おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

沢井製薬が後発医薬品の共同開発情報を開示

投稿日:

沢井製薬が後発医薬品の共同開発情報を開示

2019年12月発売となった後発医薬品に関して、沢井製薬は共同開発情報をインタビューフォームで開示しています。

新規で後発医薬品が発売される際、複数の製薬メーカーから後発医薬品が一斉発売されます。各メーカーから発売された後発医薬品の添付文書を見てみると、中には薬物動態が全く同じだなぁという製品があることに気づきます。2019年12月発売の製品で言いますと、イメンドカプセルのジェネリック医薬品で「アプレピタントカプセル「サワイ」」と「アプレピタントカプセル「NK」」の添付文書に記されている薬物動態は、まったく同じですので、同一製品であることがわかります。

sawai-kyoudou

sawai-kyoudou

これまでも、薬物動態が全く同じ後発医薬品は数多くありましたが、対外的に開示する義務はありませんので、公にはされておりませんでした。しかし2019年12月発売の後発医薬品から「沢井製薬が」共同開発情報をインタビューフォームに開示しました。

 

共同開発情報を開示するに至った経緯としては、厚生労働省が「共同開発情報を開示しましょう」という意向を日本ジェネリック製薬協会へ伝え、ジェネリックメーカーのトップランナーである沢井製薬が、これに対応したためと思われます。今後、他の製薬メーカーもこれに追随してもらえると、ジェネリック医薬品を選ぶ方・使う側の医療機関にとってはいいのかもしれません。

アプレピタントカプセル「沢井」のインタビューフォームには以下の文言が記されています。

「本剤は、後発医薬品として、沢井製薬株式会社、日本化薬株式会社の計2社が共同開発を実施 した。下記通知に基づき、製造方法並びに規格及び試験方法を設定、安定性試験、生物学的同 等性試験を実施し、共同グループとして実施したデータを共有し、承認を得て上市に至った。」

 

 

 

 

-ジェネリック医薬品(後発医薬品)
-共同開発, 後発医薬品, 沢井製薬, 開示

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

choice-generic-drugs

後発医薬品を医療機関が選ぶ際の採用基準(ジェネリック医薬品の選定理由)

後発医薬品を医療機関が選ぶ際の採用基準(ジェネリック医薬品の選定理由)   医療費削減のために診療報酬改定を経るごとに後発医薬品の使用率が高くなっておりますが、病院や薬局が後発医薬品を選ぶ基 …

consultant

後発品に切り替えることでポイントや商品券などの提供するコンサルティング事業が認められる

後発品に切り替えることでポイントや商品券などの提供するコンサルティング事業が認められる   経済産業省がグレーゾーン解消制度(生産競争力強化法に基づき、事業者が安心して新事業活動を行い得るよ …

2016-4-METGLUCO

メトグルコのように2016年4月以降に「後発医薬品の数量シェア(後発率)」の計算式の区分が変更となった医薬品リスト

メトグルコのように2016年4月以降に「後発医薬品の数量シェア(後発率)」の計算式の区分が変更となった医薬品リスト 2016年4月1日の薬価改正を終え、「後発医薬品の数量シェア」の区分に変更があった医 …

2018-8-15-generic-drugs

2018年8月15日承認、12月発売予定の後発医薬品リスト(2018年8月15日承認)

2018年8月15日承認、12月発売予定の後発医薬品リスト(2018年8月15日承認)   厚生労働省は2018年12月発売予定となる後発医薬品を一斉に承認しました。初後発品となるのは13成 …

lendormin-brotizolam-generic

「レンドルミンのジェネリックは効かない?」という質問に対して

「レンドルミンのジェネリックは効かない?」という質問に対して   睡眠導入剤“レンドルミン錠”のジェネリック医薬品について、患者様へお伝えすると「効き目は同じなの?」「今まで通りレンドルミン …