おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 乳児 抗ヒスタミン剤 自己免疫疾患

ピーナッツアレルギー治療薬が米国(FDA)で承認(対象:4~17歳)

投稿日:

ピーナッツアレルギー治療薬が米国(FDA)で承認(対象:4~17歳)

米国FDAはピーナッツアレルギー治療薬Palforziaを承認したことをホームページに掲載しました。

Palforziaはピーナッツアレルギーの診断が確定した4~17歳を対象とした治療薬です。

ピーナッツアレルギーとは体の免疫が、少量のピーナッツでさえも、「有害である」と誤認するために生じる疾患です。ヒトによってはごく微量のピーナッツを摂取しただけでも数秒以内に皮膚反応(蕁麻疹・発疹)や消化器不快感(嘔吐・下痢)、呼吸苦などを生じる可能性があります。

Palforziaはピーナッツ由来の粉末であり、最初は少ない量から摂取して、徐々にその量をふやして体を慣らしていこうということを目的にした製剤です。

Palforziaは初回投与量(一番少ない量)を摂取後、1日ごとに服用量をふやしていき、11段階にわけて薬を徐々に増やしていきます。治療中はアナフィラキシーショックを含む重篤なアレルギー反応を起こす可能性がありますので、治療は専門の医師の管理下のもとで行われます。

ピーナッツアレルギー治療薬Palforziaについて

ピーナッツアレルギー患者500人を対象とした治験データ(対象:米国・カナダ・ヨーロッパ)によるとPalforzia療法を6か月間おおなった被験者に対して、ピーナッツタンパク質600mg(ピーナッツ2粒程度)を食べたところ、67.2%で忍容性が確認されました。(軽度のアレルギー症状あり)。一方で、Palforzia治療を行わなかったピーナッツアレルギー患者では4%しか忍容性がしめされませんでした。

注:Palforzia療法における維持療法ではピーナッツタンパク質300mgが投与されていました。

palforzia

palforzia

 

副作用

Palforzia療法における安全性について

腹痛・嘔吐・吐き気・かゆみ(口・耳)

咳・鼻水・喉の刺激

蕁麻疹・喘息・アナフィラキシー

などが報告されています。

また、コントロール不良の喘息患者に対してはPalforziaは投与すべきでないとしています。

軟膏が皮膚から吸収されるまでの時間について

-FDA承認, 乳児, 抗ヒスタミン剤, 自己免疫疾患
-Palforzia, ピーナッツアレルギー, 治療薬

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

asenapine-tape-schizophrenia

シクレスト舌下錠の有効成分を含む“貼り薬“を久光製薬がFDAへ申請

シクレスト舌下錠の有効成分を含む“貼り薬“を久光製薬がFDAへ申請   久光製薬は統合失調治療薬アセナピンマレイン酸塩の貼り薬タイプ(経皮吸収治療剤)を米国食品医薬品局(FDA)へ新薬承認申 …

Merislon-antihistamine

メリスロン錠(ヒスタミン類似物質)とH2ブロッカーや抗ヒスタミン剤との併用について

メリスロン錠(ヒスタミン類似物質)とH2ブロッカーや抗ヒスタミン剤との併用について   めまい症で処方されるメリスロン錠にはヒスタミン類似作用があります。   メリスロン錠の開発経 …

dry-skin-antihistamine

乾燥肌(ドライスキン)に対して抗ヒスタミン剤が処方されない理由について

目次 乾燥肌(ドライスキン)に対して抗ヒスタミン剤が処方されない理由について1:乾燥肌(ドライスキン)症状の詳細について2:神経線維の伸び縮に影響を及ぼす神経成長因子NGFとセマフォリン3Aについて3 …

感音難聴治療薬FX-322について

感音難聴治療薬FX-322について   感音難聴治療薬FX-322の開発および独占権をアステラスが取得したことを公開しました。 感音難聴治療薬FX-322は米国で第1/2相臨床試験が完了した …

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)   国立研究開発法人 国立がん研究センター先進医療・費用対効果評価室は「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品・適応の …