おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 乳児 抗ヒスタミン剤 自己免疫疾患

ピーナッツアレルギー治療薬が米国(FDA)で承認(対象:4~17歳)

投稿日:

ピーナッツアレルギー治療薬が米国(FDA)で承認(対象:4~17歳)

米国FDAはピーナッツアレルギー治療薬Palforziaを承認したことをホームページに掲載しました。

Palforziaはピーナッツアレルギーの診断が確定した4~17歳を対象とした治療薬です。

ピーナッツアレルギーとは体の免疫が、少量のピーナッツでさえも、「有害である」と誤認するために生じる疾患です。ヒトによってはごく微量のピーナッツを摂取しただけでも数秒以内に皮膚反応(蕁麻疹・発疹)や消化器不快感(嘔吐・下痢)、呼吸苦などを生じる可能性があります。

Palforziaはピーナッツ由来の粉末であり、最初は少ない量から摂取して、徐々にその量をふやして体を慣らしていこうということを目的にした製剤です。

Palforziaは初回投与量(一番少ない量)を摂取後、1日ごとに服用量をふやしていき、11段階にわけて薬を徐々に増やしていきます。治療中はアナフィラキシーショックを含む重篤なアレルギー反応を起こす可能性がありますので、治療は専門の医師の管理下のもとで行われます。

ピーナッツアレルギー治療薬Palforziaについて

ピーナッツアレルギー患者500人を対象とした治験データ(対象:米国・カナダ・ヨーロッパ)によるとPalforzia療法を6か月間おおなった被験者に対して、ピーナッツタンパク質600mg(ピーナッツ2粒程度)を食べたところ、67.2%で忍容性が確認されました。(軽度のアレルギー症状あり)。一方で、Palforzia治療を行わなかったピーナッツアレルギー患者では4%しか忍容性がしめされませんでした。

注:Palforzia療法における維持療法ではピーナッツタンパク質300mgが投与されていました。

palforzia

palforzia

 

副作用

Palforzia療法における安全性について

腹痛・嘔吐・吐き気・かゆみ(口・耳)

咳・鼻水・喉の刺激

蕁麻疹・喘息・アナフィラキシー

などが報告されています。

また、コントロール不良の喘息患者に対してはPalforziaは投与すべきでないとしています。

軟膏が皮膚から吸収されるまでの時間について

-FDA承認, 乳児, 抗ヒスタミン剤, 自己免疫疾患
-Palforzia, ピーナッツアレルギー, 治療薬

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Merislon-antihistamine

メリスロン錠(ヒスタミン類似物質)とH2ブロッカーや抗ヒスタミン剤との併用について

メリスロン錠(ヒスタミン類似物質)とH2ブロッカーや抗ヒスタミン剤との併用について   めまい症で処方されるメリスロン錠にはヒスタミン類似作用があります。   メリスロン錠の開発経 …

febuxostat-allopurinol-gout2

フェブリク錠の心血管リスクはザイロリック錠に対して非劣勢(欧州医薬品庁)

フェブリク錠の心血管リスクはザイロリック錠に対して非劣勢(欧州医薬品庁) 2018年に米国で「フェブリクはザイロリックに比べて心血管リスク20~30%増えるのではないか?(CARES試験)」というう報 …

ivabradine

慢性心不全治療薬“イバブラジン(商品名:プロコララン)を小野薬品が申請/国内第3相試験結果

慢性心不全治療薬“イバブラジン(商品名:プロコララン)を小野薬品が申請/国内第3相試験結果   追記2019年4月5日 日本人の慢性心不全患者254人を対象としたイバブラジンの有効性・安全性 …

type-1-diabates-infant

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告   1998年空2012年に英国で生まれた383万4405人の小児のうち2969人が幼児期に1型糖尿病を発症しています …

fenfluramine

トラベ症候群治療薬「fenfluramine」をFDAが承認

トラベ症候群治療薬「fenfluramine」をFDAが承認   FDAは2020年6月25日、2歳以上のトラベ症候群に伴う発作の治療薬として商品名Fintepla(fenfluramine …