おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗生剤 整腸剤

CDI感染症に対する糞便移植の効果について

投稿日:

CDI感染症に対する糞便移植の効果について

クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI感染症)は入院中に抗菌薬などを使用することにより消化管内の細菌叢が攪乱され、発症する感染症と言われています。症状は下痢や腹痛が多いですが、発熱や白血球増加を伴うこともあります。

米国消化器病学会の報告によると、CDI感染症には糞便微生物叢の移植で施工1か月後の治療率90%に達し、安全性も良好であることが報告されました。

CDI感染症に対する糞便移植で9割が治療成功

2017年12月~2019年9月の期間で糞便移植を行った被験者222例のうち200例でCIDの治療が確認され、197例では1回の糞便移植のみで治癒に至っています。

さらに、治療が確認された被験者112例について、6か月後の経過観察でもCIDを再発していたのは4例だけでした。

糞便移植による副作用は下痢が5例(2%)、腹痛が4例(2%)。

6か月後の時点で、新規に過敏性腸症候群または炎症性腸疾患と診断された患者は2例(1%)でした。

 

糞便移植に関しては、糞便バンクドナーの便を使用して大腸内視鏡まてゃあ上部消化管内視鏡を用いて行われています。

整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着する?

-抗生剤, 整腸剤
-CDI感染症, FMT, 入院, 抗生剤, 糞便移植

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Dafclir-Tablets

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて   2018年5月23日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会において感染性腸炎治療薬「ダフクリア錠(フィダ …

doxycycline-vibramycin-acne

ビブラマイシン(ドキシサイクリン)がニキビ治療に対して適応外使用が認められる

ビブラマイシン(ドキシサイクリン)がニキビ治療に対して適応外使用が認められる   平成30年9月28日、ニキビ治療に対してビブラマイシン錠の適応外使用が認められることとなりました。 &nbs …

H2-blocker-comparison

胃薬H2ブロッカー/ガスター・ザンタック・アシノンの効き目を比較する

胃薬H2ブロッカー/ガスター・ザンタック・アシノンの効き目を比較する   胃酸の出すぎを穏やかにするH2ブロッカーには数種類ありますが、その効き目について報告しているデータをいくつか確認して …

metal-Chelate

ニューキノロン系抗生剤と併用できない金属カチオンの量

ニューキノロン系抗生剤と併用できない金属カチオンの量   ニューキノロン系の抗生剤はアルミニウムやマグネシウムとキレート(金属錯体)作成するため服用時間をずらす必要があります。   …

dital-convoluted-tubule-reabsorpt

腎臓の遠位尿細管における薬の“再吸収”について

腎臓の遠位尿細管における薬の“再吸収”について   薬は腎臓や肝臓を経由して体外へ排泄されます。   薬学部の国家試験問題には、腎臓経由で薬が排泄される際の排泄量(腎クリアランス) …