おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬と異常行動の関係

投稿日:2018年11月6日 更新日:

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬と異常行動の関係

 

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザ薬の有無と異常行動に関する集計が報告されました。

結論

これまで同様に、抗インフルエンザウイルス薬の種類、使用の有無と異常行動については、特定の関係に限られるものとではないと考えられた。抗インフルエンザウイルス薬の処方の有無に関わらず、インフルエン ザ発症後の異常行動に関して、注意喚起を行うこと。

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬の有無と異常行動について

重度の異常な行動の服用薬別の報告件数

タミフル:3件(12件)

アセトアミノフェン:35件(20件)

リレンザ:16件(8件)

 イナビル:26件(15件)

ゾフルーザ:2件(1件)

ラピアクタ:2件(1件)であり

 これらの医薬品の服用がなかったのは:16件(12件)

 

( )の件数は 、突然走りだす・飛び降りの内数です。

インフルエンザ治療薬“ゾフルーザ錠”が3月14日発売

2017-2018influenza

2017-2018influenza

異常行動発現頻度

 

年齢:9歳、13歳で異常行動発現頻度が一番高い

 

年齢:男性63%、女性37%

 

最高体温平均値:39度

 

発熱から異常行動発現までの日数:発熱後1日以内(24%)、2日目(50%)、3日目(21%)

 

ワクチン接種の有無:無し(68%)、1回(13%)、2回(19%)

異常行動と睡眠の関係

異常行動が眠りから覚めて直ぐに起こった(61%)

異常行動は覚醒していて徐々に起こった(22%)

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬の有無と異常行動について

インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告(2018年1月18日)

-抗インフルエザ治療薬
-イナビル, インフルエンザ, ゾフルーザ, タミフル, ラピアクタ, リレンザ, 十代, 寝起き, 異常行動

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

cap-nuclease-inhibitor

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用 2017年7月24日、塩野義製薬は1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬の開発に関して、第Ⅲ相臨床 …

influenza-diarrhea

インフルエンザと下痢について

目次 インフルエンザと下痢についてインフルエンザウイルスと検便について下痢についてインフルエンザウイルスが下痢を誘発する機序まとめ インフルエンザと下痢について   先日、私と私の息子がイン …

infant-influenza

米国におけるインフルエンザによる小児の死亡率

米国におけるインフルエンザによる小児の死亡率 2010年月から2016年9月までの期間、米国に置いてインフルエンザにより亡くなった小児に関するデータが報告されました。 2010年10月〜2016年9月 …

XOFLUZA

1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠(バロキサビルマルボキシル)」が 承認審査(治験薬記号:S-033188)

目次 1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠(バロキサビルマルボキシル)」が承認審査(治験薬記号:S-033188)ゾフルーザ錠の薬理作用について 1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ …

influenza-Abnormal-behavior

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする

目次 インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする~NDBデータ解析~・服用薬剤と異常行動報告数 インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする   厚生労働省の薬事・食品衛生審議 …