おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ビタミン 乾癬 保湿剤 抗がん剤

エピシル口腔用液は歯科医師が処方する医療機器

更新日:

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

エピシル口腔用液をMeiji Seikaファルマが発売開始

 

化学療法や放射線療法に伴う口内炎で生じる口腔内疼痛の管理および緩和を物理的に緩和する口腔内用液「エピシル口腔用液」を2018年5月16日Meiji Seikaファルマが発売します。エピシル口腔用液は歯科医師に処方権がある医療機器ですので、医師は処方することができません。歯科医師が必要と認めた時に院内で患者様へ使用方法を説明して医療給付する製品です。(保険がききます)

エピシル口腔用液の製造承認取得

平成30年1月医療機器の保険適応リストにエピシル口腔用液は含まれています

エピシル口腔用液とは脂質ベースの液体であり、口腔内に使用すると口腔粘膜を覆う強固な生体密着保護膜を形成する液剤です。口内炎患部を物理的に覆うことで保護することが可能です。医薬品ではないため治療効果はありません。臨床試験の結果では、使用後数分以内に口腔内の疼痛を緩和し、その効果は8時間程度持続することが報告されています。

 

口内炎症状には痛み・違和感・乾燥などの自覚症状がありますが、がん化学療法や放射線療法に伴う口内炎では、口腔内の疼痛により食事が困難になるケースもあります。エピシル口腔用液は、そのようながん治療を受けている方の生活の質を維持するための製品となっています。

 

抗がん剤による口内炎について

口腔内粘膜が再生する周期は10日程度ですので、口内炎は抗がん剤の投与後7~10日程度で発症し、その後2週間程度で改善がみられることが多いです。殺細胞タイプの抗がん剤で口腔内のよく動く場所で口内炎が発生しやすく、分子標的薬では刺激を受けにくい部分(あまり動かない部分)に口内炎ができやすいという特徴があります。

エピシル口腔用液の製造承認取得

平成30年1月医療機器の保険適応リストにエピシル口腔用液は含まれています

放射線治療による口内炎について

頭頚部癌治療における放射線照射治療では、開始から1週間後に口腔内の乾燥や味覚障害は起こり、3週間後に口腔粘膜炎で嚥下困難が生じ、4週間後あたりから徐々に口腔内粘膜炎の影響で疼痛を感じるケースがあります。嚥下時の疼痛は食事が喉を通らないほどの痛みを感じることもあるためエピシル口腔用液などの疼痛緩和製品は非常に有用であると感じます。

 

価格はエピシル口腔用液10ml入りで償還価格7520円となっています。

味はマイルドなペパーミント風味の製品で、保存料は含まれておりません。 麻酔効果なしで口腔内潰瘍やびらん・口内炎が原因となる痛みを和らげる保護膜をつくる製品です。使用における副作用は報告されておりません。

(海外のホームページより引用)

 




-ビタミン, 乾癬, 保湿剤, 抗がん剤
-, , ,

Copyright© おじさん薬剤師の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.