おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

下剤 整腸剤

整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着する?

投稿日:2020年2月6日 更新日:

整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着するのか

 

ビオフェルンやビオスリー、ミヤBMといった整腸剤を飲んでいる間は腸内に生息している善玉菌が優勢に生息して、悪玉菌の増殖を抑えることが報告されています。一定期間、整腸剤の服用を続けることで腸内細菌のバランスが正常化してお腹の具合が改善します。

 

整腸剤の服用を中止した後、整腸剤に含まれる乳酸菌やビフィズス菌や酪酸菌がその後も腸内に住み続けることができるか(定着できるか)どうかについて調べてみました。

結論

整腸剤の服用を中止した場合、整腸剤に含まれる善玉菌の定着は難しい

 

2週間、AH1206というビフィズス菌製剤を飲んでから4週間休薬したところ、30%の人で服用をやめてもAH1206ビフィズス菌が腸管内に6か月間定着した。

 

定着したビフィズス菌の量は非常に少量であり、既存の腸内細菌の比率に対して大きな影響をおよぼさない。

(服用したビフィズス菌が既存の腸内細菌叢のエサとなって、その構成比に影響をあたえるだけであって、AH1206ビフィズス菌自体が大量増殖することはない)

 

定着したビフィズス菌は服用中止日から徐々に減っていった(服用中止から200日の時点)

 

AH1206に似たビフィズス菌を腸内にもっている人ほどAH1206は定着しなかった。既存の細菌叢にAH1206に似たタイプがいない人では定着する率が高い結果となった。

 

マウスに整腸剤(乳酸菌およびビフィズス菌)を投与したところ、飲んでいる間は増加が確認されたが、服用を中止すると元に戻った

 

国内で承認されている整腸剤の中で「定着性にすぐれた」という記載があるのはビオフェルミン錠剤(ビフィズス菌)だけですが、ビオフェルミンを8週間連続服用しても腸内細菌叢のビフィズス菌の増加は確認されなかった

 

各種整腸剤の薬理作用を確認してみると、もともと腸内に生息している乳酸菌・ビフィズス菌の育成を促進する作用は記されています。服用中止後も整腸剤自体の善玉菌が腸内に定着するかどうかについてはしるされておりません。ビオフェルミン錠については「定着にすぐれた」という記載があるものの、具体的なデータは記されておりません。

注)2019年11月21~24日に行われた第27回日本消化器関連学会週間において以下の報告がなされました

慢性便秘症の被験者31例(平均年齢63.7歳、男性11名・女性20名)を対象として、ビオフェルミンを8週間連続服用した際の排便状況を検討したデータによると、連続服用にともない便形状・排便回数・いきみの程度・残便感などの排便症状が軽減していることが報告されました。特に既存で便が硬いタイプの患者さんほどビオフェルミンの服用で排便回数が増えたことが報告されました。

腸内細菌叢の解析結果によると、ビオフェルミン(ビフィズス菌属)の増加はみられないものの、サルシナ属というグラム陽性球菌は増加が確認され、バクテロイデス属という腸内細菌の低下が確認されました。つまり、ビオフェルミンを8週間飲み続けると、ビオフェルミンに含まれる菌(ビフィズス菌)は腸内で増えないものの、既存の腸内細菌叢のバランスにビオフェルミンが影響を与えた結果、排便状況が改善されたと私は解釈します。

整腸剤の効果・使用方法・違いについて(ビオフェルミン・乳酸菌・糖化菌・酪酸菌)

stable-bifidobacterium

stable-bifidobacterium

乳酸菌やビフィズス菌が腸内に定着するメカニズム

小腸や大腸はトンネルのような筒状構造をしておりますが、その内側の壁(内壁)はムチンと呼ばれる粘液でおおわれています。(ムチンは唾液の粘り気の成分です)

 

乳酸菌やビフィズス菌は腸内の内壁の粘液層(ムチン層)に生息しています。整腸剤を飲むと、乳酸菌やビフィズス菌が小腸や大腸の中を“ウォータースライダーに乗る”ようにして流れるわけですが、その多くは内壁にくっつくことができずに、下流まで流れて便として排泄されます。

