おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

FDA承認 パーキンソン病治療薬

米国FDAがノウリアストを承認

投稿日:

米国FDAがノウリアストを承認

 

2019年8月27日、米国FDAはウェアリングオフ現象が生じているパーキンソン病患者に対してレボドパ/カルビドパ製剤と併用する追加治療としてノウリアスト錠の使用を承認しました。

 

協和キリン株式会社が製造販売している「ノウリアスト錠」は2007年の段階で米国FDAに新薬申請を行った経緯がありましたが、FDAは2008年2月に臨床データ不足を理由に申請を棄却した過去がありました。その後、ノウリアスト錠は2013年3月に日本にて世界に先駆けて医薬品として承認され、医療現場で使用されていた実績がありました。

 

その後の臨床報告データを確認してみましたが、日本からは臨床報告、それ以外の国からは治験データが報告されている状況が続いていました。直近ではカナダ・チェコ・ドイツ・イスラエル・イタリア・ポーランド・セルビア・アメリカが2013年10月~2016年10月の3年間で、ノウリアスト錠を12週間服用した場合の治療状況に関する第三相共同臨床試験を行っており、2019年9月にデータが公開される見通しとなっています。

ノウリアスト錠の薬理作用

 

パーキンソン病患者さんの線条体では、ドパミンの量が減少しているにもかかわらず、アデノシンの量が通常通り放出されているため、アデノシン過多の状態でGABA受容体へ作用することが原因となり、運動機能の低下が報告されております。

 

ノウリアスト錠は、脳内の線条体・淡蒼球においてアデノシンA2受容体へのアデノシンの結合を抑えることによって、ドパミンが減少している脳内において、アデノシンGABA受容体への作用を減弱させることで、ドパミン刺激・アデノシン刺激のバランスを改善することで運動機能を改善することが報告されております。

 

日本国内の臨床報告ではノウリアスト錠20mgを1日1回服用することで、軽度のパーキンソン病患者における運動機能の改善が示されています。また52週にわたりノウリアスト20~40mgを1日1回服用したデータ(被験者308人)によると、服用開始2週目から52週目まで、オフ時間の平均変化は、-0.71~-0.04時間と、オフ時間の減少が報告されています。

 

副作用は鼻咽頭炎(24.4%)、ジスキネジア(21.4%)などが報告されております。

 

FDAがノウリアスト錠を承認した際に、使用した臨床データとしては、レボドパを服用しているパーキンソン病患者さん1143人を対象として12週間の比較試験を行った結果、プラセボを投与された患者と比較して、ノウリアスト錠を服用した群では、毎日のOFF時間の有意な減少が報告されたとしています。

 

一般的な副作用として、不随意運動、めまい、便秘、吐き気、幻覚、不眠

ジスキネジアの進行または既存のジスキネジアの悪化が生じる可能性がありますので、経過観察が必要としています。

NOURIAST

NOURIAST

ノウリアスト錠

 

レボドパ製剤に追加して服用する

1日1回20~40mg

半減期:50~60時間

Tmax:2~4時間

FDAがノウリアストを承認

 

-FDA承認, パーキンソン病治療薬
-ノウリアスト, パーキンソン病, 承認, FDA

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

saposin-D-domain

パーキンソン病における日内変動改善薬オンジェンティス錠について

パーキンソン病における日内変動改善薬オンジェンティス錠について   パーキンソン病による日内変動を改善する1日1回の飲み薬オンジェンティス錠が医薬品として承認されましたので、既存の治療薬「コ …

oral-semaglutide-1

経口GLP-1受容体作動薬リベルサス錠が新薬承認

経口GLP-1受容体作動薬リベルサス錠が新薬承認 追記:2020年6月2日 インスリン製剤早見表(2020-2021) インスリン製剤・DPP-4阻害薬・SGLT2阻害薬・GLP-1受容体作動薬の製品 …

rasagilone-selegiline-1

エフピーOD錠からアジレクトへ切り替える際に14日間の間隔をあける理由

エフピーOD錠からアジレクトへ切り替える際に14日間の間隔をあける理由   パーキンソン病治療薬”アジレクト“の販売開始から1年が経過し、外来での長期処方が可能となったことをうけて、これまで …

Heart-disease-Clarithromycin

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起

FDAが心疾患患者へのクラリスロマイシン使用に注意喚起   米国食品医薬品局(FDA)は「抗生物質クラリスロマイシンを心疾患患者へ処方する際は、心疾患リスクの増悪または死亡に関してのリスクが …

trelegy

3成分配合COPD治療薬テリルジー100エリプタ

3成分配合COPD治療薬テリルジー100エリプタ   3成分配合COPD治療薬“テリルジー100エリプタ”(Trelegy)が2019年2月22日の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて承認 …