おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

アトピー ステロイド 抗ヒスタミン剤

キプレス・シングレア(モンテルカスト)はアトピー性皮膚炎に対して効果があるかどうか

投稿日:2018年6月24日 更新日:

キプレス・シングレア(モンテルカスト)はアトピー性皮膚炎に対して効果があるかどうか

 

キプレス・シングレア(モンテルカスト)はアトピー性皮膚炎に対する適応症がありません。さらに効果があるかどうかもわかりません。海外の報告を確認したところ、中等度から重度のアトピー性皮膚炎を患っている小児または成人を対象としてモンテルカストを適応外(オフラベル)として使用したデータを調べてみました。

モンテルカスト服用によりかゆみ症状が改善したと記されていたのは4報告あり、別の2報告ではモンテルカスト服用により抗ヒスタミンの内服と、局所ステロイド軟膏と同程度にかゆみが改善したという報告もありました。

 

一方でモンテルカストは、「かゆみ症状に効果がなかった」と報告している5つの論文も確認しました。

リンデロンVG軟膏を長期間使用しても大丈夫かどうか

~かゆみ効果がないと報告した論文~

 

1つ目

2~6歳の小児54人に対してモンテルカストを8週間服用した後に2週間の休薬期間を設けて、その後8週間プラセボ(偽薬)を飲んでモンテルカストとプラセボの効果を比較したところ統計的に差が出なかった。

 

2つ目

中等度~重度のアトピー性皮膚炎患者さんを対象として各種免疫抑制薬の効果を確認したところシクロスポリンAは効果的ですが、アザチオプリンは有効性が低く第二選択肢程度、メトトレキセートは第三選択肢といった感じです。ミコフェノール酸、モンテルカスト、免疫グロブリンについては限定的なエビデンスしかないため推奨には至らなかった。

実際、免疫抑制薬はアトピー性皮膚炎の治療薬として有用ですが、ロイコトリエン阻害剤は非常に低いレベルで効果を示す、または効果がないかを調査する必要があるとしるした報告もあります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11988144

 

3つ目

モンテルカストは喘息及び鼻炎のための薬物であり、その作用は気道に対する局所的なものである。気道外のアレルギー症状(結膜炎、口腔内症状、湿疹および蕁麻疹)についてはプラセボ治療とモンテルカスト治療との間に差がなかった。

 

4つ目

中等度から重度のアトピー性皮膚炎患者(16~60歳)を対象として8週間モンテルカスト10mgまたはプラセボを飲んだ時のアトピーの重症度を比較したところ、統計的な有意差はなかった。プラセボ群の方が若干改善がみられた。

 

5つ目

中等度から重度のアトピー性皮膚炎患者59人を対象としてプラセボまたはモンテルカスト10mgを4週間服用したところ、有効性は確認できなかった。

 

モンテルカストとアトピー性皮膚炎に関するデータを確認した私の個人的な感想としましては、2001年ころに「中等度から重度のアトピー性皮膚炎にモンテルカストが補助的役割として効果があるのでは?」という感じのパイロット試験が行われて、その後数年間は“あくまでも補助的”というニュアンスを残しつつ効果がある感じのデータが散見されました。

その後2010年~2018年現在までに報告された―データでは「効果がない」「プラセボと比較して有意差がない」といった感じのデータが多いように感じられました。

 

そのため私としては「おそらくシングレア・キプレス(モンテルカスト)にはアトピー性皮膚炎に対して効果はない(非常に弱い)んだろうなぁ」という感想を持ちました。

強力ポステリザン軟膏にふくまれる”死滅菌”について

小児がステロイド軟膏をなめる、少量たべるとどうなるか

軟膏が皮膚から吸収されるまでの時間について

-アトピー, ステロイド, 抗ヒスタミン剤
-アトピー性皮膚炎, キプレス, シングレア, モンテルカスト, 効かない, 効果, 小児

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PL-granule-generic

PL配合顆粒のジェネリック医薬品の特徴まとめ

目次 PL配合顆粒のジェネリック医薬品の特徴まとめPL配合顆粒にはピーエイ配合錠マリキナ配合顆粒セラピナ配合顆粒サラザック配合顆粒トーワチーム配合顆粒 PL配合顆粒のジェネリック医薬品の特徴まとめ & …

Immunosuppressive-drug-Pregnant-women

免疫抑制薬タクロリムス・シクロスポリン・アザチオプリンを妊婦にが服用してよい理由を調べる

免疫抑制薬タクロリムス・シクロスポリン・アザチオプリンを妊婦が服用していい理由を調べる   2018年6月26日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は免疫抑制 …

antihistamine-infant-fever-convulsion

抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について

目次 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について抗ヒスタミン剤と熱性けいれん結果 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について &nb …

the-difference-between-rupafin-and-claritin

抗ヒスタミン剤“ルパフィン錠10mg”とクラリチン錠10mgの違いについて

抗ヒスタミン剤“ルパフィン錠10mg”とクラリチン錠10mgの違いについて 平成29年7月29日に厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、抗ヒスタミン剤“ルパフィン錠10mg(ルパタジ …

tapinarof

アトピー性皮膚炎に対するtapinarofクリームの有効性について

目次 アトピー性皮膚炎に対するtapinarofクリームの有効性について被験者のアトピー性皮膚炎の程度Tapinarofクリームの効果についてグラクソスミスの評価有害事象tapinarofクリームの薬 …