乳酸菌やビフィズス菌の構造(体の形)を確認してみると、各菌の体の周りには“アドヘシン”と呼ばれる手が複数でております。このアドヘシンがムチン(粘液)とくっついた時、菌はその場に留まることができます。さらに「くっついた菌に、次の菌がくっついて、さらに次の菌がくっついて」といった感じで菌体同士の凝集が進み、コロニー(細菌叢)の形成が成立すすむと、菌は腸壁に定着することができます。

 

既に腸管内には多数の常在菌が生息しているわけですが、整腸剤を飲むことで新規の善玉菌が入り込んだ場合、常在菌の住みかに少量の新規菌が入り込むことになります。そのため新規の菌の定着は容易ではありません。

胃薬H2ブロッカー/ガスター・ザンタック・アシノンの効き目を比較する

ビフィズス菌服用後の定着に関する報告

23人の被験者を対象として2週間AH1206という名前のビフィズス菌を摂取し、服用中および服用中止後の糞便中に排泄されるAH1206の量を調べたデータが報告されています。

 

服用開始から14日までは23人すべての被験者の糞便中からAH1206が検出されていいますが、服用中止後4~28日以内に14人の被験者の糞便中からAH1206は検出されなくなりました。しかし、8人の被験者については、その後半年間にわたりAH1206が検出されつづけました。(日数の経過とともに、AH1206の検出量は低下していきました)

便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)治療薬「リンゼス錠0.25mg(リナクロチド)」とアミティーザの違いについて

被験者の腸内にAH1206と似た菌が、すでに生息している場合、AH1206は定着しにくくなることがデータで示されています。この研究では評価対象ではないものの、被験者の食生活がAH1206の定着に寄与していた可能性があると考察で述べられています。

 

AH1206が定着したことで、既存の常在菌の割合に影響はありませんでした。

 

AH1206服用中の糞便中の微生物の分類学的組成に変化は見られませんでした。またAH1206の定着(長期間のコロニー形成)についても糞便中の微生物の安定性に関連しておりませんでした。

 

興味深いデータとして、すでに腸内で生息していたビフィズス菌のうちAH1206と類似した菌の活動が活発になった点です。これはAH1206の新規参入により既存の菌の生息域が危ぶまれると判断してAH1206を排除したのかもしれません。

整腸剤の効果・使用方法・違いについて(ビオフェルミン・乳酸菌・糖化菌・酪酸菌)

定着した善玉菌を増やす方法

整腸剤を飲む前に腸内に生息している常在菌は、日常生活の食生活や胃酸・胆汁酸の分泌量、免疫状態、ストレスなど影響をうけて長い年月をかけて育まれています。この状況下で整腸剤の服用を開始した場合“既存の状況にビフィズス菌を追加した”だけです。環境要因に変化はありませんので、整腸剤に含まれるビフィズス菌が定着したとしても、今回のデータ結果にもありますように

 

定着したビフィズス菌の量は既存の腸内細菌の比率に対して大きな影響をおよぼさない

 

という結果となります。定着したビフィズス菌の占有面積を広げるためには、定着したビフィズス菌の餌となる食事や環境要因(免疫状況や腸内環境要因)も必要となります。腸内環境関連のホームページに多数記されていますが、ビフィズス菌の餌(大豆やゴボウなどのオリゴ糖を含む食品)を取り続けることがポイントとなります。つまりは食生活の改善という話になってしまう気がします。

まとめ

整腸剤を飲んでいる間は、善玉菌の優勢、悪玉菌の抑制が期待できます。

 

整腸剤の服用を中止すると、30%の方には整腸剤に含まれる菌が腸内に定着するかもしれません。

 

整腸剤の服用を中止したあと、腸内に定着した善玉菌は少しずつ減っていきます。

 

整腸剤による善玉菌の補充・定着は“きっかけ”に過ぎず、それ以降は日々の食生活の改善・日常生活の改善が腸内環境の変革に重要と考えます。

ビフィズス菌HA1206が腸内にどの程度定着するかについて

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて

 

-下剤, 整腸剤
-ビフィズス菌, ヨーグルト, 乳酸菌, 効果, 定着, 整腸剤, 続く, 腸内, 食べるのをやめる

執筆者:ojiyaku


  1. […] 整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着する? […]

  2. カネゴン より:

    アムウエイのニュートリプロバイオは、腸内に残るといっていますが?
    乳酸菌とビフィズス菌が腸内にとどまるといっております。
    真偽はいかがでしょうか?

