おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

ゾフルーザ錠にインフルエンザウイルス感染の予防効果が追加される

投稿日:

ゾフルーザ錠にインフルエンザウイルス感染の予防効果が追加される

インフルエンザ治療薬のゾフルーザ錠20mg・ゾフルーザ顆粒2%分包に「インフルエンザの予防効果」が厚生労働省の薬食審医薬品第二部会(2020/10/30)で追加されました。ただし、12歳未満かつ20kg未満の小児への予防投与は不可となりました。

この理由として、耐性ウイルスの発現状況が考慮された結果としています。

注)ゾフルーザ錠10mgには予防投与の適応はありません。

注)海外においても2020年10月時点で予防投与が承認されている国はありません。

ゾフルーザ錠にはインフルエンザ感染予防効果あり

家族の1人がインフルエンザに感染した時、他の家族がインフルエンザにかからないためとして予防的にタミフルを飲むことがあります。ゾフルーザにも同様の予防効果があるかどうか調査が行われました。インフルエンザに感染した545人(73.6%が12歳未満)の家族752人を対象として、ゾフルーザまたはプラセボ(偽薬)を投与し、10日後のインフルエンザ発症率を評価しています。(ゾフルーザ群:374例、プラセボ群:375例)

注)インフルエンザ感染者の95.6%がインフルエンザAウイルス感染です。

ゾフルーザ錠にはインフルエンザ感染予防効果あり

 

結果

家族がインフルエンザを発症した割合

ゾフルーザ服用群:7例(1.9%)

プラセボ群:51例(13.6%)

 

上記の結果より、家族がインフルエンザに罹った場合、その家族がゾフルーザ錠を予防として服用することで86%のインフルエンザ感染を予防することができたと報告しています。

 

有害事象

ゾフルーザ服用群:22.2%

プラセボ群:20.5%

有害事象について両群間における有意差はありませんでした。

 

尚、ゾフルーザ服用群からは、いわゆる耐性菌としてI38T/Mが10人(2.7%)、E23Kが5人(1.3%)検出されています。

 

ゾフルーザ錠に対するインフルエンザA(H3N2)の耐性菌率10.9%

国立感染症研究所は2019年2月12日、2018/2019シーズンの抗インフルエンザ薬耐性株検出情報を公開しました。

influenza

influenza

(国立感染症研究所ホームページのアクセスが集中する時間帯は閲覧しにくいケースがあります)

 

2018/2019シーズンは2種類のインフルエンザA型が猛威をふるったために、国内では過去最大の感染率となったわけですが、抗インフルエンザ薬の耐性菌の出現率もインターネット上で話題となっていました。

抗インフルエンザ薬耐性検出情報(2018/2019シーズン)

抗インフルエンザ薬耐性検出情報

 

インフルエンザA(H1N1):カッコ内の表記は(耐性株/解析株数)

ゾフルーザ錠:1.4%(1/72)

タミフル:0.2%(1/480)

ラピアクタ:0.2%(1/480)

リレンザ:0%(0/145)

イナビル:0%(0/145)

シンメトレル錠:100%(71/71)

 

インフルエンザA(H3N2(A香港型)):カッコ内の表記は(耐性株/解析株数)

ゾフルーザ錠:10.9%(5/46)

タミフル:0%(0/42)

ラピアクタ:0%(0/42)

リレンザ:0%(0/42)

イナビル:0%(0/42)

シンメトレル錠:100%(46/46)

ゾフルーザ耐性インフルエンザウイルスの報告について(横浜)

インフルエンザB:カッコ内の表記は(耐性株/解析株数)

ゾフルーザ錠:0%(0/6)

タミフル:0%(0/8)

ラピアクタ:0%(0/8)

リレンザ:0%(0/8)

イナビル:0%(0/8)

シンメトレル錠:0%(0/8)

上記の中で目を引くのは、インフルエンザA(H3N2(A香港型))に対するゾフルーザの耐性出現率10.9%(5/46)という数値です。より細かいデータを確認してみたのですが、検出された5件のうち、2件は横浜市衛生研究所(神奈川)による報告で、残り3件は不明でした。そのため耐性株が地域に限局されているのか、広い範囲で拡大しているかは、現状ではわかりません。

インフルエンザと下痢について

インフルエンザ診断キットではA(3N2)の型までは・・

 

インフルエンザの迅速キット「クイックナビ」などでインフルエンザ陽性・陰性を検査するケースが多いかと思うのですが、迅速キットではインフルエンザAの中でH1N1なのかH3N2なのかまではわかりません。

 

インフルエンザ分離・検出・報告数

A(H1N1):1102件

A(H3N2):750件

B:28件

 

報告数としてはH1N1が最も多く、次いでH3N2となっています。しかし実際の直近の情報としては2018年12月インフルエンザシーズンに入った当初A型(H1N1)が猛威をふるい、インフルエンザに罹患した7割の患者さんがH1N1型と報告されております。しかし、2019年1月に入りH1N1型の率が減少してくると、今度はH3N2型の感染率が上昇し、2019年の2月現時点では8割近い患者さんがH3N2型と報告されています。(H1N1型は3割程度です)

ゾフルーザの耐性率

 

A(H1N1)の場合のゾフルーザ耐性率:1.4%(1/72)

A(H3N2)の場合のゾフルーザ耐性率:10.9%(5/46)

3歳児からゾフルーザ錠を飲む方法(はじめての玉の薬“錠剤”を飲む方法)

迅速キットの検査後、インフルエンザA型と判定した後は、

・上記の耐性率の数値

・地域の耐性菌発生率

・A型(H3N2)が流行している

といった指標をもとに、使用する薬剤を判断するかという感じでしょうか。

抗インフルエンザ薬耐性検出情報(2018/2019シーズン)

ゾフルーザ錠のはたらきについて

ゾフルーザ錠を体重80kg以上の方が飲むと自己負担額が3000円を超える

-抗インフルエザ治療薬

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

XOFLUZA80kg

ゾフルーザ錠を体重80kg以上の方が飲むと自己負担額が3000円を超える

ゾフルーザ錠を体重80kg以上の方が飲むと自己負担額が3000円を超える   インフルエンザのシーズンがやってきました。先日、夫婦でインフルエンザにかかった患者様が薬局にいらっしゃいました。 …

influenza-behave

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬と異常行動の関係

2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザウイルス薬と異常行動の関係   2017~2018年シーズンにおける抗インフルエンザ薬の有無と異常行動に関する集計が報告されました。 結論 …

influenza-elderly-people

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる

高齢者は毎年インフルエンザワクチンを接種すると重症化リスクを減少させることができる   スペインの研究チームは、65歳以上の高齢者は4シーズン連続してインフルエンザワクチンの予防接種を行うと …

INAVIR-DRY-POWDER-INHALER

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか 国内で使用できる抗インフルエンザ薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタがあります。海外ではタミフル …

influenza-Abnormal-behavior

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする

インフルエンザと異常行動に関して患者様へお伝えする   厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会においてインフルエンザ様疾患罹患時に見られる異常行動と服用 …