おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

透析

小児期の腎疾患が完治した30年後の腎疾患リスクについて

投稿日:2018年2月13日 更新日:

小児期の腎疾患が完治した30年後の腎疾患リスクについて

 

小児期に腎疾患(腎盂腎炎・糸球体疾患・先天性腎尿路異常)を患い、青年期に腎機能が正常に回復した患者さんの予後に関する30年間の追跡調査の結果が報告されました。

対象:1967年~1997年に、イスラエルにおける徴兵検査を受けた1521501人

フォローアップ期間:30年

評価項目:青年期以降で末期腎不全リスク

注意)青年期における腎機能および血圧は正常である(高血圧患者は含まれていない)

小児期の腎疾患が完治した後の末期腎不全リスク

結果

30年間のフォローアップ期間注意に2490人が末期腎不全を発症した。

末期腎不全を発症した2490人に関して、小児腎疾患に以下の疾患に罹患していると末期腎不全を発症するリスクが高いというデータが示されました。

 

末期腎不全発症リスク

先天性腎尿路異常:5.19倍

腎盂腎炎:4.03倍

糸球体疾患:3.85倍

 

さらに、小児期の腎疾患病歴は、40歳未満における末期腎不全発症リスクとも関連していました。(40歳未満での発症リスク:10.4倍)

筆者らは「小児期に患った腎疾患が、青年期で正常値へ回復したとしても、青年期以降の末期腎不全発症リスクが有意に増加している」とまとめています。

 

-透析
-小児期の腎疾患, 慢性腎臓病, 腎不全

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Lasix-effect

ラシックス錠の効果を具体的に患者様へお伝えする

ラシックス錠の効果を具体的に患者様へお伝えする   腎臓には1日150リットルの血液をろ過して老廃物をこしとるはたらきがあります。ろ過された液(原尿)のうち99%が血液として再利用されます( …

metglco-1

メトグルコにおける禁忌「腎機能障害」の見直しについて

目次 メトグルコにおける禁忌”腎機能障害”の見直しについてメトルグコとアルコールの多飲について メトグルコにおける禁忌”腎機能障害”の見直しについて 腎機能障害患者を対象とするメトグルコの使用制限が見 …

dital-convoluted-tubule-reabsorpt

腎臓の遠位尿細管における薬の“再吸収”について

目次 腎臓の遠位尿細管における薬の“再吸収”について血漿中遊離型分率糸球体ろ過速度分泌クリアランス再吸収 腎臓の遠位尿細管における薬の“再吸収”について   薬は腎臓や肝臓を経由して体外へ排 …

Bardoxolone-Methyl

糖尿病性腎臓病改善薬 “バルドキソロンメチル(RTA402)”が先駆け審査指定対象品目に

糖尿病性腎臓病改善薬 “バルドキソロンメチル(RTA402)”が先駆け審査指定対象品目に   2018年3月27日、厚生労働省は「先駆け審査指定制度対象6品目」を公開しました。この6品目は通 …

Entresto-LCZ696

ネプリアライシン阻害剤LCZ696(サクビトリルとバルサルタンの合剤)の腎機能保護作用/急性心不全への効果について

目次 ネプリアライシン阻害剤LCZ696(サクビトリルとバルサルタンの合剤)の腎機能保護作用/急性心不全への効果についてネプリライシン阻害薬による血中NT-proBNP低下作用ネプリライシン阻害薬によ …