おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

認知症

認知症の薬アリセプト・メマリー・リバスタッチを休薬した場合の認知力の低下度合いについて

更新日:

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

認知症の薬アリセプト・メマリー・リバスタッチを休薬した場合の認知力の低下度合いについて

 

アリセプトやメマリー、リバスタッチといった認知症の薬を自己判断で中止した結果、認知症が悪化したという患者様の家族からの訴えを何度か耳にしたことがあります。今回は認知症の薬を一定期間休薬すると、どの程度認知機能の低下に影響が出るのかをまとめました。

メマリーを4週間休薬した場合の報告例

リバスチグミン錠の治験中に中止した群の予後について

アリセプト

アリセプト5mgまたは10mを6か月間服用した後に2~4週間休薬をした場合、6か月間何も飲まなかった場合を比較したデータによると、アリセプト錠を2~4週間休薬した期間中に認知機能は低下するものの、6か月間何も飲まなかった群ほどまでは認知機能は低下しておりません。

 

しかし、アリセプト5~10mgを6か月間服用した後に4~8週間休薬をした場合、6か月間何も飲まなかった場合を比較したデータによると、アリセプト錠を4~8週間休薬した期間中に認知機能は大きく低下し、6か月間何も飲まなかった場合と同程度まで認知機能が低下しています。

アルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因

メマリー

メマリーの消失半減期が55時間~71時間であるため1~2週間程度の休薬であれば、血液中にメマリーが残存していると考えられるため、効果への影響は少ないと考えられます。しかし、それ以上の休薬になると、効果の減弱に伴う症状の悪化が懸念されます。メマリーを長期間服用後、4週間休薬した場合、認知機能の顕著な悪化が報告されています。

 

リバスタッチ/イクセロンパッチ

リバスタッチパッチ/イクセロンパッチなどの貼付薬に関するデータはないのですが、治験段階で同一成分の内服薬を服用して、治験を中止した群の予後に関するデータは開示されていましたので記します。リバスチグミン6~12mgを平均102日服用した後に何らかの理由により服用中止した群について、その後約3か月後の認知機能に関しては、何も飲まなかった場合に比べると、認知機能の低下は少なかった。(何も飲まないよりは、リバスチグミンを飲んで中止した方が認知機能が高かった)というデータが開示されています。

メマリーを4週間休薬した場合の報告例

 

レミニール

長期間服用後に休薬したという臨床報告をみつけることができませんでした。

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する




-認知症
-, , , , , , ,

Copyright© おじさん薬剤師の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.