おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗うつ薬 抗不安薬

デパスやソラナックスの抗不安作用を患者様へお伝えする

投稿日:2019年4月17日 更新日:

デパスやソラナックスの抗不安作用を患者様へお伝えする

 

デパスやソラナックスなどのベンゾジアゼピン系薬剤を“不安時”に頓服するような処方を心療内科領域の処方で目にすることがあります。私は薬学部での授業でベンゾジアゼピン系の薬剤は催眠・鎮静・抗不安・抗痙攣・筋弛緩などの作用がある薬であると教わっていたのですが、どうしてそのような作用があるのかまでは、具体的に調べたことがありませんでした。そこでベンゾジアゼピン系薬剤の抗不安作用について調べてみました。

ベンゾジアゼピン系薬剤

ソラナックスやデパスなどの薬剤は神経の興奮を制御する働きがあります。具体的にはソラナックスがGABA(A)受容体にくっつき、さらにGABAが受容体にくっつくことで塩化物イオンというマイナスのイオンがどんどん流入するようになって興奮が抑えられるという仕組みです。

 

上記の作用によって興奮が抑えられるため、ソラナックスを飲むと眠くなったり(催眠作用)、体のこわばりが解消したり(筋弛緩作用)することがわかります。抗不安作用についても“興奮を抑える”ことが効き目となるのですが、このあたりを患者様に具体的にお伝えする言葉を考えてみました。

デパス・リーゼ・ソラナックス・ワイパックス・レキソタンの安定剤として効き目を薬物動態から考える

ベンゾジアゼピン系薬剤の抗不安作用について

 

脳の中の偏桃体(へんとうたい)と呼ばれる部分が感情をコントロールする役割を担っており、情動・感情・短期記憶の処理作業を行っています。特に感情コントロールにおいて不安や緊張・恐怖といった負の感情に対して偏桃体の反応が大きくなることが示されています。

 

ソラナックスなどのベンゾジアゼピン系薬剤が不安を抑える効果には2つのルートが報告されています。1つ目は皮質・海馬に作用して興奮を抑え(塩化物イオンの流入を促して興奮を抑えます)、その下流にある偏桃体への感情が流入することを抑制することで不安を解消するはたらきです。

etizoram-yakureki

etizoram-yakureki

海馬からの視覚・嗅覚・過去の記憶といった情報を偏桃体が受け取って、偏桃体が“好き嫌い”を判断するのでが、偏桃体における不安・緊張・恐怖といった感情が長く続く不安・うつといった症状につながることがあります。ベンゾジアゼピン系薬剤の抗不安を使用すると皮質・海馬からの情報量が抑制されますので、偏桃体における判断材料が減少して不安感が解消されます。

 

2つ目のルートは偏桃体自体にベンゾジアゼピン系薬剤が作用して、偏桃体の興奮を抑える(塩化物イオンを流入させること)ことで、不安や恐怖といった思考にブレーキをかけて抗不安作用を示すルートです。

 

不安やうつ症状の発症メカニズムとして、強い不安・恐怖・緊張が続くと偏桃体が過剰に活動してストレスホルモンが分泌されて神経細胞が委縮し、脳内の情報伝達に不備が生じて“うつ病”が発現すると考えられています。

まとめ

ソラナックス・デパスは視覚や聴覚から得た情報や過去の記憶を偏桃体に伝える流れを抑制することで、感情を作り出す偏桃体に流れる情報源を減らして不安効果を軽減させる。

 

また、偏桃体自体にも作用して思考にブレーキをかけて不安感情・恐怖感情を抑制する

 

上記の効果を踏まえますと、ソラナックスやデパスを飲んだ場合に一時的に起こる“健忘

(ものわすれ)“も、薬理作用として説明できるのかなぁと思います。(個人的な感想です)

 

私の個人的なイメージですが、大脳皮質・海馬からの情報(目で見たこと、耳で聞いたこと、におい、感覚)に関する情報を偏桃体へ伝えるルートを、デパス・ソラナックスが一時的に抑制します(4~6時間程度でしょうか)。そのため五感で得た情報が感情に変換さえにくくなるため、客観的事実を経験として記憶しにくくなる=健忘(ものわすれ)という思考回路になる可能性があるのかなぁと想像します。

ベンゾジアゼピン系薬剤の抗不安の薬理作用

 

-抗うつ薬, 抗不安薬
-ソラナックス, デパス, ベンゾジアゼピン系薬剤, 作用, 効き目, 抗不安効果

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

depression-S-812217

抗うつ剤の新規作用機序“GABAA受容体ポジティブアロステリックモジュレーター”(治験コード番号:S-812217)

目次 抗うつ剤の新規作用機序“GABAA受容体ポジティブアロステリックモジュレーター”(治験コード番号:S-812217)S-812217の製品特性GABAA 受容体に対するポジティブアロステリックモ …

dementia-Anticholin

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する   抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大するというデータをイギリスの研究チームが公開しました。報告によると、抗コリン薬を「う …

2018-8-15-generic-drugs

2018年8月15日承認、12月発売予定の後発医薬品リスト(2018年8月15日承認)

目次 2018年8月15日承認、12月発売予定の後発医薬品リスト(2018年8月15日承認)2018年12月発売のGEリスト2018年12月発売のGEリスト 2018年8月15日承認、12月発売予定の …

anti-anxiety-drugs-comarison

全般性不安障に対する効き目22剤を比較

全般性不安障に対する効き目22剤を比較   成人の全般性不安障害に対する薬剤の効き目について有効性と忍容性(副作用が少なく長く飲み続けることができるか)に関するデータが公開されました。 fu …

VPA-VPAR

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法

目次 デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法結論調剤過誤パターンデパケンR錠200mgとデパケン錠200mgの外来使用量(H28年4月~H29年3月)デパケン錠20 …

  google adsense




2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!