おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 抗がん剤

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

投稿日:2018年5月7日 更新日:

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

 

国立研究開発法人 国立がん研究センター先進医療・費用対効果評価室は「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品・適応のリスト」の最新集計結果を公開しました。

このリストは米国FDAおよび欧州EMAが承認した医薬品のうち、がん領域において日本では未承認あるいは適応外の医薬品とその1か月あがりの薬剤費の資産を提示したものです。

国内で薬事法上未承認・適応外である医薬品リスト

anti-cancer-drugs

anti-cancer-drugs

2018年4月時点で、FDA/EMAでは承認されているものの、日本では未承認の抗がん剤はのべ65剤(55薬剤65適応症)でした。そのうちFDAのブレークスルー・セラピーに指定されている抗がん剤は18剤でした。

ブレークスルー・セラピー:FDAの迅速承認審査制度の1つで、重篤または生命に重大な影響がある疾患に対する医薬品の開発および審査を迅速化することを目的としています。

 

適応症の内訳

血液がん:30剤

泌尿器がん:11剤

乳がん:5剤

皮膚がん:4剤

骨軟部腫瘍:3剤

肺がん:3剤

卵巣がん:2剤

小児がん:2剤

65剤の抗がん剤のうち薬剤費が判明している58剤中45剤において1か月あたりの薬剤費が100万円いじょうでした。またh1上げ圧当たりの薬剤費が1000万円をこえる抗がん剤は3剤ありました。

 

商品名:MEPACT(EU)、一般名:ミファムルチド

製薬会社:武田薬品工業

効能:非転移性で顕微鏡的に完全切除後の骨肉腫(骨軟骨部)

FDAは不承認、EMAで承認

1か月あたりの薬剤費:1900万円

国内で薬事法上未承認・適応外である医薬品・適応リストについて

商品名:YESCARTA、一般名:axicabtagene ciloleucel

製薬会社:日本国内での販売実績なし

効能:2つ以上の治療歴がある再発・難治性の大細胞型B細胞リンパ腫(CAR-T療法)

FDAは承認、EMAで未承認

1か月あたりの薬剤費:3730万円

CAR-T療法「キムリア」1か月あたりの医療費

商品名:KYMRIAH(キムリア)、一般名:tisagenlecleucel

製薬会社:ノバルティスファーマ

効能:25歳までの難治性または第 二再発以降のB細胞性急性 リンパ芽球性白血病(CAR-T療法)

FDAは承認、EMAで未承認、日本国内では現在承認審査中

1か月あたりの薬剤費:4750万円

国立がん研究センターは、海外での価格がそのまま日本の価格になるわけではないものの、最近のがん領域の医薬品は特に高額な品目がでてきているため、「患者負担と公的負担のあり方について、考えていく必要がある」と指摘しています。

国内で薬事法上未承認・適応外である医薬品リスト

 

-FDA承認, 抗がん剤
-EMA, FDA, リスト, 医療費, 承認, 抗がん剤, 未承認, 白血病

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CD8T-cancer-probiotics

11種類の腸内細菌を飲むことが“がん治療”へつながる可能性について

11種類の腸内細菌を飲むことが“がん治療”へつながる可能性について   慶応義塾大学の研究チームが、がん細胞への治療に11種類の腸内細菌の有用性を見出したことを英科学雑誌natureに報告し …

Lynparza

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示   2018年4月18日、リムパーザ錠100mg/150mgの発売が開始されました。 適応症:白金系抗悪性 …

palforzia

ピーナッツアレルギー治療薬が米国(FDA)で承認(対象:4~17歳)

ピーナッツアレルギー治療薬が米国(FDA)で承認(対象:4~17歳) 米国FDAはピーナッツアレルギー治療薬Palforziaを承認したことをホームページに掲載しました。 Palforziaはピーナッ …

EPIPEN-α-bloker

エピペンとα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌が解除となる

エピペンとα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌が解除となる   アナフィラキシーの補助治療薬“エピペン”とα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌を解除することを薬事・食品衛生審議会薬事分科会医 …

gensokukinki

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について 添付文書の記載要領改正によって「原則禁忌」という項目がなくなりますが、それに伴いこれまで「原則禁忌」としていた薬剤について、5項目については「禁忌 …

2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)