おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ステロイド 副作用 塗り薬

リンデロンVG軟膏を長期間使用して大丈夫かどうか

更新日:

リンデロンVG軟膏を長期間使用して大丈夫かどうか

 

小児のアトピーなどでステロイド軟膏を長期間にわたって使用することは多々あります。「リンデロンVG軟膏を長期間つかって大丈夫でしょうか?」といった質問を小児のご家族からうけることもあります。厳密にはアトピーの範囲や症状によって回答は異なるかとは思うのですが、おおむね「大丈夫です。」とお答えします。その理由を具体的に記してみます。

小児がステロイドをなめる・少量たべるとどうなるか→なんともなりません

軟膏を皮膚に塗ってから吸収されて効果がでるまでの時間について

「リンデロンVG軟膏を長期間使って大丈夫ですか?」の大丈夫とは

この質問の「大丈夫」とは

・長く使用して効かなくなることはないのかな

・体に害はないのかな

・症状が悪化することはないのかな

などなど、複数のニュアンスを含んでいるような気がします。この一つ一つについて大丈夫な理由が必要となります。

 

~リンデロンVG軟膏を長期間使用した場合の使用量の目安と効果について~

「長期間」という定義は難しいのですが、リンデロンVG軟膏を6か月間使用した臨床報告は多数あがっております。その使用状況を見てみると1日2回、毎日塗布するケースもあれば、炎症がひどいときには1日2回使用し、落ち着いてきたら1日1回、または保湿剤で皮膚をバリアするといった報告もあります。これらを総合的に評価する場合、6か月間に使用したステロイド軟膏の総量を一つの指標して考えます。

 

6か月間の使用総量の目安

0~2歳未満:90g(1か月あたり15g)

2歳以上~13歳未満:130g(1か月あたり20g)

13歳以上:304g(1か月あたり50g)

 

ざっくりとした指標ですが、1か月の使用量の目安としては体重10kgあたり10~15gのリンデロンVG軟膏を塗布したとしても全身性の副作用は起こらないことが臨床データにより示されています。そのためこの使用量を目安にするといいかもしれません。

 

効果については長期間使用して効果が出ていればOKです。症状が改善しない、皮膚の状態が悪化していれば医師へ相談です。効果が維持されるかどうかは皮膚の炎症度合いと薬の強さによる相対的な評価が必要となりますので、使用後の経過観察が大切です。

小児がステロイドをなめる・少量たべるとどうなるか→なんともなりません

軟膏を皮膚に塗ってから吸収されて効果がでるまでの時間について

リンデロンVG軟膏などのステロイド軟膏は、何かしらの原因によって生じた炎症(アトピーなど)をしずめるために使用します。本来、体はこの炎症をしずめるために体内でステロイドホルモンを合成して使用しており、リンデロンVG軟膏などのステロイド軟膏は、その補助として体の外側から塗るというイメージです。

 

~リンデロンVGを長期間使用した場合の体への害について~

リンデロンVG軟膏の炎症をしずめる成分「ステロイド」という薬には塗り薬と飲み薬があります。飲み薬のステロイドを一定量、長期間服用すると「体重が増える・胃が痛くなる・顔が丸くなる・感染しやすくなる」といった副作用が出る場合があります。飲み薬のステロイド薬は、小腸から吸収されて血液中を流れて全身へ行きわたり、場合によっては上記の副作用が生じます。塗り薬のステロイド軟膏で副作用が生じる場合の発生経路は

皮膚に塗布 → 皮下へ染みこんでいって血液中に到達 → ステロイドが全身をめぐる

というルートを通ります

 

そこで塗り薬のステロイドを使用した場合、どの程度が血液中に入るかを調べてみました。

湿疹が出ている部分にリンデロンVG軟膏を塗ると3~5%が皮下へ吸収されます。

リンデロンVG軟膏を手のひら(両手)に塗り広げた場合0.5gの軟膏を使用します。この量を使用した場合、血液中まで到達するステロイの成分量は0.02~0.03mgです。この量は一般的な飲み薬や注射液の50~100分の1程度の量でしかないため、血液中に入っても全身への作用は誤差であり、すぐに消失してしまいます。そのため全身性の副作用は気にしなくてよいと考えます。

 

リンデロンVG軟膏の場合、1日20gを連日にわたって全身に塗布を続けると、内服薬と同程度の副作用が生じる可能性があることがインタビューフォームに記されています。

(ジュクジュクしている皮膚にリンデロンVG軟膏を塗る場合は、通常の皮膚に比べて5~6倍吸収されますが、そのような使用例は少ないかと思われます。)

小児がステロイドをなめる・少量たべるとどうなるか→なんともなりません

外用ステロイド薬に貼り薬が少ない理由

まとめ

・リンデロンVG軟膏は塗って効果が出ていれば長期間使用しても問題なし。

・ステロイド軟膏は、いわゆる「消しゴム」と言うニュアンスで湿疹がでていれば使用する、でていなければ使用しないという解釈を前提として使用する。

・ステロイド軟膏の使用方法については最新のガイドラインにより隔日で予防のために塗布するという使用方法も記されている(医師の指示のもと)

・1か月の使用量は体重10kgあたり10~15gが一つの目安

・1日の使用量が20gを超えると内服薬と同程度の副作用が生じる可能性あり

・1日に0.5g程度(人差し指の関節1つ分くらい)を塗る程度なら全身性の副作用は気にしなくてよい

 




-ステロイド, 副作用, 塗り薬
-ステロイド, リンデロンVG軟膏, リンデロン軟膏, 塗り薬, 大丈夫, 理由, 長期間使用

Copyright© おじさん薬剤師の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.