おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

免疫抑制薬

関節リウマチ患者に特有の腸内環境が明らかに

投稿日:

関節リウマチ患者に特有の腸内環境が明らかに

 

日本人を対象とした報告によると、関節リウマチ患者84名と健常人42名の腸内微生物叢をゲノム解析で情報解析した結果、関節リウマチ患者で有意に増加している菌種がいることが同定されました。

Rheumatoid

Rheumatoid

健常人と比較して関節リウマチ患者で有意に増加しいていた腸内細菌

Prevotella(プラボテラ)属に属する以下の様な菌種で有意な増加が確認されました。

  1. denticola(デンティコーラ)
  2. marshii(マルシイ)
  3. disiens(ディシエンス)
  4. corporis(コーポリス
  5. amnii(アムニー)

 

一方で、健常人と比較してリウマチ患者で有意に減少していたメタゲノムデータ(全微生物のゲノム情報の集合データ)としては、酸化還元反応に関連する遺伝子の一つR6FCZ7が健常人データと比較して有意に減少していることが確認されました。

 

腸管内で生息する腸内微生物叢は第二の免疫などともいわれますが、関節リウマチのような自己免疫疾患にどの程度の影響があるかについては、まだまだ未知の分野かと思います。

 

日本人の関節リウマチ患者における腸内細菌叢の特徴

 

-免疫抑制薬
-リウマチ

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Immunosuppressive-drug-Pregnant-women

免疫抑制薬タクロリムス・シクロスポリン・アザチオプリンを妊婦にが服用してよい理由を調べる

免疫抑制薬タクロリムス・シクロスポリン・アザチオプリンを妊婦が服用していい理由を調べる   2018年6月26日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は免疫抑制 …