おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 抗生剤

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起

投稿日:2018年3月14日 更新日:

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起

 

米国食品医薬品局(FDA)は「抗生物質クラリスロマイシンを心疾患患者へ処方する際は、心疾患リスクの増悪または死亡に関してのリスクが増加すること処方前に考慮すること」という注意喚起を公開しました。

心疾患患者へのクラリスロマイシン投与に関する注意喚起の裏付けとして、FDAはデンマークで行われたCLARICOR試験を挙げています。冠動脈疾患患者を対象としたこの試験では2週間のクラリスロマイシン治療をうけた群が、プラセボ群に比して1年以降の死亡リスクが上昇するという結果となっています。

心疾患患者へのクラリスロマイシン投与に関する注意喚起

クラリスロマイシン投与による死亡率の増加に関して原因はわかっておりません。

 

FDAは医師に対して

「心疾患患者へのクラリスロマイシン投与に関してはリスクとベネフィットを考慮すること。心疾患患者にクラリスロマイシンを投与する際は、心血管で生じる可能性がある問題についての徴候や症状を事前に説明すること」

を記しています。

 

患者に対しては

「抗菌薬が処方された際は、医師に心疾患があることを伝えること。抗菌薬使用中に胸の痛み・息切れ・脱力感などの症状を感じた際は病院を受診すること」

を記しています。

尚、心臓病を患っていない患者でのクラリスロマイシンの治療に関しては、長期間の安全性に関する試験結果はないため、CLARICOR試験の結果を心臓疾患のない患者に適用できるかどうかについては判断できないとしています。

心疾患患者へのクラリスロマイシン投与に関する注意喚起

-FDA承認, 抗生剤
-クラリシッド, クラリス, クラリスロマイシン, 冠動脈疾患患者, 原因不明, 心疾患患者, 死亡率

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

anticiotics-Intestinal-flora-DAV132

抗生剤による腸内フローラ環境の変動を防ぐ活性炭吸着剤“DAV132”の臨床効果について

抗生剤による腸内フローラ環境の変動を防ぐ活性炭吸着剤“DAV132”の臨床効果について   抗生剤や抗菌剤は細菌感染の治療薬として使用されますが、腸管内に存在する善玉菌に対しても抗菌作用を示 …

gensokukinki

デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目について

目次 デパケンなど原則禁忌から禁忌へ移行する5項目についてイソミタール原末・ラボナ錠50mg・アイオナールナトリウムデパケン・デパケンR・セレニカRサリンヘス輸液6%・ヘスパンダー輸液メタルカプターゼ …

FDA-valbenazine

遅発性ジスキネジア治療薬“バルベナジン(valbenazine)”がFDAにて承認される

遅発性ジスキネジア治療薬“バルベナジン(valbenazine)”がFDAにて承認される 定形型または非定形型抗精神薬の長期服用により生じる副作用の1つに遅発性ジスキネジアがあります。FDA米食品医薬 …

spiramycin-pregnant-woman

抗トキソプラズマ原虫剤「スピラマイシン錠150万単位」の効果について

目次 抗トキソプラズマ原虫剤「スピラマイシン錠150万単位」の効果についてスピラマイシン錠150万単位が承認された経緯使用方法臨床成績連続服用による耐性化 抗トキソプラズマ原虫剤「スピラマイシン錠15 …

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)   国立研究開発法人 国立がん研究センター先進医療・費用対効果評価室は「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品・適応の …