おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗うつ薬

抗うつ治療装置“頭部磁気刺激治療装置「ニューロスター」”を帝人ファーマが販売(保険適用)

投稿日:

抗うつ治療装置“頭部磁気刺激治療装置「ニューロスター」”を帝人ファーマが販売(保険適用)

 

帝人ファーマが抗うつ治療を目的とした装置「頭部磁気刺激治療装置「ニューロスター」の販売を開始しました。

neurostar-TMS

neurostar-TMS

ニューロスターによる治療は、いわゆる歯医者さんの治療台のような長椅子に座り、頭部(左背外側前頭前野)に電磁刺激を与えて神経伝達物質の放出を促し、脳内を活性化させるという治療です。約40分間の治療を週5回、合計20~30回行うことで、うつ症状の軽減・消失を目的とした治療です。(保険治療は6週間・合計30回まで)

 

ニューロスターによる抗うつ治療は保険適用であり1回1200点(自己負担3割の方で3600円)という額で受けられます。

 

米国では2008年にうつ病の治療装置として認可されており、治療実績がある装置と記されておりましたので米国における使用実績・有害事象に関する情報を調べてみました。

米国におけるニューロスターの報告例について

 

被験者:大うつ病患者301人(1種類の抗うつ薬治療がうまくいかなかった方)

 

ニューロスターによる治療:4~6週間にわたって、週5回治療を行った。

 

結果

ハミルトンうつ病評価尺度による評価では、6週間の治療後50%以上の改善が認められた割合は54%、6週間の治療後にハミルトンうつ病評価尺度が11未満となった割合は33%という結果が出ています。

 

個人差はあるのかもしれませんが、治療を終えて4~6か月後にはうつ症状が再発が起こる可能性も示されており、米国では再発した場合は主治医が治療を延長するかどうか検討する流れとなっています。(日本国内での保険適用期間は6週間とされています)

 

ニューロスターによる治療の有効率に関しては、薬剤耐性が低いほど改善率が高いということが報告されておりますので、薬による薬物治療がうまくいく“うつ患者さん”はニューロスターによる治療も有効かもしれません。

ニューロスター使用実績

 

有害事象

 

治療群:92人

頭痛(32例)、刺激部分の不快感(18例)、不眠症(7例)

 

プラセボ群:

頭痛(23例)、刺激部分の不快感(10例)、不眠症(10例)

 

という副作用報告がなされていますが、有害事象の発現率は治療群とプラセボとで有意差がないと報告されています

ニューロスターの効果・有効率・有害事象報告

第二世代抗うつ薬(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト・リフレックス・イフェクサー)のちょうどいい服用量とは?

ニューロスター治療装置の取扱説明書

 

-抗うつ薬
-ニューロスター, 副作用, 効果, 抗うつ治療装置, 有効率

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Mirtazapine-generic-drugs

リフレックス/レメロン錠のジェネリック医薬品ミルタザピン錠の製剤比較

目次 リフレックス/レメロン錠のジェネリック医薬品ミルタザピン錠の製剤比較トラムセットのGEの薬物動態比較ミルタザピンOD錠の比較トラムセットのGEの薬物動態比較ミルタザピン錠(普通錠)の比較トラムセ …

pristiq-desvenlafaxine

抗うつ剤デスベンラファキシンの開発を再開/デスベンラファキシンとイフェクサーの比較

目次 抗うつ剤デスベンラファキシンの開発を再開/デスベンラファキシンとイフェクサーの比較デスベンラファキシンについてデスベンラファキシンとイフェクサーSRとの違いデスベンラファキシンの開発が中止してい …

depression-S-812217

抗うつ剤の新規作用機序“GABAA受容体ポジティブアロステリックモジュレーター”(治験コード番号:S-812217)

目次 抗うつ剤の新規作用機序“GABAA受容体ポジティブアロステリックモジュレーター”(治験コード番号:S-812217)S-812217の製品特性GABAA 受容体に対するポジティブアロステリックモ …

optimal-dose-SSRI

第二世代抗うつ薬(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト・リフレックス・イフェクサー)のちょうどいい服用量とは?

目次 第二世代抗うつ薬(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト・リフレックス・イフェクサー)のちょうどいい服用量とは?抗うつ剤として調査された薬有効性・忍容性が示された最適許容量セロトニン再取り込み阻害 …

2018-8-15-generic-drugs

2018年8月15日承認、12月発売予定の後発医薬品リスト(2018年8月15日承認)

目次 2018年8月15日承認、12月発売予定の後発医薬品リスト(2018年8月15日承認)2018年12月発売のGEリスト2018年12月発売のGEリスト 2018年8月15日承認、12月発売予定の …