おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

PTSD 認知症

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対するメマリー錠(メマンチン)の効果について

投稿日:

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対するメマリー錠(メマンチン)の効果について

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っている日本人女性10名を対象としたメマリー錠(メマンチン)の効果について報告がありました。症例数は多くはありませんが、有効性・忍容性に優れたデータが報告されておりましたので下記します。

 

げっ歯類(マウスなど)研究では海馬神経新生を増加させることが報告されており、恐怖記憶が形成した大人のマウスに週1回4週間にわたってメマンチンを投与し続けると、海馬神経新生の増加により恐怖記憶の忘却が促進されたことが確認されています。

(ヒトでの報告例はあまりありません)

 

今回の報告は日本人女性のPTSD患者10名を対象として、既存の治療薬にメマリー5mgを1日1回追加服用し、1週ごとに5mgを増加して、12週間服用を続けた時点におけるPTSDの重症度の変化を調査したものです。

PTSD患者に対するメマリー錠の効果について

メマリーの服用量

1日1回5mgからスタートして20mgまで増量可能というルールで臨床試験が行われましたが、12週時点(エンドポイント)における服用量は、ほとんどの患者が5~10mgの範囲内でした。

(20mg服用患者数:1名、15mg服用患者数:1名)

 

服用から12週時点でのPTSD重症度の変化

外傷後ストレス診断尺度(PDS)という指標でPTSDの重症度を評価しています。(値が大きければ重症度が高い)

 

治療開始前時点における被験者10名の平均PDSスコア:32.3±9.7

メマリー服用4週時点における被験者10名の平均PDSスコア:21.3±10.4

メマリー服用8週時点における被験者10名の平均PDSスコア:17.0±10.1

メマリー服用12週時点における被験者10名の平均PDSスコア:12.2±7.9

 

メマリー服用によりPDSスコアが32.3→12.2へ有意な改善が確認されました。

また侵入障害・逃避症状・過覚醒症状に関しても改善が確認されました。

被験者10名中6名が12週目にPTSD診断基準を満たさないまでに回復が確認されています。(寛解あり)

PTSD-memantine

PTSD-memantine

メマリー錠服用による副作用については、睡眠障害・眠気・体重変動・低血圧などの有害事象が確認されていますが、重篤ではないと報告されています。

 

PTSD症状を有する23~46歳の女性をターゲットとした報告でしたが、メマリーの服用量に関しては、1日1回20mgという量は多すぎる(許容量ではない)可能性が示唆されました。

メマリーOD錠のジェネリック医薬品“メマンチン塩酸塩OD錠”比較データ(ダウンロードあり)

-PTSD, 認知症
-PTSD, メマリー, メマンチン, 効果, 女性

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

merislon-memory

メリスロン錠を飲むと忘れた記憶を思い出すことができる?

メリスロン錠を飲むと忘れた記憶を思い出すことができる?   日本国内の研究グループによる報告によると、脳内のヒスタミン神経を活性化することで、一度忘れた記憶を思い出す能力がUPし、忘れた記憶 …

dementia-alchole-max-lisk

血圧が低いと認知症発症リスクが下がる/アルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因

血圧が低いと認知症発症リスクが下がる/アルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因 血圧が低いと認知症発症リスクが下がる 2019年8月20日追記 血圧を120mmHg未満に保つ場合と、血圧を140m …

PTSD-Cardenalin

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対するカルデナリンの効果について

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対するカルデナリンの効果について   カルデナリン錠などのα1受容体遮断薬は高血圧症の治療薬の4~5番手として使用されているイメージがあるのですが、ここ数 …

dementia-Aricept-MEMARY

生活習慣の改善が遺伝的な認知症リスクを軽減できる

生活習慣の改善が遺伝的な認知症リスクを軽減できる 健康的な生活習慣が認知症の遺伝リスクをカバーできるかどうか   英国のバイオバンクに参加した19万6383人の被験者(平均年齢64歳)を対象 …

France-Dementia-treatment-drug

フランスで認知症治療薬が効果不十分&副作用が多いため保険適用外になる

フランスで認知症治療薬が効果不十分&副作用が多いため保険適用外になる   フランスの保険証は2018年8月1日から認知証治療薬アリセプト、レミニール、メマリー、イクセロン(リバスタッチ)の4 …