おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗うつ薬 認知症

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する

投稿日:2018年5月11日 更新日:

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する

 

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大するというデータをイギリスの研究チームが公開しました。報告によると、抗コリン薬を「うつ病・パーキンソン病・泌尿器系」に用いると将来的に認知症を発症するリスクが増加すると記されています。

報告では、抗コリン薬の使用量の指標として、ACBスコアを使用しています。ACBスコアとは抗コリン負担(Anticholin-ergic Cognitive Burden:ACB)スコアという指標のことで,抗コリン作用を有する可能性のある薬剤をACB=1点,抗コリン作用が明らかな薬剤はその程度によりACB=2点または3点として分類しています。以下がその例です。

ACBスコア1:チアジド系利尿薬・ループ利尿薬・抗ヒスタミン剤

ACBスコア3:三環系抗うつ薬

ACBスコア0:抗コリン作用をしめす塗薬、目薬、外用薬

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症リスクが増大する

anti-choline

anti-choline

対象患者は2006年4月~2015年7月までの期間に認知症と診断をうけた65~99歳までの4万770例と認知症と診断を受けていない28万3933例が対象群として設定されました。各郡における抗コリン薬の1日投与量および服用期間・総量を勘案して評価しています。尚、認知症患者に関しては、認知症と診断をうける4~20年前の抗コリン薬の処方量が評価に含まれています。

薬による認知機能障害

結果

ACBスコア3の抗コリン薬を1つ以上服用していた割合

認知症患者:1万4453例(35%)

対象群:8万6403例(30%)

 

認知症患者の方がACBスコア3の抗コリン薬を服用している割合が高いことがわかります。言い換えますと、ACBスコア3の抗コリン薬を服用すると認知症の発症リスクが増えるとも解釈きます。筆者らはACBスコア3の抗コリン薬を服用すると11%認知症の発症リスクが高くなるとまとめています。

 

今回の報告におけるACBスコア3の抗コリン薬として「トリプタノール(29%)」、「プロチアデン(16%)」、「パキシル(8%)」、「ポラキス(7%)」、「デトルシトール(7%)」を記しています。

 

ACBスコア2の抗コリン薬を服用していた割合

認知症患者:1429例(3.5%)

対象群:7909例(2.8%)

こちらも認知症対象群の割合が高くなっています。この時使用されたACBスコア2の医薬品のうち87%はテグレトール(カルバマゼピン)であったと記されています。

今回の報告では、ACBスコア3の抗コリン薬であっても消化器系の治療薬として用いられる薬(ブスコパンなど)では認知症との関連は報告されず、抗うつ薬や抗パーキンソン病治療薬のように定期服用がつづく場合に認知症との関連が認められております。さらに使用量がく累積総量が多ければ認知症リスクの増大が見られることから、使用さえる際の経過観察が大切になるかと思われます。

 

-抗うつ薬, 認知症
-デトルシトール, トリプタノール, パキシル, ポラキス, 抗コリン薬, 認知症

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

SSRI-limit

SSRI(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト)の用量の上限が海外とくらべて少ない理由(セロトニントランスポーターの発現量について)

SSRI(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト)の用量の上限が海外とくらべて少ない理由(セロトニントランスポーターの発現量について)     抗うつ薬の1日服用量について日本の承認 …

VPA-VPAR

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法   薬剤師会による調剤過誤関連の報告例・ヒヤリ・ハット事例集・厚生労働省のインシデントに関する医薬品情報集計には …

anti-anxiety-drugs-comarison

全般性不安障に対する効き目22剤を比較

全般性不安障に対する効き目22剤を比較   成人の全般性不安障害に対する薬剤の効き目について有効性と忍容性(副作用が少なく長く飲み続けることができるか)に関するデータが公開されました。 fu …

Sediel-effect

セディール錠(タンドスピロン錠)のパーシャルアゴニストとしての特徴とSSRIとの併用について

セディール錠(タンドスピロン錠)のパーシャルアゴニストとしての特徴とSSRIとの併用について 精神科の処方箋を多くうける薬局に勤務することがあるのですが、定期服用薬に「セディール錠」が追加されることが …

dementia

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い   日本老年学的評価研究のデータによると、日本の高齢者では痩せている方と糖尿病の方で認知症発症リスクが高いことが報告されました。 …

  google adsense




2021年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2021年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

ojisan-yakuzaishi

ojisan-yakuzaishi

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト