おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

パーキンソン病治療薬 出荷調整

スタレボ配合錠/アゾルガ配合懸濁性点眼液の供給が滞る

投稿日:

スタレボ配合錠/アゾルガ配合懸濁性点眼液の供給が滞る

スタレボ配合錠とアゾルガ配合懸濁性点眼液を製造販売しているノバルティスファーマのホームページを確認したところ11月11日に以下のようなお知らせがありました。

 

「スタレボ配合錠L50/L100」は12月上旬以降、供給が滞る可能性がございます。

「アゾルガ配合懸濁性点眼液」は11月中旬以降、供給が滞る可能性がございます。

stalevoL

stalevoL

その理由としては、製品の原薬を海外の工場で製造しているが、医薬品製造に関する海外当局による調査後の更新手続きが完了しておらず、本原薬を用いた製剤の出荷が滞っているためとしています。

当該製造所の医薬品製造に関する更新手続きが完了するまでの間、新たに本製品を出荷することができないため、国内でも欠品する可能性が出ており、現在のところ、具体的な供給再開時期は判明していない。目処が立ち次第、改めて案内する予定

 

上記の内容を見る限り、「原薬があるが、原薬調査後の更新手続きが終わらないため、その原薬を使用してつくった製品の出荷ができない」という状況のようです。海外で作っているため、製造している当局の仕事次第といった感じでしょうか。

-パーキンソン病治療薬, 出荷調整
-アゾルガ配合懸濁性点眼液, スタレボ配合錠, 出荷調整, 原薬

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

typing

パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容

パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容 神経内科経の薬剤を手にする機会が増えてきたため、パーキンソン病治療薬を患者様へお渡しした後の薬歴内容についてまとめてみました。   レボ …

tyuusya

iPS細胞を用いたパーキンソン病の治験が米国で開始(2023/12/27)

iPS細胞を用いたパーキンソン病の治験が米国で開始(2023/12/27) 住友ファーマはiPS細胞を用いてドパミン神経前駆細胞を製造し、米国でパーキンソン病の治験を開始したことを同ホームページに公開 …

薬局にて「食べ物の味がわからない」(味覚異常)の訴えがあった場合

薬局にて「食べ物の味がわからない」(味覚異常)の訴えがあった場合 taste-disorders 60歳代~70歳以降の方で「食べ物の味がわからない」(味覚異常)といったお話を薬局でされる患者様がおり …

parkinson

パーキンソン病治療薬ハルロピテープ(ロピニロール)について

パーキンソン病治療薬ハルロピテープ(ロピニロール)について   2019年8月1日の薬事・食品衛生審議会 医薬品第一部会にて、パーキンソン病治療薬の貼り薬“ハルロピテープ”が承認されました。 …

20210822GE

出荷調整データについて

出荷調整データについて 2021年より、このページにて代表的なGEメーカーである日医工・サワイ・東和・日本ケミファ・日本ジェネリック・共和薬品の医薬品供給状況について、週に1回程度ではありますが、エク …

  google adsense




2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年4月薬価改定 新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

how-to-work

薬剤師の育成について

how-to-bring-upo

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト




how-to-work