おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

妊婦 抗てんかん薬

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇

投稿日:

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇

フランスで172万人規模の出生時を対象とした報告によると、母親が抗てんかん薬のデパケン(バルプロ酸)を服用した場合、暴露した胎児の神経発達障害に影響を与えることが報告されました。

2011年1月~2014年12月までの間にフランス国内で生まれた児童172万1990人を対象として2016年12月まで追跡調査を行い、母親が抗てんかん薬を使用した場合に出生時への影響が調査されました。

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用した場合の、児の神経障害リスクについて

結果

母親がデパケン(バルプロ酸)を服用した場合、非使用群と比較すると、出生時の神経発達障害リスクは3.7倍

母親がデパケン(バルプロ酸)を服用した場合、精神疾患がない母親と比較すると、出生時の神経発達障害リスクは5.1倍

(知的障害リスク:5.1倍、心理的発達障害リスク:4.7倍、広汎性障害リスク:4.6倍)

妊娠初期にバルプロ酸を使用してもリスク関連はなく、妊娠13週目以降でバルプロ酸を使用することでリスク上昇が確認されています。

(リスクは用量依存)

vpa-neurodevelopmental

vpa-neurodevelopmental

バルプロ酸以外の抗てんかん薬による神経発達障害リスク

ラミクタール(ラモトリギン):1.6倍

テグレトール(カルバマゼピン):1.9倍

リリカ(プレガバリン):1.5倍

リボトリール(クロナゼパム):上昇なし

ガバペン(ガバペチン):上昇なし

イーケプラ(レベチラセタム):上昇なし

オクノベル(オクスカルバゼピン):上昇なし

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法

-妊婦, 抗てんかん薬
-デパケン, バルプロ酸, 妊娠中, 妊婦, 知的障害, 神経発達障害リスク

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

pregnant-influenza-vaccine

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる   インフルエンザワクチンの予防接種は6ヶ月以上の乳児から摂取可能です。逆に言いますと、生後6ヶ …

vpa1

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」が出荷調整

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」が出荷調整   バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」が出荷制限による流通規制がかかっており、安定供給の時期が未定となっております。(20 …

smoking-SUID

妊娠中の喫煙は予期せぬ乳幼児突然死と相関する

妊娠中の喫煙は予期せぬ乳幼児突然死と相関する tabako-ninpu 米国の研究チームは、妊娠中の喫煙が予期せぬ乳幼児突然死のリスクを2倍以上に増加させることを報告しました。   2007 …

buccoram

てんかん発作時の頓服薬「ブコラム口腔用液」が医薬品として承認

てんかん発作時の頓服薬「ブコラム口腔用液」が医薬品として承認 2020年11月11日 ブコラム口腔用液が医薬品として承認されました。 効能・効果:てんかん重積状態 薬価: 2.5mg0.5mL1筒 1 …

antihistamine-fever

抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について

抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について   5歳未満の小児2~5%で発症することがある熱性けいれんですが、抗ヒスタミン剤を使用するとその発作時間や発熱か …