おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

パーキンソン病治療薬

抗パーキンソン病治療薬「ヴィアレブ配合持続皮下注」が医薬品として承認されました(2022/11/28)

投稿日:

抗パーキンソン病治療薬「ヴィアレブ配合持続皮下注」が医薬品として承認されました(2022/11/28)

2022年11月25日に行われた厚生労働省の薬食審第一部会にて、抗パーキンソン病治療薬「ヴィアレブ配合持続皮下注」が医薬品として承認されました。

ヴィアレブ配合持続皮下注はパーキンソン病治療の主軸であるレボドパ含有製剤であり、初の皮下注投与製剤です。

24時間持続皮下注入(CSCI)により血液中のドパミン濃度を一定に保ち、パーキンソン病の日内変動を改善する効果が期待されます。

現状では、ドパミンの持続製剤としてはデュオドーパ配合経腸用液という製剤が使用されておりますが、胃ろうを作成して空腸に直接投与する製剤となっていたため、「胃ろう」を作ることに抵抗がある患者さんがおられました。

今回承認された「ヴィアレブ配合持続皮下注」は胃ろう作成などの手術を必要とせず、皮下注にて投与することができることが患者様にとって大きな利点と考えます。

CSCI

CSCI

また、効果についても臨床試験データでは、ジスキネジア(不随意運動)を伴わないON時間の増加について、経口レボドパ/カルビドパ製剤が0.97時間であったのに対して、ヴィアレブ配合持続皮下注では2.72時間の増加が確認されています。

またこのON時間の改善は、投与1週目から認められ、12週間持続したと報告されています。

ヴィアレブ配合持続皮下注の臨床データ

ヴィアレブ配合持続皮下注の薬理作用や発売時期などの詳細に関しては、わかり次第追記して参ります。

-パーキンソン病治療薬
-パーキンソン病, レボドパ, ヴィアレブ配合持続皮下注, 皮下注

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

vyalev

ヴィアレブ配合持続皮下注のはたきについて(2022/12/31)

ヴィアレブ配合持続皮下注のはたきについて(2022/12/31) 2022年12月23日、ヴィアレブ配合持続皮下注が新医薬品として承認されました。 ヴィアレブ配合持続皮下注が新医薬品として承認される …

clonazepam1

神経内科におけるリボトリールの効果について

神経内科におけるリボトリールの効果について Clonazepam 2019年7月から脳神経外科・神経内科関連の門前薬局で勤務を開始しました。これまで脳神経外科・神経内科関連の薬を手にする機会が非常に少 …

薬局にて「食べ物の味がわからない」(味覚異常)の訴えがあった場合

薬局にて「食べ物の味がわからない」(味覚異常)の訴えがあった場合 taste-disorders 60歳代~70歳以降の方で「食べ物の味がわからない」(味覚異常)といったお話を薬局でされる患者様がおり …

PET-α-synuclein

脳内においてパーキンソン病の原因物質「αシヌクレイン」の合成を抑える薬「アベルソンチロシンキナーゼ」の動物実験データ(2023/1/22)

脳内においてパーキンソン病の原因物質「αシヌクレイン」の合成を抑える薬「アベルソンチロシンキナーゼ」の動物実験データ(2023/1/23) パーキンソン病は脳内に「αシヌクレイン」という蛋白質が凝集し …

parkinson-disease-yakureki

パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容

パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容 神経内科経の薬剤を手にする機会が増えてきたため、パーキンソン病治療薬を患者様へお渡しした後の薬歴内容についてまとめてみました。 レボドパ製剤 メネ …

  google adsense




2022年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2022年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

how-to-work

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

薬剤師の育成について

how-to-bring-upo

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト




how-to-work