おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

認知症

生活習慣の改善が遺伝的な認知症リスクを軽減できる

投稿日:

生活習慣の改善が遺伝的な認知症リスクを軽減できる

健康的な生活習慣が認知症の遺伝リスクをカバーできるかどうか

 

英国のバイオバンクに参加した19万6383人の被験者(平均年齢64歳)を対象としたデータによると、認知症の遺伝リスクがある方でも生活習慣を改善することで認知症のリスクが軽減することが示されました。

 

実験開始時に認知機能障害または認知症を発症していない被験者19万6383人を対象として、認知症の遺伝要因リスクを“低度”・中度・高度“に分類します。

 

また生活習慣リスクとして禁煙・運動・健康的な食事・アルコール摂取量を基準として生活習慣についても“良好・中度・不良”に分類し、認知症の発症リスクと遺伝的要因・生活習慣リスクに関する関連を調査したデータです。(中央値8年間)

 

結果

遺伝リスクが高い参加者の認知症発症リスク:1.23%

遺伝リスクが低い参加者の認知症発症リスク:0.63%

 

遺伝リスクが高く、生活習慣が不良の参加者の認知症発症リスク:1.78%

遺伝リスクが低く、生活習慣が良好な参加者の認知症発症リスク:0.56%

 

遺伝リスクが高く、生活習慣が良好な参加者の認知症発症リスク:1.13%

 

上記の結果より、認知症の発症リスクについて「遺伝リスク」と「生活習慣」に関しては、それぞれ別々の要因と考えられ、遺伝リスクが高くても、生活習慣に気を付けることで認知症発症リスクを軽減できることが示唆されました。

生活習慣の改善が遺伝的認知症リスクを軽減する

認知症の薬アリセプト・メマリー・リバスタッチを休薬した場合の認知力の低下度合いについて

 

アリセプトやメマリー、リバスタッチといった認知症の薬を自己判断で中止した結果、認知症が悪化したという患者様の家族からの訴えを何度か耳にしたことがあります。今回は認知症の薬を一定期間休薬すると、どの程度認知機能の低下に影響が出るのかをまとめました。

アリセプト

アリセプト5mgまたは10mを6か月間服用した後に2~4週間休薬をした場合、6か月間何も飲まなかった場合を比較したデータによると、アリセプト錠を2~4週間休薬した期間中に認知機能は低下するものの、6か月間何も飲まなかった群ほどまでは認知機能は低下しておりません。

 

しかし、アリセプト5~10mgを6か月間服用した後に4~8週間休薬をした場合、6か月間何も飲まなかった場合を比較したデータによると、アリセプト錠を4~8週間休薬した期間中に認知機能は大きく低下し、6か月間何も飲まなかった場合と同程度まで認知機能が低下しています。

donepezil

donepezil

アルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因

メマリー

メマリーの消失半減期が55時間~71時間であるため1~2週間程度の休薬であれば、血液中にメマリーが残存していると考えられるため、効果への影響は少ないと考えられます。しかし、それ以上の休薬になると、効果の減弱に伴う症状の悪化が懸念されます。メマリーを長期間服用後、4週間休薬した場合、認知機能の顕著な悪化が報告されています。

メマリーを4週間休薬した場合の報告例

リバスタッチ/イクセロンパッチ

リバスタッチパッチ/イクセロンパッチなどの貼付薬に関するデータはないのですが、治験段階で同一成分の内服薬を服用して、治験を中止した群の予後に関するデータは開示されていましたので記します。リバスチグミン6~12mgを平均102日服用した後に何らかの理由により服用中止した群について、その後約3か月後の認知機能に関しては、何も飲まなかった場合に比べると、認知機能の低下は少なかった。(何も飲まないよりは、リバスチグミンを飲んで中止した方が認知機能が高かった)というデータが開示されています。

リバスチグミン錠の治験中に中止した群の予後について

レミニール

長期間服用後に休薬したという臨床報告をみつけることができませんでした。

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する

-認知症
-アリセプト, イクセロンパッチ, メマリー, リバスタッチ, 中断, 休薬, 認知機能, 認知症

執筆者:ojiyaku


  1. […] 認知症の薬アリセプト・メマリー・リバスタッチを休薬した場合の認知力の低下度合いについて […]

  2. […] 認知症の薬アリセプト・メマリー・リバスタッチを休薬した場合の認知力の低下度合いについて […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Alzheimer

アルツハイマー病の原因物質アミロイドベータたんぱく質の脳内蓄積量を血液検査で判別可能に

アルツハイマー病の原因物質アミロイドベータたんぱく質の脳内蓄積量を血液検査で判別可能に   「アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドベータたんぱく質の脳内蓄積状況を血液検査だけで推測する …

dementia

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い

目次 日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い痩せている方・糖尿病の方は認知症リスクが高い高齢者の平均身長・平均体重認知症施策大綱(案)が作成され、医療に従事する薬剤師6万人はる認 …

bace-1-verubecestat

アルツハイマー型認知症の治療薬候補“アミロイド前駆体タンパク質βサイト切断酵素1阻害薬(BACE1阻害薬)”の臨床試験中止データ

目次 アルツハイマー型認知症の治療薬候補“アミロイド前駆体タンパク質βサイト切断酵素1阻害薬”の臨床試験中止データBACE-1阻害薬”verubecestatの臨床データまとめ アルツハイマー型認知症 …

tau-Aβ

アルツハイマー型認知症におけるタウタンパク質の影響について

目次 アルツハイマー型認知症におけるタウタンパク質の影響についてタウタンパク質タウタンパク質を標的とした治療の開発 アルツハイマー型認知症におけるタウタンパク質の影響について   アルツハイ …

diffecence-between-Feburic-and-TOPILORIC

フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて/尿酸値と認知症に関する仮説

目次 フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて/尿酸値と認知症に関する仮説尿酸値と認知症に関する仮説フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて~作用時間~~適応症 …