おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる

投稿日:2018年1月22日 更新日:

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる

 

スペインの研究チームは、65歳以上の高齢者は4シーズン連続してインフルエンザワクチンの予防接種を行うと、重症化リスクを減少することができると報告しました。

被験者

・65歳以上の入院患者:598人

・65歳以上の集中治療室で入院後に死亡した重症患者群:130人

・プラセボ

4シーズン連続でインフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少できる

結果

4シーズン連続でインフルエンザワクチンを接種すると

・入院するリスクを31%減少させる

・集中治療室へ入院するリスクを74%減少させる

・死亡リスクを70%減少させる

 

ことが報告されました。

新しい抗インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠」のはたらき

非常に興味深いことに、1シーズンのみインフルエンザワクチン接種を行った場合は、インフルエンザによる重症化リスク減少効果は認められませんでした。

 

このことから筆者らは「高齢者は毎年インフルエンザワクチンの予防接種を行うことが重症化リスク軽減につながる」とまとめています。

 

厚生労働省によるインフルエンザワクチンの有効率に関する報告

 「インフルエンザワクチンの有効性」は、ヒトを対象とした研究において、「ワクチンを接種しなかった人が病気にかかるリスクを基準とした場合、接種した人が病気にかかるリスクが、『相対的に』どれだけ減少したか」という指標で示されます。6歳未満の小児を対象とした2015/16シーズンの研究では、発病防止に対するインフルエンザワクチンの有効率は60%と報告されています※2。「インフルエンザ発病防止に対するワクチン有効率が60%」とは、下記の状況が相当します。

 

・ワクチンを接種しなかった方100人のうち30人がインフルエンザを発病(発病率30%)

・ワクチンを接種した方200人のうち24人がインフルエンザを発病(発病率12%)

→ ワクチン有効率={(30-12)/30}×100=(1-0.4)×100=60%

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか

 ワクチンを接種しなかった人の発病率(リスク)を基準とした場合、接種した人の発病率(リスク)が、「相対的に」60%減少しています。すなわち、ワクチンを接種せず発病した方のうち60%(上記の例では30人のうち18人)は、ワクチンを接種していれば発病を防ぐことができた、ということになります。

 

現行のインフルエンザワクチンは、接種すればインフルエンザに絶対にかからない、というものではありません。しかし、インフルエンザの発病を予防することや、発病後の重症化や死亡を予防することに関しては、一定の効果があるとされています。

新しい抗インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠」のはたらき

日本国内において、インフルエンザにより亡くなる方は年間1000人前後、インフルエンザが原因となって肺炎や持病の悪化で亡くなる方は年間1万人前後と報告されております。

インフルエンザワクチンの予防接種を行うことは1シーズンで60%有効率が有しており、高齢者が継続的に予防接種を続けることは重症化リスク低減につながることから、シーズン初めに患者様へインフルエンザワクチンの予防接種を行うことの日本国内において、インフルエンザにより亡くなる方は年間1000人前後、インフルエンザが原因となって肺炎や持病の悪化で亡くなる方は年間1万人前後と報告されております。

意義が明確にお伝えしてもいいのかもしれません。

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

 

-抗インフルエザ治療薬
-インフルエンザワクチン, 有効率60%, 毎年行うと効果的, 重症化リスクを引き下げる

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

influenza-diarrhea

インフルエンザと下痢について

目次 インフルエンザと下痢についてインフルエンザウイルスと検便について下痢についてインフルエンザウイルスが下痢を誘発する機序まとめ インフルエンザと下痢について   先日、私と私の息子がイン …

XOFLUZA

1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠(バロキサビルマルボキシル)」が 承認審査(治験薬記号:S-033188)

目次 1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ錠(バロキサビルマルボキシル)」が承認審査(治験薬記号:S-033188)ゾフルーザ錠の薬理作用について 1回飲みきりインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ …

influenza-Air-infection

インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告(2018年1月18日)

インフルエンザウイルスの空気感染リスクに関しての報告   インフルエンザワクチンは、感染者が呼吸するだけで感染力のあるウイルスが呼気に含まれる、いわゆる「空気感染」する可能性があるという報告 …

cap-nuclease-inhibitor

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用

1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬:キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬の薬理作用 2017年7月24日、塩野義製薬は1回経口飲みきりタイプのインフルエンザ治療薬の開発に関して、第Ⅲ相臨床 …

xofluza-resistant-h3n2

ゾフルーザ錠に対するインフルエンザA(H3N2)の耐性菌率10.9%

目次 ゾフルーザ錠に対するインフルエンザA(H3N2)の耐性菌率10.9%抗インフルエンザ薬耐性検出情報インフルエンザ診断キットではA(3N2)の型までは・・ゾフルーザの耐性率 ゾフルーザ錠に対するイ …

  google adsense




2019年6月GE

2019-06ge

2019-06ge

レクタングル2




ビバンセカプセルとコンサータの比較

vyvance-concerta

タリージェとリリカの比較

タリージェ