おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

タミフルドライシロップが入手困難のためタミフルカプセルを脱カプセルしてください(2023/11/11)

投稿日:2023年11月11日 更新日:

タミフルドライシロップが入手困難のためタミフルカプセルを脱カプセルしてください(2023/11/11)

インフルエンザが流行し、タミフルドライシロップ・オセルタミビルドライシロップが入手困難となっています。

厚生労働省は、保険医療機関および保険薬局に対し、「タミフルカプセルを脱カプセルして賦形剤を加えて調剤し、「院内製剤加算/自家製剤加算」を算定してよいルール」を疑義解釈で公開しました。

疑義解釈その60「タミフルカプセルを脱カプセルして自家製剤加算を算定してよい」

疑義解釈内容

問1

インフルエンザが流行している状況下で、オセルタミビルリン酸塩のドライシロップ製剤の供給が限定されているため、保険薬局において同製剤が不足し、処方への対応が困難な際に、薬剤師が、処方医と相談の上、カプセル剤を脱カプセルし、賦形剤を加えるなどして調剤した場合、自家製剤加算を算定できるのか。

 

(答)

「オセルタミビルリン酸塩ドライシロップの在庫逼迫に伴う協力依頼」(令和5年 11 月8日付け厚生労働省医政局医薬産業振興・医療情報企画課
事務連絡)の記の3において、「医療機関及び薬局におかれては、オセルタミビルリン酸塩ドライシロップが不足している状況にあっても、当該品目を処方又は調剤する必要がある場合には、オセルタミビルリン酸塩カプセルを脱カプセルし、賦形剤を加えるなどの調剤上の工夫を行った上での調剤を検討いただきたいこと。」とされているなか、やむをえず当該対応を実施した場合には、自家製剤加算を算定して差し支えない。なお、このような場合には、レセプトの摘要欄に「オセルタミビルリン酸塩ドライシロップ製剤の不足のため」等のやむを得ない事情を記載すること。また、この場合の薬剤料については、オセルタミビルリン酸塩カプセルの実際の投与量に相当する分(例えば、5日間でオセルタミビルとして合計
262.5mg投与する場合は、オセルタミビルリン酸塩カプセル75mgの3.5カプセル分)を請求するものとする。

日本ケミファ「医薬品供給状況公開」(2023/11/14)

0.5カプセル分かぁ・・・脱カプセルした粉を0.01g単位まで計量して半分使用しますか。

タミフルカプセルを3.5カプセル分保険請求すると・・・・残りの0.5カプセル分は、どうしましょうね。捨てると損ですので遮光保管しておきますか。小児科の門前でタミフル脱カプセルが頻回処方される調剤薬局ならば無駄にはならないでしょうかね。

また、タミフルドライシロップが入荷できないため、5歳以上のインフルエンザ患者に対しては、吸入薬の処方を検討してほしいことが厚生労働省より強力依頼がでています。

datu-kapuseru

datu-kapuseru

 

 

 

-抗インフルエザ治療薬

執筆者:ojiyaku

関連記事

baloxavir-oseltamivir

ゾフルーザ錠とタミフルカプセルの併用について(マウスモデル)

ゾフルーザ錠とタミフルカプセルの併用について(マウスモデル)   先日、ゾフルーザ錠の耐性菌が出現しているニュースが報道されました。耐性菌の発生率については、まだまだ低いようですが、ゾフルー …

cough

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか 国内で使用できる抗インフルエンザ薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタがあります。海外ではタミフル …

flumist

国内初、鼻腔噴霧インフルエンザ弱毒性ワクチン「フルミスト点鼻液」が開発から6年半を経て承認された理由

国内初、鼻腔噴霧インフルエンザ弱毒性ワクチン「フルミスト点鼻液」が開発から7年を経て承認された理由 第一三共が英国アストラゼネカの子会社「メディミューン」から、日本国内での開発・販売権を取得して201 …

influenza-Abnormal-behavior

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする   厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会においてインフルエンザ様疾患罹患時に見られる異常行動と服用 …

xofluza-fda

米国:インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」を承認・発売へ/B型インフルエンザへの優位性

米国:インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」を承認・発売へ/B型インフルエンザへの優位性   日本では2018年3月に発売開始となったインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」ですが、アメリカFDAでも …

  google adsense




2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年4月薬価改定 新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

how-to-work

薬剤師の育成について

how-to-bring-upo

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト




how-to-work