おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品発売開始 抗ヒスタミン剤 抗生剤

タリオンのAG薬が2018年3月1日発売/リピディルのGEは1月26日発売

投稿日:2018年1月9日 更新日:

タリオンのAG薬が2018年3月1日発売/リピディルのGEは1月26日発売

 

タリオン錠・タリオンOD錠のAG薬(先発品と同じ成分のGE薬)が2018年3月1日にニプロから発売開始となります。

ベポタスチンベシル酸塩錠「タナベ」はAG薬ですので、有効成分・原薬・添加物などが先発品のタリオンと全く同じ後発医薬品です。薬価はタリオンの半額です。

 

タリオン錠5mg・OD錠5mg:38.3円

ベポタスチンベシル酸塩錠5mg「タナベ」・OD錠「タナベ」:19.2円

抗ヒスタミン剤ルパフィンとクラリチンの違い

タリオン錠10mg・OD錠10mg:46.4円

ベポタスチンベシル酸塩錠10mg「タナベ」・OD錠「タナベ」:23.2円

 

パッ見ですがメリスロン錠のジェネリック医薬品

“ベタヒスチンメシル酸塩錠”と“ベポタスチンベシル酸塩錠”が似ている気がするので調剤をするときは注意しようかと思いました。

 

さらに2018年に発売開始となるGEとしては

ルパフィン錠とデザレックス錠の比較

2018年1月10日(水曜日)

グレースビット錠50mgのGE薬“シタフロキサシン錠50mg「サワイ」“が発売開始となります。

特徴

・先発品と錠剤径が同じ(7.7mm)

・シートの裏面に「抗菌剤」という文字が入っている

・グレースビットの薬価が216.7円であるのに対し、GE薬は92.5円と半額以下

2018年1月26日(金曜日)

リピディル/トライコア錠のGE“フェノフィブラート錠53.3/80mg「武田テバ」”が発売開始となります。

特徴

・有効成分フェノフィブラートが水に難溶性であるが、製剤化における溶出性を工夫することで医薬品の開発に成功

・錠剤両面に製品名および含量がレーザー印字されている

・フェノフィブラート錠53.3mg「武田テバ」は先発品に比べてPTPシートが小さい

・フェノフィブラート錠53.3/80mgの外観はいずれもリピディルに似ている

薬価

リピディル/トライコア錠53.3mg:28.4円

フェノフィブラート錠53.3mg:16.7円

リピディル錠80mg:37円

トライコア錠80mg:36.9円

フェノフィブラート錠80m「武田」:21.8円

 

フェノフィブラート錠「武田テバ」の薬価に関しては、既に収載されているフェノフィブラートカプセル67mg/100mg「KTB」を参考に設定されています。

抗ヒスタミン剤ルパフィンとクラリチンの違い

ルパフィン錠とデザレックス錠の比較

-ジェネリック医薬品発売開始, 抗ヒスタミン剤, 抗生剤
-2018年ジェネリック医薬品, シタフロキサシン錠「サワイ」, フェノフィブラート錠「武田テバ」, ベポタスチンベシル酸塩錠「タナベ」, 発売日

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

MINOMYCIN-Acne

ニキビ(痤瘡)に対してミノマイシンを長期間使用して良い理由

ニキビ(痤瘡)に対してミノマイシンを長期間使用して良い理由 皮膚科門前の薬局で勤務していると、ニキビ(尋常性痤瘡)治療のためにミノマイシンの処方をよく目にします。ミノマイシンの処方量は患者さんの皮膚状 …

PL-granule-generic

PL配合顆粒のジェネリック医薬品の特徴まとめ

目次 PL配合顆粒のジェネリック医薬品の特徴まとめPL配合顆粒にはPL顆粒のGEの薬物動態比較ピーエイ配合錠マリキナ配合顆粒セラピナ配合顆粒サラザック配合顆粒トーワチーム配合顆粒PL顆粒のGEの薬物動 …

New-quinolone-infant-safty?

ニューキノロン系抗菌剤を小児に使用することへの安全性について

目次 ニューキノロン系抗菌剤を小児に使用することへの安全性についてニューキノロン系抗菌剤による関節障害(筋骨格系毒性)のメカニズム(仮設)シプロキサンクラビットアベロックスオゼックス細粒バクシダール …

lactation-antihistamine

授乳婦と抗ヒスタミン剤について

目次 授乳婦と抗ヒスタミン剤について~アレグラ(フェキソフェナジン)~~クラリチン(ロラタジン)、デザレックス~~ジルテック(セチリジン)、ザイザル(レボセチリジン)~ 授乳婦と抗ヒスタミン剤について …

cost-down-yakka

値引き率が大きいと薬価が引き下げられる薬価改定の仕組みを考慮して後発医薬品を選定する方法

値引き率が大きい品目は統一名収載となる薬価改定の仕組みを考慮して後発医薬品を選定する方法   同日発売の後発医薬品であっても、価格乖離(値引き率の大きさ・市場実勢価格)の大きい品目は、翌薬価 …