おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

副作用 抗てんかん薬

アレルギー体質の方がラミクタール錠を飲んだ場合の皮膚疾患の副作用の発現頻度

投稿日:2018年6月9日 更新日:

アレルギー体質の方がラミクタール錠を飲んだ場合の皮膚疾患の副作用の発現頻度

 

ラミクタール錠には比較的頻度の高い副作用として皮膚障害があります。日本人を対象としたデータでは服用後8週間以内に約10~15%の方が発疹などの皮膚障害を訴えたという報告があります(小児における皮膚疾患の発現頻度は25%)。海外の報告ですが、ラミクタール服用によりスティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死症といった重度の皮膚疾患を発症する割合は1000人に1~5人という報告があります。

患者様へ初回にラミクタールをお渡しする際に、皮膚疾患の副作用の可能性についてお伝えすると、「〇〇アレルギーなんですけどラミクタールを飲んでも大丈夫でしょうか?」という質問を受けることがありました。そこでアレルギー体質の方がラミクタールを飲んだ時の副作用の発現頻度について調べてみました。

アレルギー体質の方がラミクタールを飲んだ場合の皮膚疾患発現頻度に差はあるのか

報告データによると、抗てんかん薬であるテグレトール(カルバマゼピン)、ラミクタール、オクノベルを飲んだ時の皮膚過敏症頻度はそれぞれ

ラミクタール:12.1%

テグレトール:5.4%

オクノベル:4.1%

ラミクタール錠のジェネリック医薬品の添加物比較

lamotridgine

lamotridgine

気管支喘息や季節性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー体質の方がラミクタール錠を含む抗てんかん薬を服用した場合に皮膚疾患の副作用が頻度にどの程度変化があるかを確認してみると

気管支喘息率/1.8% VS 0.1%

通年性のアレルギー性鼻炎/ 7.3% VS 10.2%

季節性のアレルギー性鼻炎/7.3% VS 11.7%

アトピー性皮膚炎/ 0% VS 6.4%

特定の食べ物を摂取した後のアレルギー/ 5.4% VS 6.4%

その他のアレルギー/ 5.4% VS 5.2%

上記の結果をうけて筆者らは「抗てんかん薬の服用による皮膚関連の副作用頻度について、他のアレルギー疾患にかかっていることは重大な危険因子とはならない」とまとめています。

 

このデータは750人程度を被験者として行われたデータですので、小規模の臨床データがもとになっています。患者様から「アレルギーをもっているんですけど、ラミクタールを飲んでも大丈夫ですか?」と質問を受けた際は、

 

「750人程度の小規模臨床データによる報告なのですが、喘息やアトピー、鼻炎といったアレルギーを持っていてもラミクタールによる皮膚疾患の副作用発現頻度に差はないという報告があります」という回答が実態に即した答えかなぁと感じました。

 

 

-副作用, 抗てんかん薬
-アトピー, アレルギー体質, ラミクタール, ラモトリギン, 副作用, 皮膚疾患

執筆者:ojiyaku


  1. […] アレルギー体質の方がラミクタール錠を飲んだ場合の皮膚疾患の副作用の発現頻度 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

tic-disorders1

チック症状に対する薬物療法・行動療法について2018年の報告をまとめる

チック症状に対する薬物療法・行動療法について2018年の報告をまとめる   チック症状は子供の10〜20%に見られる疾患で、多くは一過性に消失することが多いと言われています。2018年にチッ …

vpa-neurodevelopmental

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇 フランスで172万人規模の出生時を対象とした報告によると、母親が抗てんかん薬のデパケン(バルプロ酸)を服用した場合、暴露し …

Belsomra-sleeping-pills

ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について

ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について 追記:2018年11月14日 慢性不眠症患者における中等度の筋トレまたはストレッチが睡眠に及ぼす影響について 不眠症患者を対象として中等度の …

New-quinolone-infant-safty?

ニューキノロン系抗菌剤を小児に使用することへの安全性について

ニューキノロン系抗菌剤を小児に使用することへの安全性について   ニューキノロン系抗菌剤は小児に対して「関節障害」が気になるため、クラビットやジェニナックは小児に対して「禁忌」となっています …

Hypokalemia-Erythema-multiforme

重篤副作用マニュアルに「低カリウム血症」、「多形紅斑」が追加

重篤副作用マニュアルに「低カリウム血症」、「多形紅斑」が追加   平成30年5月31日、重篤副作用総合対策検討会が行われ、重篤副作用マニュアルに「低カリウム血症」と「多形紅斑」が新たに追加す …