おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗インフルエザ治療薬

ゾフルーザ錠に対するインフルエンザA(H3N2)の耐性菌率10.9%

投稿日:

ゾフルーザ錠に対するインフルエンザA(H3N2)の耐性菌率10.9%

国立感染症研究所は2019年2月12日、2018/2019シーズンの抗インフルエンザ薬耐性株検出情報を公開しました。

(国立感染症研究所ホームページのアクセスが集中する時間帯は閲覧しにくいケースがあります)

抗インフルエンザ薬耐性検出情報(2018/2019シーズン)

ゾフルーザ耐性インフルエンザウイルスの報告について(横浜)

2018/2019シーズンは2種類のインフルエンザA型が猛威をふるったために、国内では過去最大の感染率となったわけですが、抗インフルエンザ薬の耐性菌の出現率もインターネット上で話題となっていました。

 

抗インフルエンザ薬耐性検出情報

 

インフルエンザA(H1N1):カッコ内の表記は(耐性株/解析株数)

ゾフルーザ錠:1.4%(1/72)

タミフル:0.2%(1/480)

ラピアクタ:0.2%(1/480)

リレンザ:0%(0/145)

イナビル:0%(0/145)

シンメトレル錠:100%(71/71)

 

インフルエンザA(H3N2(A香港型)):カッコ内の表記は(耐性株/解析株数)

ゾフルーザ錠:10.9%(5/46)

タミフル:0%(0/42)

ラピアクタ:0%(0/42)

リレンザ:0%(0/42)

イナビル:0%(0/42)

シンメトレル錠:100%(46/46)

 

インフルエンザB:カッコ内の表記は(耐性株/解析株数)

ゾフルーザ錠:0%(0/6)

タミフル:0%(0/8)

ラピアクタ:0%(0/8)

リレンザ:0%(0/8)

イナビル:0%(0/8)

シンメトレル錠:0%(0/8)

インフルエンザと下痢について

 

 

3歳児からゾフルーザ錠を飲む方法(はじめての玉の薬“錠剤”を飲む方法)

上記の中で目を引くのは、インフルエンザA(H3N2(A香港型))に対するゾフルーザの耐性出現率10.9%(5/46)という数値です。より細かいデータを確認してみたのですが、検出された5件のうち、2件は横浜市衛生研究所(神奈川)による報告で、残り3件は不明でした。そのため耐性株が地域に限局されているのか、広い範囲で拡大しているかは、現状ではわかりません。

 

インフルエンザ診断キットではA(3N2)の型までは・・

 

インフルエンザの迅速キット「クイックナビ」などでインフルエンザ陽性・陰性を検査するケースが多いかと思うのですが、迅速キットではインフルエンザAの中でH1N1なのかH3N2なのかまではわかりません。

 

インフルエンザ分離・検出・報告数

A(H1N1):1102件

A(H3N2):750件

B:28件

 

報告数としてはH1N1が最も多く、次いでH3N2となっています。しかし実際の直近の情報としては2018年12月インフルエンザシーズンに入った当初A型(H1N1)が猛威をふるい、インフルエンザに罹患した7割の患者さんがH1N1型と報告されております。しかし、2019年1月に入りH1N1型の率が減少してくると、今度はH3N2型の感染率が上昇し、2019年の2月現時点では8割近い患者さんがH3N2型と報告されています。(H1N1型は3割程度です)

ゾフルーザ錠を体重80kg以上の方が飲むと自己負担額が3000円を超える

ゾフルーザ錠のはたらきについて

ゾフルーザの耐性率

 

A(H1N1)の場合のゾフルーザ耐性率:1.4%(1/72)

A(H3N2)の場合のゾフルーザ耐性率:10.9%(5/46)

 

迅速キットの検査後、インフルエンザA型と判定した後は、

・上記の耐性率の数値

・地域の耐性菌発生率

・A型(H3N2)が流行している

といった指標をもとに、使用する薬剤を判断するかという感じでしょうか。

抗インフルエンザ薬耐性検出情報(2018/2019シーズン)




-抗インフルエザ治療薬

Copyright© おじさん薬剤師の日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.