おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

痛み止め

高用量でカロナール錠を定期服用した場合の血圧上昇について(2022/2/13)

投稿日:

高用量でカロナール錠を定期服用した場合の血圧上昇について(2022/2/13)

カロナール錠(アセトアミノフェン)を定期服用し続けた場合の血圧への影響について記載された報告が2本ほどありましたので、以下に記します。

カロナール錠を痛み止めとして使用する場合、1回300~1000mgを4~6時間以上の間隔をあけて使用することが出来ます。1日最大量として4000mgを限度とされています。

報告1

103人の高血圧患者さんがカロナール(アセトアミノフェン)を1日4回1回1000mg(1日量4000mg)を2週間飲み続けた場合、血圧にどのような影響があるかを報告しています。対象として偽薬(プラセボ)を1日4回服用した103人の血圧データと比較します。

結果

アセトアミノフェンを飲んだ群

平均収縮期血圧:132.8±10.5→136.5±10.1mmHg

平均拡張期血圧:81.2±8.0→82.1±7.8mmHg

 

プラセボ群

平均収縮期血圧:133.9±10.3→132.5±9.9mmHg

平均拡張期血圧:81.7±7.9→80.9±7.8mmHg

 

結論としては、カロナール(アセトアミノフェン)を1日4g(1日4回、1回1g)を毎日定期服用すると、高血圧患者さんの収縮期血圧はプラセボと比較して5mmHgほど上昇することが報告された。これによる心血管リスクが症状することも示唆されるためアセトアミノフェンの高用量定期服用による安全性に疑問を呈する結果となった。

カロナール錠1日4g定期服用による血圧への影響について

報告2

冠動脈疾患を患っている33人の患者さんに対して、カロナール(アセトアミノフェン)を1日3回1回1000mg(1日量3000mg)またはプラセボ(偽薬)を2週間投与した期間における血圧変動を調査したデータです。

アセトアミノフェンを飲んだ群

平均収縮期血圧:122±12→125±12mmHg

平均拡張期血圧:73±7→75±8mmHg

カロナール(アセトアミノフェン)の定期服用と収縮期血圧のわずかな上昇(2~4mmHg)には、特に強いエビデンスがあり、用量依存性が認められる副作用であると筆者らは述べています。(有意差あり)

カロナール(アセトアミノフェン)の定期服用が用量依存的に血圧をわずかに上昇させる

カロナール500mg(アセトアミノフェン)の鎮痛作用について他剤との比較データ

整形の門前薬局で勤務することがあるのですが、数年前までであれば
ロキソニン60mg錠 3T/3×N
といった処方を良く目にしていました。しかし最近は頓服薬としてロキソニン60mgを目にすることはありますが、ロキソニン60mg錠に変わって
カロナール(アセトアミノフェン)500mg 3T/3×
という処方を良く目にするようになりました。

2014年12月にカロナール500mgが発売開始となってから1年ほどが経過しますが、整形外科周辺の薬局ではカロナール500mg錠を取り扱う頻度が増えているのではないでしょうか。

カロナール錠服用による鎮痛効果例

カロナール(アセトアミノフェン)は中枢性の解熱鎮痛作用です。解熱作用については体温調節中枢に作用して皮膚血管を拡張し、解熱を促す作用が考えられています。また鎮痛作用に関しては視床と大脳皮質に作用して痛覚閾値を上昇させ鎮痛作用を示すという示唆や、また脊髄にてN-アシルフェノールアミンを合成し強力な鎮痛作用を示すという報告はあるものの具体的な作用機序の解明には至っていません。末梢におけるプロスタグランジン合成阻害作用はNSAIDSに比べて極めて弱いため抗炎症作用はないものと考えられています。

アセトアミノフェンの小児用量検討

これらのことからカロナール(アセトアミノフェン)の中枢における解熱剤としての評価は、ある程度確率されているものと私は感じています。一方で末梢における抗炎症作用が期待できない状況下で腰痛や歯痛、関節痛などの疾患にカロナールを服用する際、どの程度の鎮痛作用を感じることができるのかを把握する必要があると感じました。そこでカロナールの用量とNSAIDSとの比較について調べてみました。

