おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

Antiarrhythmic-drugs-effect

投稿日:2018年8月5日 更新日:

Antiarrhythmic-drugs-effect

Antiarrhythmic-drugs-effect

-

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

one-dose1

1包化予製を調剤薬局でどのように考えるか

1包化予製を調剤薬局でどのように考えるか   予製とは 「錠剤を半錠にしておく」 「約束処方の粉薬のミックスをあらかじめ作っておく」 「PTPシートを28錠、56錠、84錠に輪ゴムでくくって …

fda-clarithromycin

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起   米国食品医薬品局(FDA)は「抗生物質クラリスロマイシンを心疾患患者へ処方する際は、心疾患リスクの増悪または死亡に関してのリスクが …

anti-hypertensive-risk

高血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫ですか?

高血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫ですか?   高血圧の薬を継続してお飲みいただいている方とお話をしていると 「この血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫なの?」 といった感じのお話をいただく …

2-diabete-dpp4-inhibitor

2型糖尿病患者におけるDPP4阻害薬服用が炎症性腸疾患(IBD)リスクを増加させる

  2型糖尿病患者におけるDPP4阻害薬服用が炎症性腸疾患(IBD)リスクを増加させる   2型糖尿病患者さんにおけるDPP4阻害薬の服用が炎症性腸疾患(IBD)の発症リスクを増加 …

INAVIR-DRY-POWDER-INHALER

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか

海外で使用されていないイナビル吸入粉末剤はインフルエンザ治療に効果が「ある」のか「ない」のか 国内で使用できる抗インフルエンザ薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタがあります。海外ではタミフル …

  google adsense




2021年4月1日新旧薬価比較表

2021年4月1日新旧薬価比較表

2021年6月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2021年6月発売のGEリスト(エクセルファイル)