おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗がん剤 遺伝子

がん遺伝子パネル検査FoundationOneCDxとは

投稿日:

がん遺伝子パネル検査FoundationOneCDxとは

 

がん遺伝子パネル検査FoundationOneCDx(中外製薬)とOncoGuideNCCオンコパネルシステム(シスメックス)が2019年5月29日の中央社会保険医療協議会にて保険適用することが了承されました。保険適用額:56万円

foundation-One-CDx-2

foundation-One-CDx-2

TVニュースやヤフーニュースで、がん電子パネル検査が大々的に報じされておりましたが、具体的に何ができるのかを詳しく調べてみました。

がん遺伝子パネル検査とは

 

・標準治療がない固形ガン

・標準治療が終了となった固形ガン

 

上記のがん患者さんに対して、主治医が「化学療法の適応となる可能性が高い」と考えた場合に「がん遺伝子パネル検査」を行うことができます。「がん遺伝子パネル検査」では複数の遺伝子変異を網羅的に把握することができるため、結果を受け遺伝子レベルから見て効果的な化学療法(抗がん剤)を検討するという流れです。

 

保険適用された「がん遺伝子パネル」

 

FoundationOneCDx(中外製薬)

324の遺伝子変異を一度に調べることが可能です。

 

非小細胞肺がん/メラノーマ/乳がん/大腸がん/卵巣がん

 

上記のガンに対しては、がん遺伝子パネル検査の結果から得られたバイオマーカーをもとに、FDAが承認している治療薬について情報提供しています。

FoundationOneCDxという名称の“CDx”とはcompanion diagnostic(コンパニオン診断)という意味合いが含まれています。

 

OncoGuideNCC(シスメックス)

114の遺伝子変異を一度に調べることが可能です。

 

上記の2つの「がん遺伝子パネル」が保険適用となったわけですが、パッと見た感じではFoundationOneCDxの方が多くの遺伝子変異を調べられるのかなぁと個人的には感じたので、以下にFoundationOneCDxの概要を記します。

急性リンパ性白血病治療薬「キムリア」(CART-T療法)が承認されました

FoundationOneCDxとは

 

スイス・ロシュ社傘下のファウンデーション・メディシン社が提供する製品です。日本国内では中外製薬が製造販売の承認を受けておりますので、中外製薬が国内での独占的商業権を有しております。

 

2017年11月に米国FDAに固形ガンに関連する網羅的遺伝子解析検査として承認されており、バイオマーカーを一度に検査することができるためコンパニオン診断として使用されています。

 

具体的な方法としては、患者の固形ガン(肺・乳房・卵巣・メラノーマ・結腸直腸・脳・肝臓・膵臓・甲状腺・膀胱など)から得られたDNAを用いて、324遺伝子について遺伝子変異(置換・挿入・欠損・コピー異常、遺伝子融合など)がおきていないかを検査します。

 

遺伝子に変異が起きている部位について、FDAが承認している薬物療法がある場合はその治療方法を紹介しています(コンパニオン診断)。また、一度の検体採取で多くの情報がえられることから腫瘍部位以外のDNA情報も確認することができ、患者様の負担軽減にもつながります。

 

実施可能な施設は、がんゲノム医療中核拠点病院11施設と、それに準ずる医療機関とされております。

FoundationOneCDxによるコンパニオン診断

 

非小細胞がん

EGFRエクソン19欠損/EGFRエクソン21L858R変異

⇒FDA承認療法:イレッサ、タルセバ、アファチニブ

 

EGFRエクソン20 T790M変異

⇒FDA承認療法:タグリッソ

 

ALK変異

⇒FDA承認療法:アレセンサ、ザーコリ、ジカディア

 

BRAF V600E

⇒FDA承認療法:タフィンラーとメキニストとの併用

 

メラノーマ

BRAF V600E

⇒FDA承認療法:タフィンラー、ゼルボラフ

 

BRAF V600EまたはV600K

⇒FDA承認療法:ゼルボラフとコテリックの併用/ゼルボラフとメキニストの併用

 

乳がん

ERBB2(HER2)遺伝子の増幅(過剰なコピー)

⇒FDA承認療法:ハーセプチン、Kadcyla、Perjeta

 

大腸がん

KRAS wild-type(コドン12と13)

⇒FDA承認療法:アービタックス

 

KRAS  wild-type(エクソン2、3、4)

NRAS  wild-type(エクソン2、3、4)

⇒FDA承認療法:ベクティビックス

 

卵巣がん

BRCA1/2変異

⇒FDA承認療法:ルブラカ

エピシル口腔用液は歯科医師が処方する医療機器

FoundationOneCDxについて

 

-抗がん剤, 遺伝子
-FoundationOneCDx, がん遺伝子パネル検査, 乳がん, 大腸がん, 肺がん

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Breast-cancer-risk

出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなる

目次 出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなるエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんの発症リスクに関してエストロゲン受容体(ER)陰性乳がんの発症リスクに関して乳がん発症リスクまとめ 出産5 …

Zyprexa-stomac-pain

ジプレキサが「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応症を取得

ジプレキサが「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応症を取得   2017年12月26日、ジプレキサ錠・ザイディス錠・細粒に 「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等 …

Lynparza

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示   2018年4月18日、リムパーザ錠100mg/150mgの発売が開始されました。 適応症:白金系抗悪性 …

episil-meiji

エピシル口腔用液は歯科医師が処方する医療機器

目次 エピシル口腔用液をMeiji Seikaファルマが発売開始抗がん剤による口内炎について放射線治療による口内炎について エピシル口腔用液をMeiji Seikaファルマが発売開始   化 …

CD8T-cancer-probiotics

11種類の腸内細菌を飲むことが“がん治療”へつながる可能性について

11種類の腸内細菌を飲むことが“がん治療”へつながる可能性について   慶応義塾大学の研究チームが、がん細胞への治療に11種類の腸内細菌の有用性を見出したことを英科学雑誌natureに報告し …