おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

パーキンソン病治療薬

パーキンソン病の原因はパーキンタンパク質の制御不能が原因か?

投稿日:

パーキンソン病の原因はパーキンタンパク質の制御不能が原因か?

パーキンソン病の原因遺伝子産物と考えられている”Parkin(パーキン)”に関与するミトコンドリア酵素に関する新たな発見がありましたので下記します。

Parkin(パーキン)とは

Parkinとは機能が低下したミトコンドリア(細胞内オルガネラの一つ)のみを選択的に除去する作用(マイトファージ)に関連する蛋白質と考えられています。Parkinに変異が生じると、遺伝性若年性パーキンソン病の要因となることが報告されておりますが、Parkinがどうのように細胞死を引き起こしているかについての詳細は不明です。

 

今回の報告では、ミトコンドリア外膜に存在する4回膜貫通タンパク質”MITOL”がPakinとどのように関与するかについての詳細が解明されたという内容です。

パーキンソン病の関連タンパク質Parkinの制御機構に関するMITOLのはたらきについて

MITOLとは

MITOLとはミトコンドリア外膜に存在する酵素(蛋白質)であり、周辺の蛋白質にユビキチンを不可することで、タンパク質の分解を促し、細胞内の品質管理を担っているタンパク質です。

 

MITOLはParkinと結合することで、Parkinによるミトコンドリアの除去(マイトファージ)を管理していることが報告されました。MITOLを欠如させた細胞内ではPakinが蓄積するとともに、細胞死を抑制させる蛋白質であるFKBP38も減少することが報告されました。一方でMITOLが存在する条件では、Parkinが分解され、細胞死抑制タンパク質であるFKBP38が保護されることが報告されました。

 

さらに、MITOLとFKBP38は機能低下したミトコンドリアの除去(マイトファージ)の際に、ミトコンドリアから小胞体へ移動する様子も観察されました。

上記の結果から、Pakinによる細胞死において、MITOLがPakinを分解し、FKBP38を保護することで細胞死をコントロールしていることが示唆されました。さらに、MITOLはミトコンドリア外膜だけでなく小胞体へ移行することで細胞機構を調節していることも示唆されました。

過去の知見では、Parkinに変異が生じることでパーキンソン病が発症するのでは?という考えもありましたが、今回の報告では老化に伴うPakinの制御不能がパーキンソン病の原因となる可能性が示唆され、その制御においてMITOLの活性化がポイントとなることも示されました。

今後は、MITOLの活性化(Parkinの分解)を標的とした研究がパーキンソン病の治療戦略になるのでは?と期待されます。

 

-パーキンソン病治療薬
-MITOL, パーキンソン病, マイトファージ, 原因蛋白質

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エフピーOD錠やアジレクト錠、エクフィナ錠の併用禁忌とその理由について

エフピーOD錠やアジレクト錠、エクフィナ錠の併用禁忌とその理由について 神経内科の門前で勤務を開始して1年半が経ちました。毎日の業務で常に注意していることは「併用禁忌はないかどうか」です。 エフピーO …

薬局にて「食べ物の味がわからない」(味覚異常)の訴えがあった場合

薬局にて「食べ物の味がわからない」(味覚異常)の訴えがあった場合 taste-disorders 60歳代~70歳以降の方で「食べ物の味がわからない」(味覚異常)といったお話を薬局でされる患者様がおり …

stalevoL

スタレボ配合錠/アゾルガ配合懸濁性点眼液の供給が滞る

スタレボ配合錠/アゾルガ配合懸濁性点眼液の供給が滞る スタレボ配合錠とアゾルガ配合懸濁性点眼液を製造販売しているノバルティスファーマのホームページを確認したところ11月11日に以下のようなお知らせがあ …

rasagilone-selegiline-1

エフピーOD錠からアジレクトへ切り替える際に14日間の間隔をあける理由

エフピーOD錠からアジレクトへ切り替える際に14日間の間隔をあける理由   パーキンソン病治療薬”アジレクト“の販売開始から1年が経過し、外来での長期処方が可能となったことをうけて、これまで …

clonazepam1

神経内科におけるリボトリールの効果について

神経内科におけるリボトリールの効果について Clonazepam 2019年7月から脳神経外科・神経内科関連の門前薬局で勤務を開始しました。これまで脳神経外科・神経内科関連の薬を手にする機会が非常に少 …