おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬と異常行動の関係

投稿日:2018年11月6日 更新日:

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬と異常行動の関係

 

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザ薬の有無と異常行動に関する集計が報告されました。

結論

これまで同様に、抗インフルエンザウイルス薬の種類、使用の有無と異常行動については、特定の関係に限られるものとではないと考えられた。抗インフルエンザウイルス薬の処方の有無に関わらず、インフルエン ザ発症後の異常行動に関して、注意喚起を行うこと。

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬の有無と異常行動について

重度の異常な行動の服用薬別の報告件数

タミフル:3件(12件)

アセトアミノフェン:35件(20件)

リレンザ:16件(8件)

 イナビル:26件(15件)

ゾフルーザ:2件(1件)

ラピアクタ:2件(1件)であり

 これらの医薬品の服用がなかったのは:16件(12件)

 

( )の件数は 、突然走りだす・飛び降りの内数です。

インフルエンザ治療薬“ゾフルーザ錠”が3月14日発売

2017-2018influenza

2017-2018influenza

異常行動発現頻度

 

年齢:9歳、13歳で異常行動発現頻度が一番高い

 

年齢:男性63%、女性37%

 

最高体温平均値:39度

 

発熱から異常行動発現までの日数:発熱後1日以内(24%)、2日目(50%)、3日目(21%)

 

ワクチン接種の有無:無し(68%)、1回(13%)、2回(19%)

異常行動と睡眠の関係

異常行動が眠りから覚めて直ぐに起こった(61%)

異常行動は覚醒していて徐々に起こった(22%)

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬の有無と異常行動について

インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告(2018年1月18日)

-抗インフルエザ治療薬
-イナビル, インフルエンザ, ゾフルーザ, タミフル, ラピアクタ, リレンザ, 十代, 寝起き, 異常行動

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

XOFLUZA-resistant

ゾフルーザ耐性インフルエンザウイルスの報告について

ゾフルーザ耐性インフルエンザウイルスの報告について   2018年12月、横浜の小学校にてゾフルーザ錠に対する耐性を獲得したインフルエンザウイルスが報告されました。 横浜で確認された変異型の …

influenza-elderly-people

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる   スペインの研究チームは、65歳以上の高齢者は4シーズン連続してインフルエンザワクチンの予防接種を行うと …

INAVIR-DRY-POWDER-INHALER

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか 国内で使用できる抗インフルエンザ薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタがあります。海外ではタミフル …

influenza-Abnormal-behavior

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする   厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会においてインフルエンザ様疾患罹患時に見られる異常行動と服用 …

influenza-Myocardial-infarction

インフルエンザウイルスに感染すると急性心筋梗塞発症リスクが高まる

インフルエンザウイルスに感染すると急性心筋梗塞発症リスクが高まる   インフルエンザウイルスに感染が確認された後1週間以内は、急性心筋梗塞の発症リスクが高まるという報告がカナダの研究チームに …