おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

腎保護 高尿酸血症治療薬(痛風治療薬)

フェブリク錠の服用が虚血性腎障害に対して腎保護作用を有する報告

投稿日:2019年11月23日 更新日:

フェブリク錠の服用が虚血性腎障害に対して腎保護作用を有する報告

 

以下はマウスを用いた実験です.

febuxostat-aki

febuxostat-aki

慶應義塾大学による報告によると、マウスの腎動脈をクリッピングして腎血流を一時的(10分間)に遮断して、腎機能を低下させたマウスモデルに対して、フェブリク錠を投与したところ、ATP回復促進作用による腎障害抑制効果が見出されたことが報告されました。

 

一般的に、組織へ流れる血液量が足りなくなる“虚血状態”になると、組織のエネルギー源であるADPからATPへのリン酸化の低下が生じ、ミトコンドリア機能障害が起こります。ミトコンドリアは酸素を利用して電子伝達系・酸化的リン酸化といったATPエネルギーを合成する役割を担っていますので、血液の流れがとまって酸素の供給が途絶えると、ATPを合成することができなくなります。

 

ATPの合成がストップすると、ATP→ADP→AMP→アデノシンとIMP→イノシン→ヒポキサンチン→キサンチン→尿酸とどんどん分解が進んでしまいます。

 

ATPには細胞のエネルギー源となるだけなく血管拡張作用・血流改善作用がありますので、虚血状態となった細胞内にATPを留めておくだけでも細胞にとっての保護効果が期待されます。

 

腎虚血状態のマウスモデルにおいて、フェブリク錠を投与したマウスはATPから尿酸へ分解していく経路をフェブリク錠が阻害し、プリンサルベージ経路を介したATP回復促進作用によって腎保護(腎機能低下抑制作用)を示したことが報告されました。

フェブリク錠がザイロリック錠と比較して心血管リスクが高いことについて日本国内の解釈

上記はマウスによる実験データではあるものの、急性腎障害(一時的に腎機能が低下する状態)を繰り返すことが慢性腎臓病へ移行するリスクが高いことが報告されています。

 

筆者らは「急性腎障害マウスモデルがフェブリク錠服用によってATPを再合成し腎保護効果をもたらしたデータがヒトでも有用かどうか検証したい」と記しています。

 

フェブリク錠服用が急性腎障害に対して腎保護作用を有する

-腎保護, 高尿酸血症治療薬(痛風治療薬)
-ATP, フェブリク錠, 急性腎障害, 腎保護効果

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

uralyt-effect

ウラリット(クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム)が尿酸排泄を促進させる具体的効果について

ウラリット(クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム)が尿酸排泄を促進させる具体的効果について 患者さんにお薬をお渡しするときに、残薬(家に残っている薬)を確認するのですが、残薬となりうる薬には同じような …

gout-allopurinol-effect-pain

痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する

痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する 尿酸値の上昇は遺伝的要因が強く、食事の影響はごくわずか? 2018年10月30日追記 18歳以上、腎疾患 …

URECE

尿酸再吸収阻害薬「ユリス錠」について

尿酸再吸収阻害薬「ユリス錠」について 追記:2020年11月15日 ユリス錠は尿酸排泄・再吸収に関わるトランスポーターに作用することで、体内の尿酸値を下げる効果がある薬剤です。 私たちの体に備わってい …

gout-guidelines1

高尿酸血症・痛風ガイドライン改訂第3版のポイントは臓器保護・心血管保護での薬剤使用有無

高尿酸血症・痛風ガイドライン改訂第3版のポイントは臓器保護・心血管保護での薬剤使用有無   高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン改訂第3版が発行されました。 改訂第3版での主な変更点 &nbs …

linzess-chronic

7月27日リンゼス錠に慢性便秘症の効能追加/フェブリクに小児用量/トラディアンス承認可否が検討

7月27日リンゼス錠に慢性便秘症の効能追加/フェブリクに小児用量/トラディアンス承認可否が検討   厚生労働省は2018年7月27日の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において以下の品目の審 …