おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品発売開始 抗がん剤

イメンドカプセルのジェネリック医薬品「アプレピタントカプセル」について

投稿日:

イメンドカプセルのジェネリック医薬品「アプレピタントカプセル」について

 

2019年12月、イメンドカプセルのジェネリック医薬品「アプレピタントカプセル125mg/80mg」が沢井製薬と日本化薬から発売されました。

 

沢井製薬株式会社と日本化薬株式会社はアプレピタントカプセルを共同開発しており、安定性試験、生物学的同等性試験を実施し、共同グループとして実施したデータを共有しておりますので、この2社が発売した製品は同一製品と言えます。(外観包装は異なりますので、見た目は違います)以下に先発品のイメンドカプセルと後発品の比較データを記します。

 

イメンドカプセルとアプレピタントカプセル「サワイ」を比較

添加物

125mg製剤、80mg製剤ともに先発と後発の添加物は同じです。

 

カプセルのサイズ

イメンドカプセル125mg:カプセルサイズ1号(19.3㎜)

アプレピタントカプセル125mg:カプセルサイズ2号(17.8㎜)

 

イメンドカプセル80mg:カプセルサイズ2号(17.8㎜)

アプレピタントカプセル80mg:カプセルサイズ3号(15.8㎜)

 

カプセルサイズは後発品の方がひと回り小さいサイズとなっておりますので、先発と比べて飲みやすい剤形となっています。

 

薬物動態(効き目)

イメンドカプセル125mgを飲んだときに体内に取り込まれる総量(AUC)を100%とすると、アプレピタントカプセル125mgは96%程度の吸収率であることが報告されています。

服用後の最高血中濃度(Cmax)については、イメンドカプセル125mgを飲んだ時を100%とすると、アプレピタントカプセル125mgでは93%程度の最高血中濃度を示しています。

APREPITANT

APREPITANT

値段(2019年時点)

イメンドカプセル125mg:4998.7円

イメンドカプセル80mg:3408.9円

 

アプレピタントカプセル125mg:2025.1円

アプレピタントカプセル80mg:1381円

 

 

ここまでのデータより、アプレピタントカプセルは先発と比べて、カプセルサイズが小さく、値段が半額以下であり、薬物動態(効き目)は、先発とほぼ同等であることかがわかります。

 

販売包装に関しては、先発品のイメンドカプセル125mgが3カプセル(PTP)包装を発売していたのに対して、後発品のアプレピタントカプセル125mgでは6カプセル(PTP)包装が最小包装であるため、医薬品を購入する病院や薬局にとっては包装単位が気になるところかもしれません。

2019年12月発売のジェネリック医薬品リスト公開(2019年8月15日薬価追補収載品)

-ジェネリック医薬品発売開始, 抗がん剤
-アプレピタントカプセル, イメンド, サワイ, ジェネリック

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CRESTOR-ROSUVASTATIN

ロスバスタチン錠とクレストール錠の適応症問題について

ロスバスタチン錠とクレストール錠の適応症問題について クレストール錠、クレストールOD錠の適応症は ・高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症 という2つです。 AG薬であるロスバスタチン錠「 …

LEUCON-effect

ロイコン錠の効能効果(効き目)をしっかり患者様へお伝えする

目次 ロイコン錠の効能効果(効き目)をしっかり患者様へお伝えする~薬理作用・薬物動態~まとめ ロイコン錠の効能効果(効き目)をしっかり患者様へお伝えする ロイコン錠は抗がん剤治療や放射線治療後の一時的 …

Breast-cancer-risk

出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなる

目次 出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなるエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんの発症リスクに関してエストロゲン受容体(ER)陰性乳がんの発症リスクに関して乳がん発症リスクまとめ 出産5 …

foundation-One-CDx

がん遺伝子パネル検査FoundationOneCDxとは

目次 がん遺伝子パネル検査FoundationOneCDxとはがん遺伝子パネル検査とは保険適用された「がん遺伝子パネル」FoundationOneCDxとはFoundationOneCDxによるコンパ …

cost-down-yakka

値引き率が大きいと薬価が引き下げられる薬価改定の仕組みを考慮して後発医薬品を選定する方法

値引き率が大きい品目は統一名収載となる薬価改定の仕組みを考慮して後発医薬品を選定する方法   同日発売の後発医薬品であっても、価格乖離(値引き率の大きさ・市場実勢価格)の大きい品目は、翌薬価 …