenfluramine0.7mg/kg服用群:20.7→4.7回

Fenfluramine0.2mg/kg服用群:17.5→12.6回

プラセボ服用群:27.3→22回

 

上記のようにFenfluramine0.7mg/kg服用群はプラセボ群と比べててんかん発作を62.3%有意に減少したことが示されています。てんかん発作頻度の低下は3~4週間以内にみられ、治療期間を通じて、その効果は一定であることが報告されています。

 

主な副作用は食欲減退・傾眠・鎮静などが報告されています。

 

ここまでを見ると有益な薬のようにも思いますが、非常に重大な注意点があります。Fenfluramineは心臓弁膜症・肺高血圧症のリスクが高い医薬品であるため、使用する患者は治療前・治療中6か月ごと、治療後3~6カ月に1回の頻度で心エコーによるモニタリングを繰り返し受ける必要があります。

 

Fenfluramineの薬理作用

5-HT2B受容体アゴニスト活性を有するセロトニン作動薬としてのはたらきや、セロトニンんの放出を促し、神経終末からの再取り込みを阻害する効果が報告されています。

(セロトニン症候群や血圧上昇にも注意が必要です)

 

以下は余談ですが、Fenfluramineは1973~1997年まで米国で肥満治療薬として使用されていた薬剤ですが、1997年9月15日に心臓弁膜障害を理由に医薬品としての使用が中止されました。Fenfluraminを服用するとセロトニンの放出が促進され、セロトニン量の増加により食欲抑制作用が生じて肥満治療が行われると考えられています。しかしセロトニンの過剰分泌は心臓弁膜障害である可能性が示唆されたため販売が中止されました。(その後の報告でFenfluramin+phentermineを使用すると心臓弁膜異常の割合が22.6%上昇することが報告されています)

アルコールを飲むと太る理由/満腹中枢セロトニン2C受容体(5HT2C受容体)との関係について

-FDA承認
-fenfluramine, fentepla, トラベ症候群

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Dafclir-Tablets

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて   2018年5月23日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会において感染性腸炎治療薬「ダフクリア錠(フィダ …

gensokukinki

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について 添付文書の記載要領改正によって「原則禁忌」という項目がなくなりますが、それに伴いこれまで「原則禁忌」としていた薬剤について、5項目については「禁忌 …

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)   国立研究開発法人 国立がん研究センター先進医療・費用対効果評価室は「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品・適応の …

LANTUS-TRESIBA

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)   FDAは基礎インスリン製剤トレシーバの添付文書に、ランタスと比較してトレシーバの主要心血管リスク軽減デ …

zolgensma-1

ゾルゲンスマの動物実験データが操作されていた

ゾルゲンスマの動物実験データが操作されていた   米FDAに2019年5月24日に、2歳未満の小児における脊髄運動性筋萎縮症(SMA)に対する遺伝子治療薬ゾルゲンスマが2億3200万円という …