おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品(後発医薬品) 貼り薬

ジェネリック医薬品の「屋号」に関するルールはない?ケトプロフェンテープ「パテル」について

投稿日:2018年8月30日 更新日:

ジェネリック医薬品の「屋号」に関するルールはない?ケトプロフェンテープ「パテル」について

 

 

モーラステープのジェネリック医薬品に「パテルテープ20mg/40mg」という商品がありしたが、ジェネリック医薬品の名称ルールにのっとり「成分名+剤形+規格+屋号」に変更になりました。

 

ケトプロフェンテープ20mg「パテル」/ケトプロフェンテープ40mg「パテル」

 

という名称となっており、屋号部分に「パテル」という名前がつきました。

販売元の「杏林製薬」へ確認してみたところ、すでに杏林製薬では“ケトプロフェンテープ「杏林」“という商品を販売しているために「杏林」という屋号をつけることができなかったということでした。

 

製造販売元は大石膏盛堂なのですが、「パテル=PASS(通り抜ける) + TELL(効き目がある)」という造語から命名されたパテルテープの名前を残すために屋号部分に「パテル」を残したということでした。

 

「屋号」は1社=1屋号なのかと私は思い込んでいたのですが、「屋号」に関するルールはないようですね。

 

個人的ですが、有名な後発医薬品に関しては「屋号」部分に商品名が残っていても面白いかもなぁと思ったりもします。実際、患者様へお薬の名称変更を説明するときに「パテル」という屋号が残っていると、患者様にとって受け入れやすいのではないかなぁと感じました。

モーラステープは何枚まで貼ることができるのか

ge-ketoprofen

ge-ketoprofen

最後に、少し話は変わりますが、製薬会社には同一有効成分の医薬品2銘柄を製造販売してはいけないというルールがあります。(親会社と子会社という関係であれば親会社で1銘柄、子会社で1銘柄、合計2銘柄を販売できます。)

例:エーザイがロヒプノールとサイレースを販売していたためサイレースに統一されました。

 

杏林製薬は“ケトプロフェン「杏林」”と“ケトプロフェン「パテル」“を販売していて問題ないのか確認したところ、ケトプロフェン「杏林」はキョーリンリメディオが製造販売となっており、ケトプロフェン「パテル」は大石膏盛堂が製造販売元となっており、異なる製薬会社が製造している商品を杏林製薬が販売しているだけなので(製造しているわけではないので)問題ないという回答を得ました。

モーラステープやロキソニンテープと貼るカイロの併用について

-ジェネリック医薬品(後発医薬品), 貼り薬
-PASS, TELL, ジェネリック医薬品, パテル, ルール, 屋号

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

BLONANSERIN-generic-LONASEN

ロナセン錠のジェネリック医薬品“ブロナンセリン錠”の薬物動態比較データ/ロナセンとハロペリドールの効果比較

ロナセン錠のジェネリック医薬品“ブロナンセリン錠”の薬物動態比較データ/ロナセンとハロペリドールの効果比較データ 2019年5月24日追記 2019年4月30日に、日本人の統合失調症患者さんを対象とし …

seikatu-hogo-iryouhi-generic

生活保護受給者の医療扶助の抑制策として後発医薬品の使用を閣議決定

生活保護受給者の医療扶助の抑制策として後発医薬品の使用を閣議決定   政府は2018年2月9日、生活保護法や生活困窮者自立支援法など改革法案を閣議決定しました。今国会に提出し、今年度内の成立 …

HYDROCHLOROTHIAZIDE

ヒドロクロロチアジドの累積服用量と基底細胞癌・扁平上皮癌の発症リスクについて

ヒドロクロロチアジドの累積服用量と基底細胞癌・扁平上皮癌の発症リスクについて   日本国内での使用量はそれほど多くありませんが、海外で利尿・降圧剤として頻用されているヒドロクロロチアジドにつ …

2018-6-generic-drugs

2018年6月発売予定のジェネリック医薬品/タミフルのジェネリック医薬品が承認

2018年6月発売予定のジェネリック医薬品/タミフルのジェネリック医薬品が承認 2018年6月発売予定となるジェネリック医薬品が承認されました。 初めて発売されるジェネリック医薬品は8成分であり、既存 …

mohrua-pap-xr1

モーラスパップXR120mg/240mgの皮膚刺激低減製品を開発(久光)

モーラスパップXR120mg/240mgの皮膚刺激低減製品を開発(久光) 久光製薬は2020年7月18日、モーラスパップXR120mg/240mgにおける貼付部位の皮膚刺激に関する副作用報告を考慮し、 …