おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗ヒスタミン剤

ルパフィン錠10mgとデザレックス5mgの違いについて

投稿日:2017年11月11日 更新日:

ルパフィン錠10mgとデザレックス5mgの違いについて

ルパフィン錠10mgとデザレックス錠5mgは化学構造式上で非常に似た形をしています。今回はルパフィン錠10mgとデザレックス錠5mgの働きを比べてみます。

〜ルパフィン(ルパタジン)錠10mgの特徴〜

・服用後、ルパタジン(未変化体)から活性代謝物のデスロラタジンへ変化する

・ルパタジン(未変化体)のH1受容体に対する阻害定数(Ki):26.2

・デスロラタジン(活性代謝物)のH1受容体に対する阻害定数(Ki):22

・ルパタジンとデスロラタジンの抗ヒスタミン作用は同程度である

・ルパタジンのTmax(0.91hr)、半減期(4.76hr)であることから、服用後すぐに(30分後くらいには)効果が発揮され、その後同等の力価をもつデスロラタジンへと代謝されていく。ルパタジン(未変化体)としては1%程度しか残存しない

・ルパタジン(未変化体)から作られたデスロラタジン(活性代謝物)は半減期が20時間程度あるため効果が持続する。継続服用した時のデスロラタジンのCmax:2.61

抗アレルギー剤ルパフィン錠の販売締結

まとめ
ルパフィン錠10mgを服用すると未変化体のルパタジンが30分程度で抗ヒスタミン効果を発揮する(Cmax:4.62ng/ml)。しかし、ルパタジンは代謝されて姿を消し、その代わりに作られたデスロラタジンが持続的に抗ヒスタミン作用を示す(継続服用時のCmax:2.61ng/ml)。ルパタジンとデスロラタジンの効き目は同じ程度である。

〜デザレックス錠5mg〜

・クラリチン錠10mgの主要活性代謝物(デスロラタジン)を薬にしたもの

・ルパタジンの活性代謝物と同じ成分

・デスロラタジンのTmax(2.75hr)、半減期(22.7hr)であることから、初回服用時の効果発現には時間がかかる

・継続服用した時のデスロラタジンの最高血中濃度(Cmax:4.21ng/ml)です。

 

まとめ
デザレックス5mgを初回服用した時の効果発現には時間がかかる(2時間くらいかかる?)。一方で定期服用する場合の効果は高い。測定条件が異なるので、単純比較は難しいのですが、継続服用した時のデスロラタジンの血中濃度を確認してみると

デザレックス5mg服用後のデスロラタジン:Cmax4.21ng/ml
ルパフィン10mg服用後のデスロラタジン:Cmax2.61ng/ml

と読み取ることができます。半減期はどちらも20時間程度で差異はありません。あくまで測定条件の異なるデスロラタジン濃度の羅列でしかありませんが、長期服用するのであればデザレックス5mgの方が力価た高いように見て取れますが、どうなのでしょうか。(私の主観です)。

デザレックス5mgとルパフィン10mgのそれぞれの特徴を活かすのであれば、頓服薬としてルパフィン10mgを携帯し、通年性や季節性など長期間抗ヒスタミン剤を服用する場合は力価の高いデザレックス5mgを服用するという感じもいいかもしれません。

ルパフィン錠に関しては抗ヒスタミン作用に加えて、抗PAF作用もインタビューフォームでしっかり明記されています。アレジオンやザジテンでも耳にする言葉です。気管支喘息における気管支収縮作用をもつ血小板活性化因子( PAF)の働きを阻害することで気管支喘息を軽減します。そのため喘息発作に追加する抗ヒスタミン剤としては有用な薬剤の一つと考えられます。

ルパフィン錠とクラリチン錠の比較(海外データより)

-抗ヒスタミン剤

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

lactation-antihistamine

授乳婦と抗ヒスタミン剤について

目次 授乳婦と抗ヒスタミン剤について~アレグラ(フェキソフェナジン)~~クラリチン(ロラタジン)、デザレックス~~ジルテック(セチリジン)、ザイザル(レボセチリジン)~ 授乳婦と抗ヒスタミン剤について …

antihistamine-infant-fever-convulsion

抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について

目次 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について抗ヒスタミン剤と熱性けいれん結果 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について &nb …

dry-skin-antihistamine

乾燥肌(ドライスキン)に対して抗ヒスタミン剤が処方されない理由について

目次 乾燥肌(ドライスキン)に対して抗ヒスタミン剤が処方されない理由について1:乾燥肌(ドライスキン)症状の詳細について2:神経線維の伸び縮に影響を及ぼす神経成長因子NGFとセマフォリン3Aについて3 …

the-difference-between-rupafin-and-claritin

抗ヒスタミン剤“ルパフィン錠10mg”とクラリチン錠10mgの違いについて

抗ヒスタミン剤“ルパフィン錠10mg”とクラリチン錠10mgの違いについて 平成29年7月29日に厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、抗ヒスタミン剤“ルパフィン錠10mg(ルパタジ …

KIPRES-SINGULAIR-Atopic-dermatitis

キプレス・シングレア(モンテルカスト)はアトピー性皮膚炎に対して効果があるかどうか

キプレス・シングレア(モンテルカスト)はアトピー性皮膚炎に対して効果があるかどうか   キプレス・シングレア(モンテルカスト)はアトピー性皮膚炎に対する適応症がありません。さらに効果があるか …