おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

妊婦

緊急避妊薬(アフターピル)を20201年から薬局で購入可能に

投稿日:

緊急避妊薬(アフターピル)を20201年から薬局で購入可能に

2020年10月7日、政府は性交後72時間以内に服用すれば高確率で妊娠を避けられる緊急避妊薬(アフターピル)の販売を、医師の処方箋がなくても薬局で購入できるようにする方針を固めました。

(緊急避妊薬は性交後72時か以内の服用により高い確率で臨まない妊娠を防ぐことが可能です。より早いタイミングで服用したほうが効果高い)

背景として、性暴力・性犯罪など、望まない妊娠を防ぐことが目的です。

欧州やアジアなど世界86か国で医師の診察なしで購入することができ、日本は国際的な遅れが指摘されていました。

2020年10月8日に開かれた内閣府の「第5次男女共同参画基本計画の策定に当たっての基本的な考え方(案)」が提示され、緊急避妊薬に関する研修を受けた薬剤師が、対面で緊急避妊薬を服用させることを条件に処方箋なし購入できるよう検討する旨が記載されました。

京都大学SPH薬局情報グループから「薬局薬剤師向けの緊急避妊薬学習ツール」が公開されました。

薬局での緊急避妊薬販売研修動画・資料

-妊婦
-2021年, アフターピル, 薬局, 販売

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

spiramycin-pregnant-woman

抗トキソプラズマ原虫剤「スピラマイシン錠150万単位」の効果について

抗トキソプラズマ原虫剤「スピラマイシン錠150万単位」の効果について   胎児の先天性トキソプラズマ症の発症抑制を適応症として「スピラマイシン錠150万単位」がサノフィ株式会社から発売されま …

pregnant-influenza-vaccine

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる   インフルエンザワクチンの予防接種は6ヶ月以上の乳児から摂取可能です。逆に言いますと、生後6ヶ …

vpa-neurodevelopmental

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇 フランスで172万人規模の出生時を対象とした報告によると、母親が抗てんかん薬のデパケン(バルプロ酸)を服用した場合、暴露し …

妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えする

妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えする

妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えする   風邪による喉の痛み止めとしてイソジンガーグルやアズノールうがい液が処方されることがあります。この2剤は …

Breast-cancer-risk

出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなる

出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなる   出産経験および出産からの経過年数と乳がん発症リスクに関して、未出産女性と比較したデータが公開されました。   18826例 …

2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)