~歯科領域での鎮痛作用~

○抜歯後の疼痛
ロキソニン60mg錠による有効率88.2%
カロナール500mg錠による有効率:87%

○下顎埋伏智歯抜歯術後の疼痛
カロナール1回1000mgの鎮痛効果はロキソニン60mgに匹敵するかそれ以上の鎮痛効果あり。カロナール1回500mgでは臨床的欲求を満たすに足りる量ではあるが、ロキソニン60mgにはやや劣る。

○抜歯後疼痛および歯痛
カロナール1回400mgを服用すると87.5%で有効。4時間以上効果が続いた割合71%

~頭痛を有する気管支ぜんそく患者への鎮痛作用~
カロナール1回500mg 1日3回を上限とした頓服用法
著効:70%、有効5%、やや有効20%、無効5%

~腰痛症に対する鎮痛作用~

カロナール1日1800mg(900~2700mg)の服用で大幅に改善したという報告あり

~膝の変形性関節症に対する鎮痛作用~
カロナール1日4000mg
イブプロフェン鎮痛用量1日1200mg、抗炎症用量1日2400mg
との比較において改善効果に有意差なし。
カロナールはイブプロフェンと同程度の効果を有している。

~膝の変形性関節症に対する鎮痛作用~
カロナール1回650mg、1日2600mg
ナプロキセン1回375mg 1日750mg
との比較において鎮痛効果に有意差なし。
カロナールはナプロキセンと同程度の鎮痛効果を有している。

まとめ

鎮痛度合いによりカロナール錠の服用量を増減することによりロキソニンなどのNSAIDSと同程度の鎮痛作用を有していることを確認しました。鎮痛部位ごとのカロナール有効量をリストアップできれば、薬局でお薬をお渡しする際に有用かと感じました。

 

-痛み止め
-カロナール, ロキソニン, 報告例, 比較, 鎮痛作用

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Neurotropin-effect

ノイロトロピン錠の効果発現時間および副作用について

ノイロトロピン錠の効きめ及び副作用について   慢性疼痛や帯状疱疹後疼痛で治療されている患者さんへ処方される薬に「ノイロトロピン」があります。鎮痛剤と言えばNSAIDSやオピオイド系といった疼痛緩和治 …

セレコックスの効き目・副作用を他のNSAIDSと比較する

セレコックスの効き目・副作用を他のNSAIDSと比較する   「セレコックス錠はCOX-2を選択的に阻害するためにロキソニンやボルタレンなどの痛み止めと比較して胃腸障害が少なく薬です」。とい …

episodic-cluster-headache

群発頭痛に対する帯状疱疹ウイルスワクチンの効果について

群発頭痛に対する帯状疱疹ウイルスワクチンの効果について 脳外の門前にある調剤薬局で勤務していると「群発頭痛」という言葉を耳にすることがあります。群発頭痛とは、数週から数カ月の期間、群発的に出現する頭痛 …

acetaminophen-febrile-seizure

アンヒバ坐剤(アセトアミノフェン坐剤)が小児の熱性けいれんの再発を減少させる

アンヒバ坐剤(アセトアミノフェン坐剤)が小児の熱性けいれんの再発を減少させる   市立ひらかた病院からの報告によると、小児(6ヵ月~5歳)の熱性けいれん患者に対してアンヒバ坐剤(アセトアミノ …

zolmitriptan

片頭痛治療薬ゾルミトリプタン錠(ゾーミッグのジェネリック)についての比較データ

片頭痛治療薬ゾルミトリプタン錠(ゾーミッグのジェネリック)についての比較データ   片頭痛の治療薬として処方される“ゾーミッグ錠”のジェネリック医薬品について、先発医薬品との効き目(薬物動態 …

  google adsense




2022年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2022年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

ojisan-yakuzaishi

ojisan-yakuzaishi

薬剤師の育成について

 

ikusei

ikusei

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト