おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

気管支喘息治療薬

PM2.5濃度が上がると死亡リスクが高くなる

投稿日:

PM2.5濃度が上がると死亡リスクが高くなる

 

大気中に浮遊している微粒子(PM)の濃度が高くなると、心血管リスクや呼吸器関連の死亡リスクが上昇することに関する具体的なデータを中国の研究チームが公開しました。

 

世界24か国652都市における1986年~2015年までの大気汚染データを収集し、PM10およびPM2.5の濃度を測定して、全死亡率、心血管リスク、呼吸器疾患死亡率について関連していることを記しています。

 

各国におけるPM2.5濃度

国名       PM2.5

ギリシャ:2.54%

スペイン:1.96%

カナダ   :1.70%

アメリカ              1.58%

オーストラリア   1.42%

日本       1.42%

 

昨今では中国におけるPM2.5による大気汚染が話題となっておりますが、1986年~2015年までの平均的なPM2.5データを見ると、日本やアメリカにおける値が高いデータとなっています。

PM濃度と健康被害に関するデータ

PM10(PM2.5よりも大きな浮遊微粒子)の前日と当日の移動平均濃度(2日移動平均濃度)が10μg/㎥増加するごとに全死亡率が0.44%、心血管疾患死亡率が0.36%、呼吸器疾患脂肪リ率が0.47%上昇することが確認されました。

 

PM2.5に関しても、2日以降平均濃度が10μg/㎥増加するごとに、全死亡率が0.68%、心血管疾患死亡率が0.55%、呼吸器疾患脂肪リ率が0.74%上昇することが確認されました。

 

PM濃度と死亡リスクとの関係については、多くの国と地域でPM10よりPM2.5の方がわずかに強いことが示されました。この理由としてはPM2.5の方が小さな粒子径であるため、空気と一緒に吸い込んだ際に肺の奥深くまで入り込むため、健康被害が大きいことが示唆されています。

 

PM2.5

PM2.5

598都市におおけるPM10の年間平均濃度は56μg/㎥

499都市におけるPM2.5の年間平均濃度は35μg*㎥

PM濃度と死亡リスクの関係について

 

-気管支喘息治療薬
-PM2.5, 死亡リスク

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Diskus-so-on

しっかり吸入することができる吸入薬の形はブリーズヘラータイプ(ウルティブロ・オンブレス)/吸入器の形と吸入流速を比較する

しっかり吸入することができる吸入薬の形はブリーズヘラータイプ(ウルティブロ・オンブレス)/吸入器の形と吸入流速を比較する   慢性閉塞性肺疾患(COPD)の中程度~重症度の患者さんは空気を吸 …

Bronchial-asthma

気管支喘息治療薬ファセンラ皮下注30mgシリンジの臨床データについて

目次 気管支喘息治療薬ファセンラ皮下注30mgシリンジの臨床データについて~ファセンラ皮下注30mgシリンジ(ベンラリズマブ)の作用~ 気管支喘息治療薬ファセンラ皮下注30mgシリンジの臨床データにつ …

asthma-RELVAR-ELLIPTA

喘息症状が悪化したときに頓服として使用されるレルベアの効果について

目次 喘息症状が悪化したときに頓服として使用されるレルベアの効果についてまとめ 喘息症状が悪化したときに頓服として使用されるレルベアの効果について   喘息治療薬「レルベアエリプタ」は1日1 …

ICS

喘息と副鼻腔炎の治療として吸入ステロイドを吸った後、鼻から出す

目次 喘息と副鼻腔炎の治療として吸入ステロイドを吸った後に鼻から息を吐くムコダインは鼻腔や気道の「通り道を治す」はたらき1:粘液構成成分調整作用2:粘膜正常化作用 喘息と副鼻腔炎の治療として吸入ステロ …

asthma-ICS

軽症持続型喘息(喀痰中好酸球数2%以下)治療に吸入ステロイドが効きにくい?

目次 軽症持続型喘息(喀痰中好酸球数2%以下)治療に吸入ステロイドが効きにくい?喀痰中の好酸球数が2%以下の喘息患者におけるアズマネックス/スピリーバの効果使用した吸入薬と吸入量まとめ 軽症持続型喘息 …