おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

気管支喘息治療薬

喘息発作時における吸入ステロイド4倍投与の有用性について

投稿日:2018年3月15日 更新日:

喘息発作時における吸入ステロイド4倍投与の有用性について

喘息治療で吸入ステロイドを使用している患者さんに対して、発作時に吸入ステロイドを一時的に「4倍量まで増量可能とする治療」に関して有益な報告がありました。

英国の研究チームによる報告では、吸入ステロイドの治療を受けている喘息患者さん(成人または青年:平均年齢57歳)のうち過去12か月以内に少なくとも1回の喘息発作を経験した1922人を対象として、喘息発作時に4倍量まで吸入ステロイドを自己管理で増量して良い群と、増量を行わない群との間で比較検証がおこなわれました。

12か月間の検証の結果、重度の喘息発作を発症した割合は
吸入ステロイド4倍量まで使用可能群:420例(45%)
増量を行わない群:484例(52%)

喘息増悪時に吸入ステロイドを4倍投与する自己管理計画

ハザード比としては自己管理でステロイド吸入を4倍量まで使用すると、重度の喘息増悪のリスクを19%低下させることができるという結果となりました。

吸入ステロイドの局所効果に関する副作用の割合は4倍使用群で高くなっています。

筆者らは結論として喘息コントロールが悪化し始めた時に吸入ステロイドの用量を一時的に4倍量まで自己管理調節することは喘息の増悪率を低下させることができるとまとめています。

国内で使用されている喘息吸入薬の中でいわゆる発作時として処方される薬にはサルタノールインヘラーやメプチンエアーのような短時間型のβ2刺激薬があります。

ステロイドを含む吸入薬の中で「喘息発作発現時の頓服」としての適応を有している薬剤には“シムビコート“だけです。(2018年3月現在)

私の学生時代は“ステロイド吸入は予防薬、短時間β2作動薬は発作治療薬”と習ったものですが、古い記憶は、どんどん新しい情報に切り替えていかねばならないなぁと感じました。

小児がステロイド軟膏をなめる、食べるとどうなるか
プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について

-気管支喘息治療薬
-吸入ステロイドを4倍, 喘息増悪, 気管支喘息, 発作時に吸入ステロイド, 自己管理計画

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

yakka-syusai-15-hinmoku

新薬15製品(15成分22品目)が薬価収載される(2018年4月11日)

新薬15製品(15成分22品目)が薬価収載される(2018年4月11日)   厚生労働省の中央社会保険医療協議会は2018年4月11日、新薬15製品(15成分22品目)を薬価収載することを公 …

asthma

アドエアのジェネリック医薬品Wixela InhubをFDAが承認

目次 アドエアのジェネリック医薬品が発売されない理由/Wixela Inhub承認の経緯米国FDAはアドエアのジェネリック医薬品Wixela Inhubを承認結論吸入器の特許について吸入薬の薬価につい …

lymparza-durgs

気管支喘息治療薬ファランセ皮下注、再発卵巣がん治療薬リムパーザ等が審議予定

気管支喘息治療薬ファランセ皮下注、再発卵巣がん治療薬リムパーザ等が審議予定   厚生労働省の薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会において2017年11月24日に5製品を新薬として承認するかど …

アストラゼネカの吸入器エアロスフィアとは何か

目次 アストラゼネカの吸入器エアロスフィアとは何かエアロスフィアとはまとめ アストラゼネカの吸入器エアロスフィアとは何か aerosphere アストラゼネカからCOPD治療用吸入剤として以下の2種類 …

budeforu-2

シムビコートのジェネリック医薬品ブデホル吸入粉末剤「JG」の効き目について

目次 シムビコートのジェネリック医薬品ブデホル吸入粉末剤「JG」の効き目についてシムビコートとブデホル吸入粉末剤の外観吸入時の送達量について血中濃度について吸入8週時点におけるトラフFEV1値の変化量 …

  google adsense




基礎的医薬品リスト2020年4月

2020年度薬価改定新旧比較データ

2020年6月発売GEリスト(エクセル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!