    • ojiyaku より:

      ご質問ありがとうございます。
      乳酸菌とビフィズス菌が腸内にとどまるかどうかについて、真偽はわかりません。
      私の調べたところ、2週間服用を続けた方を対象としたデータで、30%の方の腸内にビフィズス菌が定着したという報告を確認しました。
      ここでポイントとなるのは30%の方に定着はするが、その割合は非常にわずかであり、既存の腸内細菌叢に影響がでるほど定着はしないであろうということです。
      市販されている乳酸菌・ビフィズス菌入りのサプリメントや医薬品として販売されている整腸剤、さらに乳酸菌入りの食品に関しても、おそらく同等のデータになるのではと推測します。

      以下に私の考察を記します。(真偽は不明です)

      例えば60歳の方の腸内を例として考えます。60歳の方は60年間毎日食事をします。その方の腸内細菌叢は60年間の食生活によって作られます。
      その方が58歳の時に乳酸菌・ビフィズス菌入りのサプリメントを毎日飲み始めたとします。おそらく1カ月ほど飲み続ければ、ほんのわずかだけ定着することが示唆されます。
      しかし、定着した割合は非常にわずかであり、既存の腸内細菌叢へ影響する量ではないでしょう。これ以降の臨床報告を確認していないので何とも言えませんが、既存の腸内細菌叢へ影響がでるほど、新規のビフィズス菌・腸内細菌が定着するためには、非常に長い年月を要するのではないかと私は推測します。

      以上が私の考察です。よろしくお願いいたします。
      おじさん薬剤師

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

anticiotics-Intestinal-flora-DAV132

抗生剤による腸内フローラ環境の変動を防ぐ活性炭吸着剤“DAV132”の臨床効果について

抗生剤による腸内フローラ環境の変動を防ぐ活性炭吸着剤“DAV132”の臨床効果について   抗生剤や抗菌剤は細菌感染の治療薬として使用されますが、腸管内に存在する善玉菌に対しても抗菌作用を示 …

High-blood-pressure-sanka-magunesiumu

高血圧症に対する酸化マグネシウムの効果について

目次 高血圧症に対する酸化マグネシウムの効果について結果まとめ 高血圧症に対する酸化マグネシウムの効果について   高血圧症に対するマグネシウムの効果に関しては「効果がない」と記している報告 …

magnesium-oxide-kani-kendaku

胃瘻・経管で投与される酸化マグネシウム製剤(粉・錠剤)の崩壊性について

目次 胃瘻・経管で投与される酸化マグネシウム製剤の崩壊性についてマグミット250mg/330mg/500mg酸化マグネシウム錠250mg/330mg/500mg「ケンエー」酸化マグネシウム錠「モチダ」 …

antibiotic-diarrhea

抗生剤服用後の軽度な下痢が起こるタイミングについて

目次 抗生剤服用後の軽度な下痢が起こるタイミングについて小児における抗生物質服用後の下痢対策として使用する整腸剤の効果について結論風邪で下痢になるかどうかについて抗生剤服用での下痢についてまとめ 抗生 …

Lactating-women- laxative

授乳婦が下剤(便秘薬)を服用した時の乳児への影響について

授乳婦が下剤(便秘薬)を服用した時の乳児への影響について   授乳中に飲んでも乳児へ影響しない下剤・影響が少ない下剤について患者様から質問を受けることがありましたので、各種下剤について母乳へ …

  google adsense




基礎的医薬品リスト2020年4月

2020年度薬価改定新旧比較データ

2020年6月発売GEリスト(エクセル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!