おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

妊婦

分娩様式による産後の骨盤底障害について

投稿日:2019年1月5日 更新日:

分娩様式による産後の骨盤底障害について

 

分娩様式の違いによる産後のストレス性尿失禁(SUI)、過活動膀胱(OAB)、便失禁(AI)、骨盤臓器脱(POP)についての報告がありました。(米国)

 

初産から5~10年経過した女性を対象として9年間の追跡調査が行われ、分娩様式の違いによる産後の骨盤底障害について調査が行われました。

被験者:1528人(初産時の平均年齢30.6歳)

(帝王切開出産グループ:778人、自発分娩グループ:565人、手術経膣分娩(鉗子分娩等):185人)

妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えする

調査結果

 

追跡調査期間5.1年の間に以下の報告

ストレス性尿失禁(SUI):138例

過活動膀胱(OAB):117例

便失禁(AI):168例

骨盤臓器脱(POP):153例

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

初回分娩後から15年間の累積発生率

ストレス性尿失禁(SUI):34.3%

過活動膀胱(OAB):21.8%

便失禁(AI):30.6%

骨盤臓器脱(POP):30.0%

分娩様式の違いと産後骨盤底障害との関係について

pelvic

pelvic

自発分娩と帝王切開による骨盤底障害リスクの違い

自発分娩による骨盤底障害リスクを100とした時の帝王切開によるリスクを相対的なハザードリスクとして記します。

 

ストレス性尿失禁(SUI):46

過活動膀胱(OAB):51

便失禁(AI): 有意差なし

骨盤臓器脱(POP):28

 

自発分娩と手術経膣分娩(鉗子分娩等)による骨盤底障害リスクの違い

便失禁(AI): 有175

骨盤臓器脱(POP):188

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

まとめ

 

帝王切開を推奨するものではないが、自然分娩と比較して、帝王切開による出産は、産後の骨盤底障害リスクが軽減されることが示されました。手術経膣分娩(鉗子分娩等)による分娩は自然分娩と比較して、便失禁、骨盤臓器脱といったリスクが上昇することが報告されました。

 

 

-妊婦
-ストレス性尿失禁, 便失禁, 出産, 分娩様式の違い, 過活動膀胱, 骨盤底障害, 骨盤臓器脱

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

smoking-SUID

妊娠中の喫煙は予期せぬ乳幼児突然死と相関する

目次 妊娠中の喫煙は予期せぬ乳幼児突然死と相関する母親の喫煙と予期せぬ乳幼児突然死の関連 妊娠中の喫煙は予期せぬ乳幼児突然死と相関する tabako-ninpu 米国の研究チームは、妊娠中の喫煙が予期 …

妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えする

妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えする

目次 妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目を患者様へお伝えするアズノールうがい液とはアズノールうがい液の効き目 妊婦さんも使用できる喉の痛み止め“アズノールうがい液”の効き目 …

LITHIUM-CARBONATE-Pregnant-women

炭酸リチウムを妊婦に使用した症例について

炭酸リチウムを妊婦に使用した症例について   炭酸リチウムは躁病時の気分を安定させるために処方される薬です。しかし胎児における心臓奇形や催奇形作用(動物実験)が報告されているため妊婦には禁忌 …

Breast-cancer-risk

出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなる

目次 出産5年後、乳がん発症リスクが1.8倍でピークとなるエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんの発症リスクに関してエストロゲン受容体(ER)陰性乳がんの発症リスクに関して乳がん発症リスクまとめ 出産5 …

pregnant-influenza-vaccine

出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる

目次 出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる結果 出産前の妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、乳児のインフルエンザ感染リスクを低下させる & …