おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品発売開始 抗がん剤

イメンドカプセルのジェネリック医薬品「アプレピタントカプセル」について

投稿日:

イメンドカプセルのジェネリック医薬品「アプレピタントカプセル」について

 

2019年12月、イメンドカプセルのジェネリック医薬品「アプレピタントカプセル125mg/80mg」が沢井製薬と日本化薬から発売されました。

 

沢井製薬株式会社と日本化薬株式会社はアプレピタントカプセルを共同開発しており、安定性試験、生物学的同等性試験を実施し、共同グループとして実施したデータを共有しておりますので、この2社が発売した製品は同一製品と言えます。(外観包装は異なりますので、見た目は違います)以下に先発品のイメンドカプセルと後発品の比較データを記します。

 

イメンドカプセルとアプレピタントカプセル「サワイ」を比較

添加物

125mg製剤、80mg製剤ともに先発と後発の添加物は同じです。

 

カプセルのサイズ

イメンドカプセル125mg:カプセルサイズ1号(19.3㎜)

アプレピタントカプセル125mg:カプセルサイズ2号(17.8㎜)

 

イメンドカプセル80mg:カプセルサイズ2号(17.8㎜)

アプレピタントカプセル80mg:カプセルサイズ3号(15.8㎜)

 

カプセルサイズは後発品の方がひと回り小さいサイズとなっておりますので、先発と比べて飲みやすい剤形となっています。

 

薬物動態(効き目)

イメンドカプセル125mgを飲んだときに体内に取り込まれる総量(AUC)を100%とすると、アプレピタントカプセル125mgは96%程度の吸収率であることが報告されています。

服用後の最高血中濃度(Cmax)については、イメンドカプセル125mgを飲んだ時を100%とすると、アプレピタントカプセル125mgでは93%程度の最高血中濃度を示しています。

APREPITANT

APREPITANT

値段(2019年時点)

イメンドカプセル125mg:4998.7円

イメンドカプセル80mg:3408.9円

 

アプレピタントカプセル125mg:2025.1円

アプレピタントカプセル80mg:1381円

 

 

ここまでのデータより、アプレピタントカプセルは先発と比べて、カプセルサイズが小さく、値段が半額以下であり、薬物動態(効き目)は、先発とほぼ同等であることかがわかります。

 

販売包装に関しては、先発品のイメンドカプセル125mgが3カプセル(PTP)包装を発売していたのに対して、後発品のアプレピタントカプセル125mgでは6カプセル(PTP)包装が最小包装であるため、医薬品を購入する病院や薬局にとっては包装単位が気になるところかもしれません。

2019年12月発売のジェネリック医薬品リスト公開(2019年8月15日薬価追補収載品)

-ジェネリック医薬品発売開始, 抗がん剤
-アプレピタントカプセル, イメンド, サワイ, ジェネリック

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ATOMOXETINE-generic

ストラテラカプセルのジェネリック医薬品“アトモキセチン”の各社比較データ

目次 ストラテラカプセルのジェネリック医薬品“アトモキセチン”の各社比較データストラテラカプセルの特徴2018年12月発売のジェネリック医薬品についてアトモキセチンカプセル「日医工」アトモキセチンカプ …

Lamictal-Lamotrigine-generic

ラミクタール錠のジェネリック医薬品“ラモトリギン錠”5社の添加物比較

目次 ラミクタール錠のジェネリック医薬品“ラモトリギン錠”5社の添加物比較~先発とジェネリック医薬品との違い~~5社から発売されるジェネリック医薬品の特徴~ ラミクタール錠のジェネリック医薬品“ラモト …

LEUCON-effect

ロイコン錠の効能効果(効き目)をしっかり患者様へお伝えする

目次 ロイコン錠の効能効果(効き目)をしっかり患者様へお伝えする~薬理作用・薬物動態~まとめ ロイコン錠の効能効果(効き目)をしっかり患者様へお伝えする ロイコン錠は抗がん剤治療や放射線治療後の一時的 …

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)

海外承認済み、国内では未承認の抗がん剤の薬剤費(2018年4月公開)   国立研究開発法人 国立がん研究センター先進医療・費用対効果評価室は「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品・適応の …

Zyprexa-stomac-pain

ジプレキサが「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応症を取得

ジプレキサが「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応症を取得   2017年12月26日、ジプレキサ錠・ザイディス錠・細粒に 「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等 …

  google adsense




基礎的医薬品リスト2020年4月

2020年度薬価改定新旧比較データ

2020年6月発売GEリスト(エクセル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!